紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶も紹介

妊婦がカフェインに気をつける理由は何かご存知でしょうか?

 

一般的に妊娠中(妊婦)はカフェインを控えるべきだと言われていますよね。

 

妊婦はカフェインの取り入れのポイントに気をつけるべきなのであるということは、人伝に聞いたケースがあるでしょうか。

 

カフェインの持つ多岐にわたる影響を引率させていただきます。

 

 

なぜなの!?紅茶のカフェインは妊娠中(妊婦)に危険

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

「カフェインによる胎児への影響」

胎児へのカフェインの作用についても、国内においては明示的にアナウンスされたものはないかと思われます。

 

その点については、イギリス食材基準庁によると、生誕児が「ローウエイト(体重不足)」となります。

 

高い濃度にとると「自然流産」の誘引となる場合があると提案するエビデンスがある、としていることが大概です。

 

また、英国最高学府による比較検討では、カフェインは胎盤を通り抜け、胎児へ運搬されるのです。

 

こういう風にして、胎盤の血流の低下がスタートして、胎児の「発育遅延」の危険性が勢いづいているのだと断言できます。

 

別の物言いをすれば、200mgカフェインを口に運んだケースになると、胎盤血流の25%低下が引き起こされるとのインフォメーション(情報)が認められた。

 

また、カフェイン填補が過剰であるほど胎児生育後れのリスキーが上進する割り合いが示されました。

 

胎児はカフェインを分解し、一掃する酵素を用意していません。

 

さらに、別個のリサーチではカフェイン代謝質量のある物体が「胎児の脳にストック」するとも把握されています。

 

 

「カフェインによる妊婦への影響」

妊婦の母体への危険性に関しては、日本国内では目立って公表されたものはなく、外国でのサーチやパブリックの助言をアナウンスし、注意喚起をしています。

 

カナダ保健省ではカフェインを摂りすぎると「入眠障害(不眠症)、慢性的な頭痛、イライラする気持ち、脱水症、プレッシャーの誘因」となっているとしています。

 

同様に、カフェインはカルシウムを排出し、鉄分を服用にくくしておくといった観点からも心掛けて下さい。

 

鉄分に関しては、食事後にカフェインを体内に取り入れるまでのスパンをあけるなどの工夫が現実としてあるのです。

 

 

妊娠中(妊婦)の方へ!一日に飲んで良い紅茶の量を知ろう

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

妊婦は、カフェインをほんの僅かの摂食していけないのとは違って、実際のところは適正な量を防衛(一括コントロール)するということを無視できません。

 

ここでは実際どれだけ心置きなく採用できるのかをお見せします。

 

紅茶に位置するカフェイン量ですが、人並みのものとして、一杯の紅茶には約30mgのカフェインが混入するというのが一般的です。

 

これは、茶葉5gに対して熱湯360mLを投入してから2分~6分浸出したのが通例です。

 

かわらない量をご堪能いただくと希望するなら、コーヒーの約2分の1程度と評されています。

 

 

普通の紅茶なら一日6杯までを判断基準にして愛飲しよう。

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

カフェインの限界値(飲む量)のアベレージは、多くの国でよって変化してしまいます。

 

我が国におきましては明らかな基準が制定されていませんが、2006年にカナダ保健省が立証している、1日毎にのマックスは、妊娠中は1日の内で300mg。

 

2008年に英国食材基準庁は、新しく200mgを最大限度までと忠告行動しています。

 

200mg以内に於いては、紅茶5杯~6杯になるかならないかのが普通です。

 

リスクを最多にチェックしてみると、この一日6杯の限度を参考にしてみると良いと考えて間違いないでしょう。

 

 

妊婦(妊娠中)にオススメのノンカフェイン紅茶とは?

カフェインをあまり不安がらずに堪能できる、ノンカフェイン紅茶についてご教示していきます。

 

デカフェとノンカフェイン、カフェインレスの違うところはご存知でしょうか?

