紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリットも徹底検証しました

「紅茶は体にいいのか?」

 

「紅茶は体に悪いのか?」

 

あなたはどちらだと思いますか?今では多くの人から愛飲されている紅茶ですが「実は体に悪い!」との意見もあります。

 

では、実際に検証していきましょう。

 

 

紅茶は「体にいいのか?体に悪いのか?」メリットを紹介

紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリット

「肌を綺麗にする」

肌荒れやシミをブロックする作用もあるので、女性のみなさんにはとっても有難い紅茶です。

 

日焼けでキズを負わされた肌に直接的に紅茶をぬり込むことで癒すこともできます。

 

ハイドロキノンという成分は皮膚病の治療にも採択されている成分です。

 

日焼けしてヒリヒリ痛む、と言う状態になっているときは紅茶をやさしく塗ってあげましょう。

 

 

「脳を覚醒する効果」

紅茶を飲用し20分程すると、頭の中がすっきり、シャッキリして来ようと思います。

 

これは紅茶の中のカフェインが脳に送られてパワーを発揮しているからです。

 

これから学習をするぞ、業務につくぞ、と言うタイミングでは開始30分前に紅茶を飲用しみましょう。

 

 

「鎮静作用(アロマテラピー効果)」

紅茶を吸収するといい香しさがしますね。

 

フレーバーティーに限らず、ダージリンなどのリーフティーでもいい匂いがします。

 

この香りには人を平静状態に戻す効果があり、精神性を穏やかにしてくれます。

 

テアニンにストレス解消への有効性が高いので、成分と香り両方から幸せな気分になります。

 

 

「殺菌効果で風邪予防」

紅茶に包含されるテアフラビンがウイルスに抵抗する力を確立されています。

 

ウイルスが繁殖するのを押さえ付ける効果もあるため、インフルエンザ対処方法にもなると考えます。

 

また紅茶でうがいしておくことで、喉の殺菌にもなると思われます。

 

風邪予防にもバッチリです。

 

 

「ビタミンやミネラルの補給」

紅茶の葉においてはビタミンB1や2、カルシウムやカリウム等といったビタミン・ミネラルが多量に組み合わされています。

 

葉から栄養が溶けだしていますから、きちんと栄養成分を体内に取り入れることができます。

 

 

「体の酸化防止や肥満防止」

紅茶は当たり前として、お茶にはポリフェノールが内包されています。

 

このポリフェノール、体の酸化を抑制したり、肥満に歯止めをかける効果を発揮します。

 

紅茶カテキンが糖分を解体くれることになります。

 

カフェインが脂肪の燃焼をサポートするので、シェイプアップ役目も担います。

 

 

「浮腫み解消(デトックス効果)」

紅茶を口に入れるとトイレに行きたくなりませんか?

 

紅茶には利尿作用があり、体の中の無用な有毒物を体外に出してくれます。

 

むくみの解消にも一役買ってくれるので、ありがたいですね。

 

 

紅茶は「体に悪いのか?体にいいのか?」デメリットを紹介

紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリット

「目が覚めてします」

摂取してから30分~40分程で脳がシャッキリするカフェイン。

 

セールスポイントという面もありますが、眠りにつく前にうっかり飲むと体調によりは安眠しにくい、寝つきが悪いことだってあります。

 

カフェインに弱い人は、17時前後以降は摂り入れない方がいいとの意見も。

 

カフェインレスの紅茶も市場に出回っているので、紅茶を堪能したい人はノンカフェインをセレクトしてください。

 

 

「トイレが近くなる」

紅茶を飲み過ぎると洗面所に足を運びたくなる。

 

ちょっと迷惑ですよね。

 

しかし洗面所に行くことで肉体的有害成分を体の外に排出することが可能になります。

 

体の中の不必要なモノが出るので、ウイークポイントでもありセールスポイントでもあると言っても間違いないと思います。

 

 

「過剰摂取はNG!」

紅茶を一年中口に入れても体にマイナスに作用してはないと言われています。

 

しかしそれも飲み過ぎはやめた方が賢明です。

 

美味しい紅茶ですが、飲み過ぎたりすると副作用も気になってしまいます。

 

カフェインやタンニン、シュウ酸を摂取し過ぎると健康ダメージを受ける危険性があると考えられています。

 

 

「歯が染まる(茶色くなる)」

紅茶染めがあるのと一緒で、紅茶には色が存在します。

 

タンニンで歯が黒ずむと気に留める人がいます。

 

しかし1日2~3杯だけでは染まりません。

 

常日頃から丁寧に歯を磨いていれば問題無いので、心配されないで下さい。

 

 

デメリットも口コミで検証「紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?」

千葉県_20代_主婦_Y・Kさん

紅茶は体に良いのか?悪いのか?

実際に愛飲させていただくことになりました。

紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリット

今回、通販店で人気の「ディルマ(Dilmah)紅茶:マンゴー&ストロベリー」の口コミリポートさせていただきました。

 

「ディルマ(Dilmah)紅茶」は海外で販売されているハーブティーシリーズです。

 

では、どんな風味なのでしょうか?

 

パッケージもマンゴー&ストロベリーですね。

 

 

珍しい組み合わせのフレーバーティーですが、果たして相性はどうなのでしょうか?

 

 

紅茶は「体にいい!」と言われる一方で「体に悪い!」と言われていますが、そちらにも注目したいと思います(^_-)-☆

 

 

ちなみに紅茶にはフッ素が含まれているので、虫歯予防にもなってイイですね。

 

 

他にも、紅茶にはビタミンが含有されているので、食生活が偏っている人のサポートにもなると言われていますね。

 

紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリット

ティーパックからは「甘いフルーティーな香り」がしますね。

 

マンゴー&ストロベリーということですが、どちらかといえば「マンゴー」のような香りかな?

 

でも、言われないとわかりませんね。

 

思っている以上に、ティーパックからは甘い香りが楽しめましたね。

 

日本のメーカーから販売されている紅茶よりも、海外メーカーから販売されている紅茶のほうが香りが強いですね!!!

 

紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリット

お湯を注ぐと、まろやかな酸味が広がります。

 

酸味と甘みが混ざり合って、「熟しきれていないマンゴー」のような不思議な香りですね。

 

不快な香りではありませんが、そこまでフルーティーでもない気がします。

 

やはり、お湯を注いだり、ハーブティーとして飲用すると香りが落ちてしまいますね。

 

紅茶の香りにはストレス解消効果もあるので、体にいいイメージですね(^^♪

 

逆に紅茶を飲んで不健康になるというのは聞いたことがありませんね(^^♪

紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?デメリット

ハーブティーとして飲用すると、けっこう渋みが強かったりしますね。

 

なので、わりと紅茶の風味がメインですね。

 

後味に、なんとなくですが甘い香りがありますが、ほとんど感じられないかな。

 

抽出時間を1分くらいで、とってもやはり結構渋い紅茶の香りが強いですね。

 

 

デメリットも口コミで検証「紅茶は体にいいのか?体に悪いのか?~まとめ

今回、通販店で人気の「ディルマ(Dilmah)紅茶:マンゴー&ストロベリー」の口コミリポートさせていただきました。

 

まず紅茶の副作用に関してですが、個人的には特に感じませんでした(^_-)-☆

 

ティーパックからは「甘いフルーティーな香り」が楽しめました。

 

でも、ハーブティーにすると風味がおとなしくなってしまいますし、けっこう紅茶の香りに負けてしまっていました。

 

でも、決して飲みにくいわけでもありませんし、興味があれば試しに飲んでみてはどうでしょうか?

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です