紅茶のブレンドレシピを紹介!自分で作成するおすすめメニュー

紅茶をもっと美味しくなるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

まずはブレンドレシピにオススメされている3つの紅茶の種類を知りましょう。

 

 

「ダージリン紅茶」

ダージリンは、4~5月摘みのファースト、7~8月摘みのセカンド、10月前後摘みのオータムナルと収穫期によってカテゴリー分けされます。

 

オータムナルは3種のうちで最も重く、重厚な渋みを確立されています。

 

渋みとは関係なしに、香りの特色も付属しています。

 

 

「セイロン紅茶」

紅茶のなかでも比較的に癖がなくブレンドに利用しやすい紅茶としてオススメです。

 

またジュースやハーブティーだけでなく、緑茶などのブレンドに利用されているダージリンと同じくらい人気の紅茶でもあります。

 

 

「アールグレイ紅茶」

ベルガモットの柑橘系の香りをベースにしているフルーティーな紅茶です。

 

ダージリンやセイロン紅茶に比べるとフルーティーな香りが強いので、ブレンドレシピを選びますがこちらのブレンドしやすい紅茶でもあります。

 

では、自分で作成するおすすめメニュー(紅茶のブレンドレシピ)を紹介します。

 

 

自分で作成するおすすめの紅茶とジュースとブレンドレシピ

紅茶のブレンドレシピを紹介!自分で作成するおすすめメニュー

紅茶が飲み慣れていないけど、美容の為に摂取したい方もおられることでしょう。

 

ひとつの例として下記のようなブレンドレシピがお薦めです。

 

「ダージリン紅茶+アップルジュース」

 

「アールグレイ紅茶+レモンジュースまたはグレープフルーツジュース」

 

「アッサム紅茶+ぶどうジュース」

 

などが初心者にオススメの自分で作成するブレンドレシピです。

 

ポイントとしてはアールグレイなどの柑橘系の紅茶は「グレープフルーツやオレンジ」など、紅茶の特性と近いジュースをブレンドするのがおすすめです。

 

またブレンドレシピの割合としては、5:5ではなく「2:8」など偏らせるようにするのがおすすめです。

 

自分の好みに紅茶の味をコーディネートする人もいます。

 

しかし、普段から飲みつけていない人は、紅茶のブレンドはめんどくさいです。

 

もっと手間なく紅茶を飲みやすくする方法として、紅茶や緑茶、ジュース、お酒などをアレンジするのが好評なのです。

 

こんなブレンドティーレシピも存在しいます。

 

 

自分で作成する「紅茶とジュースとブレンドレシピ一覧」

紅茶のブレンドレシピを紹介!自分で作成するおすすめメニュー

:「ダージリン紅茶にオレンジジュースとカモミールとラズベリーリーフティーのハーブティーブレンド」

 

:「セイロン紅茶にトマトジュースとタイムやローズヒップのハーブティーブレンド」

 

:「紅茶(ダージリンもしくはセイロン)パイナップルジュースとハイビスカスのハーブティーブレンド」

 

:「紅茶(ダージリンもしくはセイロン)リンゴジュースとローズヒップのハーブティーブレンド」

 

:「アールグレイ紅茶に梅ジュースとヒース(エリカ)のハーブティーブレンド」

 

:「ダージリン紅茶にカモミールとミルクのミルクアップブレンド」

 

フルーツジュースブレンドレシピのケースでは、あらかじめアイスハーブティーを取り揃えます。

 

そして、その作り出した紅茶にジュースに加えます。

 

ブレンドは、ジュースが6~7に比較し、紅茶が3~4の割合のレシピが比較的賢明でしょう。

 

 

「ハーブティー」を使った紅茶ブレンドティーのレシピ

紅茶のブレンドレシピを紹介!自分で作成するおすすめメニュー

紅茶のケースでは、ポットに紅茶の葉とハーブを一緒に加えたお湯で抽出し、ブレンドは紅茶が6~8に対して、ハーブが2~4の割合にします。

 

例えばレモングラスのハーブと合わせることでレモンンティーの様な風味が楽しめます。

 

また、シナモンやローズレッド、ペパーミントなどのハーブとアレンジしてれるのもおすすめしたいと思います。

 

紅茶に香料をつけたジュースフレーバーティーの人工の香しさよりも、自然で自然な感じの香りを思う存分楽しむ事が出来ます。

 

さらに、リンゴやオレンジを加えたブレンドレシピでもより堪能できます。

 

 

「緑茶」を使ったおすすめの紅茶ブレンドティーレシピ

紅茶のブレンドレシピを紹介!自分で作成するおすすめメニュー

緑茶のケースはダージリン紅茶やセイロン紅茶などのクセがない香りと相性が良いと考えられます。

 

緑茶と相性のよい紅茶の種類としては「アールグレイ紅茶、ダージリン紅茶、セイロン紅茶」などがオススメです。

 

ちなみに、アッサム紅茶と緑茶をブレンドすると渋みが強くなるので注意しましょう。

 

他にもローズレッドやローズピンクとのブレンドレシピにすることで、香りの高いブレンドティーを楽しむ事が可能だと言えます。

 

新しいハーブとブレンドするケースでは、紅茶の時と同じ配合率のハーブティーブレンドレシピにします。

 

他にも、プーアール茶やウーロン茶とブレンドするという事から、緑茶と同じようなアプローチで堪能できます。

 

 

紅茶ブレンドレシピ「自分で作成するおすすめメニュー」まとめ

紅茶のブレンドレシピを紹介!自分で作成するおすすめメニュー

こういったふうに、ジュースとハーブティーブレンドレシピは、自分の組み合わせ次第で無限に見受けられます。

 

色々なブレンドティーレシピにチャレンジしていく中で、自分の好みにマッチしたレシピを作成します。

 

そして、満喫しながら美容を意識することができます。

 

さらに、ハーブティーをブレンドする中で、多彩な味に触れ合いながら、体質改善できることが、アピールポイントではないでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です