レモン精油オイルの効能!アロマ効果は?美白には?使い方は?

レモン(檸檬)とはインドを原産とする常緑低木のハーブで、果実は一般的に食用、香り付けに利用されています。

 

ちなみに、香りが似ていることから「レモングラスやレモンマートル」と誤解されますが、これらとは全くの別種です。

 

近年では、レモンの風味を利用した加工品や観賞用として鉢植えなどにも適しています。

 

「中世の聖地回復の戦い」では、十字軍がヨーロッパに持ち帰った宝物の中に、レモンも入っていたと言われています。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

もっと知ろう!「レモン精油オイル」の効能(アロマ効果)について

「心への効能」

「気持ちを冷静にする」

レモンの精油(エッセンシャルアロマオイル)には頭をすっきりさせ、気分をリフレッシュします。

さらに心の動揺を鎮め、気持ちを冷静することから「心配や不安」などの不安定な精神状態を改善してくれます。

 

「頭をスッキリさせたい方に」

爽やかな香りが特徴の精油成分には、頭をスッキリさせ、気持ちをリフレッシュしたいときにも最適です。

他にも、レモンの芳香成分には防虫効果(ゴキブリオや蚊など)があることから、アロマテラピーとして室内で利用すれば、ゴキブリ対策にも有効です。

 

「勉強や仕事に集中できないとき」

勤務や学業の合間でストレス発散を兼ねて、レモンの精油を用いて芳香浴をするとオススメです。

ハンカチにレモンの精油を数滴滴下して香りを嗅いだり、お湯をいれたりしたマグカップに精油を垂らして深呼吸行ってみることも働きを示してくれます。

「体への効能」

「風邪やインフルエンザに」

レモン(檸檬)の精油を利用したアロマテラピーには免疫力を高め、感染症を予防することから風邪やインフルエンザなどの症状にも有効です。

さらに、体内だけでなく、水虫(みずむし)などの皮膚の感染症にも役立ちます。

 

「冷え性や浮腫みに」

「冷え性、むくみ」の改善にも効果的ともいわれているほどの効能をもちます。

精油は体の感染症から守る白血球を刺激する効果もあるため、近年では「傷口を治療、感染症予防」にも利用されています。

ちなみに、果実にはビタミンCを多く含むことから多方面に利用されます。

以前は内分泌線の強壮剤とも考えられたそうで、賛成の中和をする働きが胃酸過多など、体が酸性に傾いたときにも役立ちます。

 

「胃もたれ防止に」

レモンには消化促進作用や、弱っている胃腸のぜん動運動を正常化する作用もあるので、胃もたれを感じたときに効果を見せてくれます。

また、消毒殺菌作用にも優れているので、芳香を空間に漂わせることで、風邪症候群やインフルエンザなどの感染症の予防にもなってくるのです。

「肌への効能」

「肌をワントーン明るく」

レモンの精油成分を利用した芳香浴(自然療法)には血行をよくし、肌の明るさを取り戻す効能が期待できます。

また、この血行をよくする作用は、髪や爪を強くし、成長を促してくれます。

一般的にレモンの精油(アロマ・エッセンシャルオイル)は柑橘系のフルーツの代表とも言われているレモンの皮から採取されることが一般的です。

ちなみに、レモンの名前はアラビア語のライムとペルシャ語の「リムン」が由来しており、いずれも柑橘系の果実を意味する言葉です。

 

「肌のお手入れに」

肌の収れん有効性もあるので、レモンの精油を0.5%に希釈したローションなどを作って肌のお手入れに組み込んでもよいでしょう。

これがニキビビ対策にもつながります。

ただし、レモンの精油には光毒性(肌についた状態で紫外線を浴びると皮膚にダメージを与える性質)があるので、活用することになるときは必ず、太陽光に含まれる紫外線を避けることが大切だと考えます。

 

 

「レモンの精油オイル」には美白効果があるって本当?

