アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

アロマテラピーやマッサージオイルで使用される約200種類存在する天然精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

また、いくつかの種類があり、香りの特徴ごとに分けることができます。

 

例えば、花の柔らかな香りが特徴の「ローズ、ラベンダー、ジャスミン、ローズゼラニウム、カモミール」などがあります。

 

これらはアロマオイルの香りはフローラル系と言われる種類に分類されます。

 

つまり精油の「7つの種類」の香りにはそれぞれの特徴があり、匂いの数だけ本当のアロマ効果が違ってきます。

 

では、精油(エッセンシャルオイル)の香りの種類にはどんなタイプがあるのでしょうか!?

 

 

精油の「7つの種類」の香りとは?匂いの数だけ本当のアロマ効果を

アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?香り成分といっても種類は豊富存在しており、具体的に精油の「7つの種類」の特徴的な香りの系統に分けられるでけなく、匂いの数だけ本当のアロマ効果があります。

 

この香りによって脳に与える効果や効能が全く違うので、アロマテラピーによって得られる効果も違ってきます。

 

下記ではアロマテラピー・マッサージオイルで利用されている天然精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

下記に精油成分が、分けられているジャンル7枠とそれに属するハーブを紹介しています。

 

「スパイス系」アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

シナモンやジンジャーのようなスパイシーで、刺激的な香りが印象的なのがスパイシー系の香りです。

 

また、ブレンドに利用する際は、エキゾチックな香りが特徴的なオリエンタル系の香りとの相性が良いとオススメされています。

 

効能としては「浮腫み(むくみ)」を改善に役立つ精油が多く存在しており、美容目的にも利用されています。

・シナモンリーフ・ジンジャー

・ブラックペッパー・オールスパイス

など

 

「樹木系」 アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

樹木系の精油(エッセンシャルアロマオイル)は、葉や枝、樹皮など、樹木からから採油されます。

 

香りの特徴としては、森林を歩いているような、清潔感のある清々しい香りが多く、男性から人気を集めています。

 

効果は、基本的にストレス解消やイライラ鎮静などのリラックス効果が高い、精神サポートに役立ちます。

・ティートリー・シダーウッド

・サイプレス・ユーカリ・ジュニパーベリー

など

 

「ハーブ系」アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

高原に広がるような爽やかな草木の香りが楽しめるが、ハーブ系の精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

こちらの、精油の香り系統は比較的にどのタイプの匂いとも相性が良く、ブレンドなどにも利用されています。

 

また、殺菌作用がありアロマテラピーだけでなく、ボディローションとして利用している人も多くいます。

・クラリセージ・ペパーミント

・ローズマリー・フェンネルスイート・マジョラムスイート

など

 

「樹脂系」アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

樹脂系の精油(エッセンシャルアロマオイル)は、樹木から染み出てくるような樹脂から採油されます。

 

樹木とずっしりとした甘さを持った香りが合わさるような印象を与えてくれて、まるで森林に寝ているような気分にさせます。

 

基本的に、粘度が高くて保湿作用があるので、ボディローションやフェイスクリームにもよく使用されます。

・フランキンセンス・ベンゾイン

・ミルラ・シストローズ

など

 

「オリエンタル系」アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

中東や東洋を連想させるようなエキゾチックな甘さとスパイシーさを兼ね備える精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

有名なのが、サンダルウッドやパチュリーの香りですが、個性が強いのでブレンドにはあまり不向きです。

 

もし、ブレンドするとしても日頃からアロマテラピーを利用している上級者向けと言われています。

 ・サンダルウッド・パチュリー

・ベチバー・ナルデ

など

 

「フローラル系」アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

甘く上品な花の香りが楽しめるフローラル系の精油(エッセンシャルアロマオイル)は、よく芳香剤や香水に利用されています。

 

また、ラベンダーやローズなど日頃から馴染みのなる香りが多く、初心者にオススメされている匂いの一つでもあります。

 

ブレンドとしても相性が良く、特にフルーティーな香りが特徴的な柑橘系との配合されることが多いとも言われています。

・ラベンダー・ジャスミン

・ローズゼラニウム・カモミール

など

 

「柑橘系」アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?

フルーティーな香りが甘酸っぱい香りが楽しめる柑橘系の精油は、まずアロマテラピー初心者にオススメされている香りです。

 

また、ブレンドにも利用されることが多く、特に「フローラル系」や「ハーブ系」のアロマオイルとの相性が良いと言われています。

 

しかし、精油によっては、光毒性があり、使用してから1時間~2時間くらいはなるべく直射日光を避けるように言われています。

・グレープフルーツ・ベルガモット

・マンダリン・レモン・オレンジスイート

など

 

 

 

特に人気のある精油(エッセンシャルアロマオイル)の匂いとは

アロマ精油に関する香りの種類は?それぞれ効果(効能)は違う?
一般的に人気のある精油に香りは「柑橘系」や「フローラル系」、「ハーブ系」の3つの香りです。

 

これらの精油はクセが強くないことからブレンドにも利用しやすい利便性もあり、初心者は必ずこのどれかの精油を利用します。

 

精油は「クラリセージ、ペパーミント、ローズマリー、フェンネルスイート、マジョラムスイート」などの新鮮で爽快感を感じさせます。

 

このような、葉の香りをハーブ系と呼ばれている種類に分類されます。

 

他にも「レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット」などの爽やかな香りで少し酸っぱさを感じさせるような香りもあります。

 

柑橘系と呼ばれている種類に分類されるなど、豊富に存在しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です