シトロネラ精油オイルの効能!禁忌は?アロマ効果は?蚊の対策に?

インドを原産とするシトロネラはイネ科の多年草です。

 

自生環境は、高温多湿な地域に生息する丈夫な草で、細く長い葉が特徴のハーブと言われています。

 

古来より虫よけとして、利用され続けているレモングラスの近種ハーブです。

 

現在では、シトロネラの精油「エッセンシャルアロマオイル」はアロマテラピーとしてだけでなく、虫除けスプレーにも利用されています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

まず知っておこう!「シトロネラ精油オイル」のアロマ効果について

「心への効能」

「ネガティブな感情に」

落ち込んだ気持ちを前向きにし、ネガティブ思考や憂鬱を和らげることから日常的に利用することが推奨されています。

シトロネラは稲(イネ)に似たハーブから採取できるレモンのような爽やかな香りが特徴の精油で和名では「コウスイガヤ」とも呼ばれます。

もともと原産国はスリランカで、1980年に品質がより優れている良質なシトロネラが「ジャワ」で誕生しました。

 

「不安や心配ごとによる不眠に」

シトロネラの精油(エッセンシャルアロマオイル)には「不安、緊張、心配」の高ぶった神経を鎮める作用もあります。

不眠症のお悩みにはオススメされており、日ごろから寝つきの悪いかたに人気を集めています。

「体への効能」

「頭痛や偏頭痛などに」

「頭痛、偏頭痛」などの痛みを和らげてくれる鎮痛効果があり、多くの症状に役立ちます。

一般的にシトロネラの精油オイルはアロマテラピーとして利用されており、ストレスによる偏頭痛にも効果的です。

このことから、慢性的な頭痛の症状全般に役立つと言われています。

 

「肩こり、腰痛の緩和に」

シトロネラの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、鎮静作用があります。

この作用には、頭痛だけでなく「肩こりや腰痛」などの痛みも緩和する効果があり、仕事や家事で疲れた体を癒します。

 

「気になる体臭の緩和に」

肌に弾力を与えるだけでなく、肌の匂いを解消して体臭などにも効果的と言われています。

なので「体臭」にお悩みの方は、シトロネラのアロマオイルを利用すると良いでしょう。

現在では、シトロネラの精油(エッセンシャルアロマオイル)は虫除けスプレーとして利用されています。

他にも「香水・石鹸、スキンローション、洗剤、つや出し剤、デオドランド化粧品」などの成分にその名をみることができます。

このことからアウトドア用の防虫キャンドルに使用されています。

 

人気のあるシトロネラの精油オイルについて

学名 Cybopogon nardus
科名 イネ科
原産国 セイロン、中国、マダガスカル
採取方法 全草の水蒸気蒸留法
香りタイプ 柑橘系
香りの特徴 レモングラスの近種であることから、フレッシュで爽やかなレモンのような香りを楽しめますが、それだけでなく、軽い甘さを楽しむことができます。
ノート トップノート
作用まとめ 強壮、抗うつ、殺虫、刺激、殺菌、消臭
ブレンドにおすすめの精油 イランイラン、サイプレス、ティートリー、ネロリ、ペパーミント、ベルガモット、ユーカリ、ラベンダー

 

レビューも!人気のあるシトロネラ精油オイルを愛用する人の口コミ

東京都_10代_学生_A・Hさん

精油は強い香りなので虫よけだと認識してくださいが、首から吊るすロケットに入れてるだけでは足元や後方が守れないから・・・

シトロネラを浸透させたカット綿を腰にぶら下げたり、足首や手首に塗布したりたりして庭園仕事をしました。

あれもこれもテストましたが、シトロネラは大きかったと思います。

偏頭痛もちなので、最近は仕事がご多忙のせいか、よく頭痛に苦悩させられています。

そんなときにアロマテラピーとして活用することになれば効果がありますね。

香りはレモンハーブのような印象かな(^^♪

万人受けすると思います。

 

東京都_20代_会社員_O・Kさん

爽やかなとても良い香りです。

アロマテラピーすると、幼い頃に夏の野山で嗅いだ事のあるような~懐かしい気持ちになりました。

生理中は気分にムラがあり、いつもむしゃくしゃしてしまいます。

友達と喧嘩してしまうことも!!!

そういったときはアロマテラピーして遊びに出掛けることに限りますね(*^-^*)

乾燥肌なので、けっこう肌が潤いがなくなる乾燥肌にも悩まされますし、そのせいか?シワが拡大してきました。

そんなときは、こちらを浴場の浴槽に数滴たらしてアロマバスしてます。

若返り効果があるようですよ!

 

 

 

シトロネラ精油オイルの禁忌はある?蚊の対策にもなるって本当?

実は、古来より精油成分は虫除けとして利用され続けています。

 

また、シトロネラの精油(エッセンシャルアロマオイル)には防虫効果があることから蝋燭(ろうそく)に練り込まれるほど、多種多様に利用されています。

 

他にも、草葉は蚊帳(かや)にも編み込むことで、より強力な虫除け対策も利用されています。

 

しかし、シトロネラの精油には禁忌も!

 

シトロネラの精油は薬効が強いため、基本的に肌への直接的な使用は量を考えて控えるようにしましょう。

 

仮に利用するのであれば、必ずパッチテストを行い、少しでも異常を感じるようであれば使用を控えるようにしましょう。

 

なので、一般的にシトロネラの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、アロマテラピーとして利用しましょう。

 

また近年では、精油をお風呂の浴槽に垂らした「アロマバス」も人気を集めていますが、少しでも違和感を覚えるようであれば、使用を控えましょう。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です