レモンにはビタミンCが含有されており、この成分にはシミの原因にもなるメラニンの生成を抑制し、単純に肌を白くする漂白作用を持つと言われているエッセンシャルオイルです。

 

これを採用するとくすみが無くなって、トータルで肌の印象が明るくなってくるのです。

 

遺伝が誘因の場合以外は殆ど、メラニンがシミの引き金となります。

 

一度生み出せてしまったメラニンは、代謝周期(ターンオーバー)で排出しなければいけません。

 

そこでまた次にメラニンが生成されないように制御することも肝心だと言えます。

 

レモンの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、シミやそばかすの原因にもなりメラニンを抑制するとともに、肌の炎症系のトラブルにも効果的です。

 

 

人気のある「レモンの精油オイル」とは

学名 Citrus limon
科名  ミカン科
原産国 アメリカ、スペイン、イタリア、

ブラジル

採取方法 レモンの果皮を使った圧搾法
香りタイプ 柑橘系
香りの特徴 レモンを切ったときに広がるキリッとした鋭さのあるフレッシュな柑橘系の香り
ノート トップノート
作用まとめ 緩下、強壮、駆風、解熱、健胃、抗ウィルス、止血、利尿、収斂(しゅうれん)、腐食、殺菌、殺虫
ブレンドにおすすめの精油 イランイラン、カモミール、カルダモン、サンダルウッド、ジュニパーベリー、ジンジャー、ネロリ、フェンネルスイート、フランキンセンス、ベンゾイン、ラベンダー、ユーカリ、リンデン、ローズ
レビューも!「レモンの精油オイル」を愛用している人の口コミ

大阪府_20代_会社員_H・Aさん

初めての購入ですが、レモンの果汁のような甘さと酸っぱさが楽しめるように思えます。(*^-^*)

いつもムカムカして、ストレスが溜まってしまいますし、なんだか精神的にムラがあるような・・・・・

風邪をひきやすく、喉がしょっちゅうイガイガしますし、鼻水が止まりません。

そんなときはレモンの精油オイルが必須ですね(*^-^*)

調子も良くなりますし、イライラしているときには体にスーっと香りが入ってくるようです。

千葉県_20代_主婦_F・Tさん

少し甘く、清々しい気分のレモンの香り(^_-)-☆

こちらのお店さんのものはおおむねライトな香りですね。

石鹸作りなど、浸透させたり薄めたり加工したりして香りを楽しみたい方にはオススメですね!!

私は原液で利用しているので、とても調度いいのです。

アロマテラピーにも効果がありますよ(^^♪

顔が浮腫み(むくみ)やすいので、朝起きると顔がパンパンに腫れ上がっているかのようで、化粧がしにくい!

そんなときはレモンのエッセンシャルアロマオイルで芳香浴に限ります(^_-)-☆。

 

 

これも知っておこう!レモンの精油オイルの使い方とは!?

一般的にレモンの精油(エッセンシャルアロマオイル)の利用方法として、アロマディフューザーを活用したアロマテラピーがオススメされています。

 

他にも、お風呂に数滴加えることで、顔以外の体のシミに効果が期待できます。

 

ほかの精油とのブレンドにも便利で、色々な精油と相性が良く、色々な香りが楽しめます。

 

ヒーリングしたいときや、集中したいときなどに評判のレモン。

 

ブレンドして使い尽くすのであれば、ラベンダーやペパーミント、ローズマリーとブレンドレシピするとよいでしょう。

 

また、感染症予防を目的とするケースになると、ティーツリーと一緒にすると最高のや使い方です。

 

無水エタノールや精製水と一緒にして、部屋スプレー(ヘアミスト)にするのもおすすめです。

 

 

ほかの精油(エッセンシャルアロマオイル)とブレンドも便利です。

リラックスしたいときや、集中したいときなどにおすすめできるレモン。

 

ブレンドして使うのであれば、ラベンダーやペパーミント、ローズマリーと組み合わすとよいでしょう、また、感染症予防を期待する際に、ティーツリーと組み合わせると最適です。

 

無水エタノールや精製水を同伴して、ルームスプレーにするのも適切だと思います。

 

そこで口コミでオススメされているのがこちらの商品です。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です