タンジェリン精油オイルの効能!アロマ効果は?オレンジと違うの?

タンジェリンは、植物学的にはマンダリンと同じ種類に属しています。

 

しかし、果実の収穫時期はマンダリンよりタンジェリンが3カ月ほど早く、果皮の色味もマンダリンが黄色、タンジェリンが濃いオレンジ色といくつのも違いがあります。

 

芳香も非常に似ていますが、タンジェリンの方がマンダリンよりも若干弱めで微妙なニュアンスを持つ香りです。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

 

もっと知ろう!「タンジェリン精油オイル」のアロマ効果について

「心への効能」

「安眠効果」

安らかな眠りを促してストレスをやわらげ、緊張をほぐしてくれることから「不眠症、ムカつき、心配性」などの症状に効果的です。

ちなみに、タンジェリンはミカン科に属し、中国を原産とする柑橘系の果実で精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)は果実の圧搾法で抽出します。

元々は、タンジェリンの皮の精油は中国からヨーロッパを経て、アメリカへの導入されたことがきっかけと言われています。

 

「気持ちを明るく元気にする」

マンダリン同様、元気を与え、明るくやっていただける作用が存在します。

甘い柑橘系の香りは、不安などの悲観的な気持ちを消し去り、どこ吹く風の思考のトリガーになります。

ネガティブな思考から自由になれることは深いリラックスヒーリングにもダイレクトに影響します。

気が楽になってゆっくりできる安眠役目も果たします。

「体への効能」

「便秘や下痢などの腸内環境悪化に」

タンジェリンの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用した自然療法には便秘や下痢の症状を緩和する効能があります。

このことから、お腹の調子が悪い女性を中心に口コミで人気を集めています。

もともと、軽さのある甘い香りが心地よい、マンダリンの仲間として知られているハーブで、ビタミンCの含有量が非常に多く含有しています。

 

「胃腸によるトラブル症状を緩和」

とてもダメージを与えない精油なので、子供や妊婦さんにも使用することができます。

胃腸を活性化させるため、食欲がないときや、消化が思い通りにならない時にももってこいです。

その効能はスイートオレンジの精油(エッセンシャルアロマオイル)ともよく似ているとも言われています。

「肌への効能」

「妊娠線を薄くするのに効果的」

タンジェリンの精油成分を利用した化粧水やボディミストには皮下脂肪をもやし、痩身(そうしん)役立ちます。

ほかにも妊娠線を目立たなくさせてくれる効能があります。

妊婦さんには妊娠線予防の不満を解消すべく、マッサージオイルとして活かされます。

そして、妊娠線(妊娠中の急激な体重の変化や妊娠して腹部が膨らむことによる伸展線)や脂肪の解消に効果があります。

これが妊婦にも人気の精油です。

一方でタンジェリンの精油(エッセンシャルアロマオイル)は光毒性があるため、使用後は極力ですが直射日光に当たるのは避けましょう。

 

 

人気にある「タジェット精油オイル」とは

学名 Citrus reticulate Blanco
科名 ミカン科
原産国 アメリカ、イタリア(シチリア島)
採取方法 果皮の圧搾法
香りタイプ 柑橘系
香りの特徴 ミカンのような甘く清々しく、頭をリフレッシュしてくれるような香り(芳香)
ノート トップノート
作用まとめ 強壮、健胃、細胞成長促進、殺菌、鎮静、皮膚軟化
ブレンドにおすすめの精油 カモミール、クラリセージ、ゼラニウム、ローズ、ベルガモット、ラベンダー、レモン

 

レビューも!「タジェット精油オイル」を愛用している人の口コミ

福岡県_30代_会社員_Y・Kさん

アロマテラピーは昔趣味の一種としてハマってました(^^♪

柑橘系の香りがちょうどいい感じで、果実に囲まれているようですね。

タジェット畑とでも言うのでしょか( ^)o(^ )

当時は色々買いあさり、精油で色々と作成したりもしていた事があるんですが、もうずっとやっておりませんでした

楽天で100%ピュアものをネットサーフィンしていた所、こちらのショップの精油がとてもお安かった事で、知らず知らずに衝動買受(笑)

お腹の調子が悪く、便秘や下痢を繰り返してしまいますし、なんとなくですが腹痛を感じることも多いです。

そんなときはこちらの精油でアロマテラピーするのに限りますよ(*^▽^*)

千葉県_30代_主婦_H・Aさん

うーん、やっぱりシステマティックな精油はいいですね~♪

グレープフルーツとオレンジを足して2で割ったような「甘み」と「酸味」かな?( ^)o(^ )

お掃除の時、ストレス解消の時、その日の気分で、次から次へと炊きまくってます☆

やはりエッセンシャルオイルの生活は、快適だし、幸せな気分になります(笑)

お蔭でアロマ・マイブームが再び巡って来てきて、現在、また色々作成したりしようかなぁと悩み中です(笑)

私は、不眠症に悩まされており、ベッドに入ってもほとんど眠れず、昼間に睡魔が来てしまいます。

そんなときは効果を実感しやすく、フワフワしながら質の良い睡眠に導かれていくようです。

あと接客業をしているのですが、忙しいので寝る暇もなく、毎日ストレスに悩まされています。

なので、いまでは手放せない一品でもありますね。

 

 

そもそも「タンジェリン」と「オレンジ」の違いってなに?

「タンジェリン」

タンジェリンはポンカンやデコポンと同様の仲間に該当します。

 

赤みを帯びた濃いオレンジ色が特有性で、この皮の色が薄く黄色のように見える種類はマンダリンと称されている種類として扱われます。

 

皮は温州みかんより頑丈で、オレンジの様ではあるのですが、オレンジと比べ皮は非常に剥きやすいです。

 

味もオレンジと説明するよりはみかんの味が強く、甘み酸味双方ともに濃くジューシーだと言えます。

 

はたまた、オレンジとは近縁で、異なっている部類ですが、日本ではマンダリンオレンジとみかんは同等ものという理解ではないかと考えます。

 

皮が薄く手で手間を掛けることなくむくことができ、お菓子などに採用されるよりそのまま食べられることがほとんどです。

 

 

「オレンジ」

日常よく食べることができる一般的なオレンジは、バレンシアオレンジと呼称されるものです。

 

インドという理由で地中海を経て、19世紀ごろアメリカに渡ったのち、明治時代には日本国内にも輸入されるようになったというわけです。

 

近種である「タンジェリン」よりもオレンジの方が皮が厚く、手を動かして皮をむくのは労力が要ります。

 

味が濃厚でかぐわしさ高く、ジュースはもちろん、ママレードやオレンジソースなどにも活用されると考えます。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です