柚子(ゆず)精油オイルの効能!アロマ効果は?光毒性はある?

ユズ(柚子)は料理の香りづけなどに使用されております。

 

一般的に食用として利用させるよりも、調味料やジャム、お茶などに使われることが非常に多いです。

 

そして、私たち日本人にとって昔からなじみの深い柑橘系の香りです。

 

ちなみに、日本では、お風呂やコショウなどでおなじみのフレッシュな香り(精油成分)が心のバランスを整えるハーブです。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

もっと知ろう!「柚子(ゆず)精油アロマオイル」の効能について

「心への効能」

「イライラを解消する」

柚子の精油(エッセンシャルアロマオイル)には気持ちを前向きにし、イライラを落ちつかせる効果があります。

このイライラしたときは気持ちを鎮めることから、アロマテラピーが口コミで人気の理由のひとつです。

 

「集中力向上」

意識をクリアにして、集中力や記憶力を高める作用もあることから仕事中や勉強中などにもオススメされています。

一般的に原産国は中国ですが、日本には古くから風邪をひかないように冬至の日に柚子湯に入る習慣もあります。

 

「リラックス効果」

ユズ(柚子)の爽やかで穏やかな香りは、心身ともにリラックスさせ、落ち込んだストレスを感じたときは気分を高揚させます。

このことから、ストレスによる不眠症だけでなく、生理中の気分のムラなどにも役立つとして多くの女性に支持されています。

「体への効能」

「冷え性の改善」

血行を促進し、冷え性を改善する効果があることから女性を中心に人気を集めている精油でもあります。

この習慣はユズ(柚子)の精油を利用したアロマテラピーには血行を促進します。

これが新陳代謝を活発にする効果があり、体を温める効能があることから来ています。

 

「ダイエットサポートにも」

上記で少し解説しましたが、柚子の精油(エッセンシャルアロマオイル)には新陳代謝を向上せる効果があります。

そして新陳代謝も活発にすることで、疲労を回復やダイエットサポートにも効果が期待できます。

これはユズ(柚子)の精油・アロマオイルを使用した、アロマテラピー(芳香浴)にも同じような効果が得られます。

「肌への効能」

「肌をみずみずしく」

ユズの精油成分には保湿作用があることはご存知でしょうか?

これが肌をみずみずしく保つだけでなく、ユズ(柚子)の香りには疲労回復やビタミンCによるスキンケア効果もあります。

その実績から近年では「柚子(ゆず)化粧水」としても販売されています。

しかし、この精油には光毒性があるため、使用直後は極力直射日光を避けましょう。

また柚子の精油(エッセンシャルアロマオイル)には少し刺激があるため、使用量にも注意しましょう。

ちなみに、部屋の空気清浄にぴったりで、近年ではイギリスで紹介されるなど、注目を集めています。

 

 

人気のある「柚子(ゆず)精油オイル」とは

学名 Citrus junos
科名 ミカン科
原産国 中国、日本
採取方法 果皮の圧搾法
香りタイプ 柑橘系
香りの特徴 料理づけなどに使われるように、爽やかで懐かしい香り
ノート トップノート
作用まとめ 強壮、刺激、抗感染、利尿、駆風、殺菌、鎮静
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、ゼラニウム、シトロネラ、シダーウッド、パルマローザ、ベルガモット、レモン、ローズ

 

レビューも!「柚子(ゆず)精油オイル」を愛用する方の口コミ

東京都_30代_会社員_O・Aさん

乾燥肌なので、冬になると粉を吹いてしまいますし、肌が荒れやすくなります。

気が付いたらニキビが10個も!

代謝が悪く、なかなかダイエットが上手くいかず・・・・

そこで友人に柚子の精油をオススメされたのがきっかけですが、個人的には好印象ですね。

香りも甘酸っぱさのなかにビターな感じがあって、他の精油ショップよりも深みがあるようにも感じます。

果汁100%のような香りがして癒されますし、イライラすることも減ってきたかな(^_-)-☆

東京都_20代_主婦_K・Tさん

香りに関しては、どことなく柑橘系の香りのなかに大人っぽさがあって、高級感があるようにも感じます。

けっこうブレンドにも愛用が良く、やはり精油もショップによって香りが違うんだなーーっと思わせる一品です。

個人的には大当たりですね。

気持ちが落ち着かぜ、いつもイライラしてしますし、なによりストレスのせいで胃も痛くなりました。

そんなときはこれでアロマテラピーしたら即解決です。(^_-)-☆

これからもお世話になると思いますね。

 

 

「柚子(ゆず)」のアロマ精油には光毒性があって危険なの!?

結論から言うと、基本的にアロマテラピーとして使用するのであれば比較的に安全です。

 

しかし、肌に直接的に使用する際は、光毒性には十分に注意が必要です。

 

実は柚子の精油成分には光毒性を誘発する成分が含まれており、使用直後に太陽から出る直射日光をあぶると痒みや炎症を引き起こす可能性があります。

 

使用した後は、2時間から3時間程度は直射日光を避けるようにするのが賢明でしょう。

 

またすこしでも皮膚(肌)に違和感を感じるようでしたら「使用量を控える」もしくは「使用自体よ中止」した方が良いでしょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です