ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの相性は?

ジンジャー(生姜)は多年生のハーブで、地中に伸びる根茎から茸のような茎を出しています。

 

原産国は主に熱帯諸国で栽培いされますが、もっとも香りが良いのはジャマイカ産だと言われます。

 

また、英語のGINGERは「元気」を意味し、もとはラテン語であるzingiberからきたもので、インドの地名である「ジンギ」に由来します。

 

芳香はスパイシーな香りが特徴で、食用に加工されたエッセンスはお菓子や飲料の香り付けに使用されます。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

まずは知っておこう!「ジンジャー精油オイル」のアロマ効果とは

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果のブレンド相性

 「心への効能」

 「気持ちを盛り上げる」

落ち込んだ気持ちや冷めた気持ちを明るく盛り上げて元気にする効果があります。

そしてジンジャーの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーは気持ちを明るく快活にすることで有名です。

 

 「ストレスによる胃の不調に」

ジンジャーの精油オイルにはストレスを解消して、それによる「胃腸」などの消化器系の不調を改善する効果があります。

このことから胃腸の調子が悪い方には食前から食後にアロマテラピーすることがオススメされています。

また、ジンジャーの精油成分には吐き気(嘔吐)を抑える効果があるとして、口コミでも人気のアロマオイルです。

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果のブレンド相性

 「体への効能」

  「仕事や育児に追われてる人へ」精油成分には「鼻水を抑え、肩コリ、腰痛」も緩和してくれる効果があります。

これが普段から仕事や育児に生活を追われて疲れている人に人気を集めており、今では男女問わず人気のある精油です。

 

「二日酔いの緩和に」

ジンジャーの精油(エッセンシャルオイル)には「食欲低下、食欲不振」などに有効です。

また「飲みすぎた後の二日酔い」、「乗り物酔い」などの症状にも効果的です。

日常生活ではジンジャエールでおなじみの「和食、中華料理」や風邪の症状のときに飲む「しょうが湯、しょうが紅茶」などでおなじみの生姜から取れます。

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果のブレンド相性

 「肌への効能」

  「打撲や打ち身に」

治癒力を向上させ、特に「打ち身、打撲」のあとの治りを速くするだけでなく、体を温め発汗を促し作用もあります。

一般的に精油(エッセンシャルアロマオイル)としてアロマテラピーの使用がオススメされています。

 

 「冷え性による肌の血行不良に」

冷え性は肌の血行を悪くし、顔色を悪くするのはご存知でしょうか?

ジンジャー精油オイルを使用した芳香浴には多くの女性の悩みの原因である冷え性や胃の不調を改善するハーブです。

ちなみに、日本では生姜の名で浸透しており風邪やむくみ解消にも効果的です。

 

 

 

 

オススメされる人気「ジンジャー精油オイル」とは

学名 Zingiber officinale
科名  ショウガ科
原産国 アフリカ、西インド、ジャマイカ、中国
採取方法 ジンジャーの根の水蒸気蒸留法
香りタイプ スパイス系
香りの特徴 頭の中が爽やかになるような清潔感とスパイシーさが混ざり合っている印象の精油
ノート トップ~ミドルノート
作用まとめ 引赤、緩下、強壮、去痰、駆風、解毒、健胃、催淫、刺激、食用増進、制吐、鎮痛、発汗
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、シナモンリーフ、スペアミント、ゼラニウム、ユーカリ、ライム、レモン、ローズマリー

 

レビューも!「ジンジャー精油オイル」を愛用している人の口コミ

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果のブレンド相性

東京都_30代_会社員_K・Aさん

なかなかダイエットがうまくいかず、体重は増えるばかりです。

あと、新陳代謝が悪いので太りやすい体質です。

なので、アロマテラピーとマッサージ用に使っています。

オーガニックの方が中国製品じゃないのでこちらにしましたが、シアバターに混ぜて使いたいですね。

代謝が悪かったのですが、少しずつ良くなってきましたよ。

 

東京都_30代_主婦_T・Fさん

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果のブレンド相性なんとなくですが、毎日、気分が沈みがちになってしまいますし、育児の疲れで、いつも肩が凝っていました。

そこで、ジンジャーのエッセンシャルオイルは私の救世主ですね。

アロマテラピーに利用すると良いですよ。

手足が浮腫み(むくみ)やすく、特に朝になると顔がパンパンになってしまうことが多くあります。

そんな症状が改善してくれるので、けっこう気に入っています(^_-)-☆

またジンジャーのエッセンシャルオイルをお風呂に入れて、温まります。

これもオススメですね。

 

 

どんな組み合わせがいい?ジンジャー精油オイルのブレンドの相性

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果のブレンド相性

一般的にジンジャー精油オイルのオススメの組み合わせとして、柑橘系のアロマオイルとブレンドすると良いでしょう。

 

中でも「オレンジスイートやレモン、グレープフルーツ」などの精油オイルとの相性が人気を集めており、初心者にはオススメされています。

 

ブレンドとしてマンダリンの精油オイルと組み合わせすることで、ストレス解消などに相乗効果が期待できます。

 

自分の好みの精油を見つけて、色々なジンジャー精油(エッセンシャルアロマオイル)の香りを楽しみましょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です