シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香り?ブレンドの相性は?

シナモンリーフはニッキの香りが特徴的なクスノキ科のハーブです。

 

イエンドネシアを原産国とし、18世紀にオランダ人がスリランカへ持ち込み、栽培を始めました。

 

そして、樹木は赤サビのような色で、厚い樹皮は内側に撒いた形が特徴的なハーブです。

 

主に、精油(エッセンシャルアロマオイル)として使用される部位は「樹皮、花蕾、葉」から採取されています。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

どんな香りなの?シナモンリーフ精油オイルの芳香について

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンドの相性

シナモンリーフの香りはあまり馴染みがない方が多いともいます。

 

一般的にシナモンリーフの香りは「お菓子やケーキ、ハーブティーなどで馴染みのある鋭さの効いたスパイシーな香り」と表現されます。

 

また、じゃ香のような甘さが際立つ独特の香りが楽しめる印象との口コミも多く寄せられています。

 

一般的には、アロマディフューザーを用いたアロマテラピーに利用されることが多い精油でもあり、サンダルウッドなどの精油とブレンドの相性が良いです。

 

 

まずは知っておこう!シナモンリーフ精油オイルの効能とは

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンドの相性

「心への効能」

「無気力な精神状態に」

シナモンリーフの精油(エッセンシャルアロマオイル)は「ダルさ、無気力」などの沈んだ精神を元気づけます。

その花の香りはスパイシーで甘いことから心と体を癒し、食欲を掻き立ててくれる効果もあります。

もともと、シナモンはとても古くから存在しています。

一般的にそのハーブはスパイスに利用され、寺院のお香や薬の材料などでも重宝されています。

他にも、四千年ほど前にはインド、中国、エジプトなどの国の貴重な貿易品だと言われます。

このことから、シナモンリーフの精油による薬効は古くから非常に信頼されています。

そして現在でも、精神サポートに利用されています。

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンドの相性

「体への効能」

「喉のイガイガや咳に」

喉のイガイガ、軽い咳などの風邪の初期症状を緩和する効能があります。

このことから、冬場など感染症予防対策として、人気を集めている精油のひとつでもあります。

ちなみに、エジプトの神話では、不死鳥は「ミルラ、ナルデ、シナモン」を集めた魔法の炎の中で1度死んで、再び蘇ったと言い伝えられます。

 

「生理痛の緩和に」

シナモンリーフの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーには「消化不良、生理痛」に対する緩和効果があります。

これが、口コミを中心に女性に人気の理由の一つでもあります。

また、旧約聖書の中ではシバの女王が、ソロモン王に合いの贈り物として送ったというエピソードも非常に有名です。

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンドの相性

「肌への効能」

「虫刺されに」

「蚊、ダニ、ノミ」など、虫刺されの症状を抑え、治癒力を向上してくれる効果があります。

シナモンリーフの精油として利用する際は、ラベンダーやユーカリなどとブレンドレシピに相性が良いとも言われています。

 

「防虫効果」

このシナモンリーフには防虫効果(虫除け対策)があることから、夏などに防虫目的としてアロマテラピーに利用されています。

近年では、お菓子のスパイスやハーブティーにも利用されます。

昔からとても馴染み深くスパイシーで、なつかしい香りを放つハーブとして重宝されています。

 

 

人気のある「シナモンリーフ精油オイル」とは

学名 Cinnamomum zeylanicum
科名 クスノキ科
原産国 インドネシア、東インド、マダガスカル
採取方法 葉(シナモンリーフ)の水蒸気蒸留法
香りタイプ スパイス系
香りの特徴  お菓子やケーキ、ハーブティーなどで馴染みのある鋭さの効いたスパイシーさと、じゃこうのような甘さが際立つ独特の香りが楽しめる印象です。
ノート ベースノート
作用まとめ 強心、駆虫、健胃、催淫、殺虫、止血、歯痛緩和、収斂(しゅうれん)、殺菌、通経、腐敗防止、麻酔
ブレンドにおすすめの精油 ベンゾイン、オレンジスイート、グレープフルーツ、ジンジャー、フランキセンス、ラベンダー、ローズマリー、サンダルウッド

 

レビューも!「シナモンリーフ精油オイル」の愛用者の口コミ

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンドの相性

東京都_30代_会社員_A・Tさん

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンド相性マッサージオイルに加えるとスパイシーな香りが秋冬にぴったりで気に入っています。

ウッド系やフラワー系にも意外によく合う香りです。

夜が長いこれからの季節はアロマランプでも楽しみたいです。

効果は「鼻水や鼻詰まり、喉のイガイガ」などの風邪の症状が、年間を通して6回くらいのペースで悩まされてしまいます。

でも、シナモンリーフの精油に出会えてからは、かなり症状が楽にいなりましたね。

東京都_50代_主婦_F・Sさん

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンド相性精神のバランスが崩れやすく、気分にムラがあります。

なにより、布団に入っても寝付けないことが多く、睡眠不足です。

家事だけでなく、パートもしているせいか、疲労が溜まりますし、生理症状が人よりも重たいです。

こんな毎日から脱却したいと友人のオススメもあってシナモンリーフの精油でアロマテラピーし始めました。

なんとなくですが、症状が良くなってきていますね。

イランイランやサンダルウッドど相性が良くブレンドにオススメですね(*^-^*)

 

 

どの組み合わせ?シナモンリーフ精油オイルのブレンドレシピ

シナモンリーフ精油オイルの効能!どんな香りとブレンド相性

シナモンリーフは比較的に、クセのある香りとして知られています。

 

一般的にシナモンリーフの香りは、同じスパイス系に属する精油(エッセンシャルアロマオイル)とブレンドしたほうが賢明でしょう。

 

特に、初心者の場合はサンダルウッドやイランイランなどの精油と組み合わせるのが一番、馴染みやすいでしょう。

 

ポイントしては、シナモンリーフをメインにして、ブレンドする精油はあくまでもアクセントとして考えましょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です