 

ノンカフェイン紅茶について、似たキャッチフレーズがいくつか見受けられますが「デカフェ、ノンカフェイン、カフェインレス」と言われるとあまりズレがわかりませんね。

 

その相違するところは下記だと認識してください。

 

デカフェとは、紅茶などのもともとカフェインが添加されたものから、限りなくカフェインを落とした販売商品

 

カフェインレス(ローカフェイン)と称しているのは、カフェインが微量に包含しており、限りなくカフェイン量を減少させたもの

 

ノンカフェイン(カフェインゼロ)とは、もともとカフェインを考量していない商品

 

この三点を指します。

 

デカフェの仲間内では、微量のカフェインが残される商品があります。

 

なのでそういった場合はカフェインレスと似たものを明示することを意味します。

 

 

妊娠中(妊婦)にオススメのノンカフェインデカフェ紅茶を口コミ

千葉県_20代_販売業_R・Tさん

やはりデカフェ紅茶はカフェインの心配がないのでいいですね(^^♪

味もとっても良いですよ(^_-)-☆よければ読んでください。

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

今回、「やさしいデカフェ紅茶のアップルティー」に関する口コミリポートをいたしました。

 

ハーブティーや紅茶は以前に比較して考えた場合、多くの女性や男性が愛飲するようになってきました。

 

また、「やさしいデカフェ紅茶のシリーズ」は現在、コンビニやスーパーで店頭に並べられるほど、わたしたちの身近になっている商品でもありますね。

 

なによりデカフェ紅茶なのでカフェインによる副作用も安心ですし、妊娠中にも愛飲できますね。

 

では、こちらはどんな風味なのでしょうか!?

 

アップルティーは多くの会社から用意されていますね。

 

どちらかと、日本から売り買いされているアップルティーよりも海外から並んでいるほうが香料がっしりしている感じがします。

 

個人的な意見を述べるならば果実のようなフレーバーティーを楽しみたいのであれば、外国産のほうがオススメかな。

 

では、こちらのアップルティーの香料はどうなのでしょうか?

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

「やさしいデカフェ紅茶のアップル」のティーパックです。

 

こちらの「やさしいデカフェ紅茶のアップル」の香りは、リンゴ飴のような甘い香りがエンジョイできる感覚がありますね。

 

ちなみに、アップルティーは「レモンティー」同様にらい多くの製造企業さんから市場に出回っている紅茶シリーズの一例でもありますね。

 

けっこう、商品によってフレグランスが当たり外れがありますが。

 

外国産は香料が良くも悪くも強烈だったりしますよね。

 

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

ティーパックの中身は粉末となった茶葉がブレンドされています。

 

なのでスピーディーかつ効率的に成分の抽出がしやすくていいですね。

 

ちなみに、紅茶には人間の必要不可欠な栄養素である「ビタミン、ミネラル」が豊富に配合されていますね。

 

なので忙しい生活の中で栄養が偏っている人にはイチ押しされています。

 

もちろんカフェインの 心配もないので妊娠中にも安心して飲めるところが個人的にもGOODです(^_-)-☆

 

なによりノンカフェインなので就寝する前のリラックスタイムに摂取できるのが、とっても良いイメージかな。

 

 

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

お湯を注ぐと、ティーパックのときにくらべて香りが負けるようになりますね。

 

そして、僅かずつですが、紅茶の香りも前面に出してきたので、「アップルティー」っぽく変わってきました。

 

でも、よくありがちなのですがティーパックはしっかりと香料がいわれますが。

 

ハーブティーにすると香りが弱くなってしまうものですね。

 

他にも、立ち上がる水蒸気とともに香料が飛び去ってしまうこともあるので。

 

しばらく経つとフレーバーティーの香りがなくなってる!?

 

なんてことも・・・・

 

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶

この辺で、さっそく「やさしいデカフェ紅茶のアップルティー」を飲んでみました。

 

やはり、アップルティーという感じのフルーティーな香りが、ダージリン紅茶のような香りに負けてしまっていますね。

 

主人に飲用させたところ「ダージリンティーみたい」と発言していました。

 

なので、アップルティーのようなスイート系の香りではなく、結局のところエレガントな紅茶といったところでしょうか!?

 

後味にうっすらとアップルが楽しめますが、温度がダウンしてくるとより紅茶っぽくなりますね。

 

 

紅茶のカフェインは妊娠中に危険!含有量やノンカフェイン紅茶~まとめ

今回、「やさしいデカフェ紅茶のアップルティー」の口コミリポートをいたしました。

 

ティーパックからは「甘いリンゴ」のようなフルーティーな香りによる醍醐味があったのですが。

 

やはりハーブティーとして口に入れると風味が落ちてしまいますね。

 

でも、アップルの香りは薄らぎますが、エレガントなダージリン紅茶のような香りは感じ取ることができるので、飲みにくいわけではないですよ(^_-)-☆

 

紅茶には脳のα波を正常に保ちイライラする気持ちを解消する効果を見せてくれます!

 

こちらはノンカフェインなので睡眠障害に役立つかもしれませんね。

 

なにより妊娠中の方でも安心して飲めますし、紅茶にはいろんな効果がありますからね(^^♪

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です