プチグレン精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの相性は?

プチグレインはオレンジの木から取れる3種類の精油「エッセンシャルアロマオイル」のひとつで、アロマオイル利用者に人気のある香りでもあります。

 

ちなみに、プチグレインはパラグアイを原産とし、レモンやマンダリンなどの葉や枝からも抽出されます。

 

また、精油(エッセンシャルアロマオイル)にはデオドランド効果が高く、リラクゼーションに最適なハーブです。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

もっと知ろう!「プチグレン精油オイル」のアロマ効果について

「心への効能」

「怒りやストレスを和らげる」

プチグレインの精油を利用したアロマテラピーには怒りやパニックを鎮め、気持ちをやわらげるほか、ストレスを解消します。

また、デオドランド効果があり、気持ちをリフレッシュ(気分転換)させる神経系の鎮静剤としても知られ、心身のリラクゼーションが期待できます。

 

「不眠症対策に効果的」

プチグレンのアロマオイルには不眠症や時差ぼけにも効果があると言われ、また病気に対する体全体の抵抗力を強める働きを促します。

これが多くの人からプチグレンの精油オイルがアロマテラピーとして利用されている理由の一つでもあります。

「体への効能」

「疲れ切った体に」

プチグレンの精油成分には筋肉の痙攣(けいれん)を和らげる効果があります。

日ごろから「立ち仕事、力仕事」などで疲労が蓄積した体にも効果的で、疲労回復効果も期待できます。

 

「食事の消化を促す」

食事の消化も促す効能がある精油(エッセンシャルオイル)でもあり、食前にアロマテラピーとして利用する愛用者も多くいます。

これが食事制限や便秘にお悩みの女性にもオススメされています。

元々、オレンジの葉と枝から抽出される精油で、プチグレインとは「小さな粒」を意味しています。

かつてこの精油・アロマオイルがオレンジの葉からというよりも未熟な粒のような果実から抽出されたことが由来します。

しかし、光毒性があるので、使用後は2時間~3時間は極力でいいですが、直射日光を避けるようにするなどの注意が必要なアロマオイルでもあります。

「肌への効能」

「吹き出物やニキビ対策に」

脂性肌向きで、ニキビや吹き出物の治りを促して肌の臭いを抑えてくれる効果があります。

このことから、化粧水やボディミスト、アロママッサージにも利用されており、プチグレインの精油は17世紀から人気を集めました。

 

「ストレス症状による肌荒れに」

これは間接的ですが、プチグレインの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、「怒りやパニック」などの高ぶった気持ちを鎮め、ストレスを解消します。

これがストレスによるホルモンバランス乱れが原因と言われる、すべての肌トラブルを根本的な改善につながります。

スイートオレンジではなく、ネロリを抽出するビターオレンジ系からで、ネロリよりも安価で作用が穏やかです。

現在では、プチグレインは製薬業界や香水業界などで、広く使われています。

 

人気のある「プチグレンの精油オイル」とは

学名 Citrus auranium
科名 ミカン科
原産国 パラグアイ、イタリア、スペイン
採取方法 葉と枝の水蒸気蒸留法
香りタイプ 柑橘系
香りの特徴 ハーブの香りを漂わせたフレッシュな柑橘系の香りです。
ノート トップノート
作用まとめ 鎮静、消化促進、健胃、消臭、抗炎症、血圧降下
ブレンドにおすすめの精油 ベルガモット、カモミール、サイプレス、ラベンダー、ローズウッド、ローズ、サンダルウッド、ローズマリー、ゼラニウム

 

レビューも!「プチグレンの精油オイル」を愛用している人の口コミ

 神奈川県_30代_会社員_O・Sさん

ハーブの香りががっしりした印象ですが他の精油と合わせやすく組み合わされるといいにおいがします。

裏でいいナチュラルプロセスをしていると実感しています。

柑橘系であったとしても露骨に柑橘系な香りとは違うのです点がからきし柑橘系の香りが好みではない家族にも好評でした。

いつの間にか心が落ち着くので出番が通例です。

寝つきが悪く不眠症気味なので、布団に入っても全く寝付けずに朝を迎えるなんてこともありましたね。

おかげさまで、今では快眠でここ一週間は睡眠時間が7時間~8時間取れています。

 千葉県_20代_会社員_K・Hさん

香りですが、ガッツリ柑橘系のフルーティーさではなく、ハーブの主張も強い印象です。

フルーティーな香りがする爽やかなハーブといったところでしょう( ^)o(^ )

家事だけでなく、パートで立ち仕事をしているので、仕事が終わると足がパンパンに浮腫んでしまいます。

そんなときは、アロマテラピーしながら寝ると翌朝にはスッキリ!

あと、生理中は、肌が荒れやすく、毎回のように頬と顎にできるニキビに悩まされていますが、プチグレンに出会ってからは良くなりました(*’▽’)

特に生理中のイライラには効果あり!って感じですよ。

肌もきれいになってきたかな(^^♪

 

 

プチグレンの精油(エッセンシャルアロマオイル)のブレンドレシピ

一般的にプチグレンの精油オイルの香りは「ハーブの香りを漂わせたフレッシュな柑橘系の香り」と表現されます。

 

それに相性の良い精油として、ベルガモットなどの柑橘系~ローズマリーなどのハーブ系とのブレンドが人気です。

 

中でもローズマリーとブレンドすることで、脳を覚醒する作用があることから、集中力アップにつながり「認知症」の予防にもつながります。

 

そして、ベルガモットとブレンドすることで、ストレス解消に相乗効果が期待できます。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です