紅茶は飲みすぎ危険です!1日の適量や飲み過ぎ量を紹介します。

みなさん紅茶は飲み過ぎると危険だということはご存知でしょうか?

 

実は紅茶には飲み過ぎるとで様々な副作用があります。

 

下記に紅茶の適量と「飲みすぎた副作用」について紹介します。

 

 

「紅茶の飲み過ぎによる気持ち悪さについて」

紅茶を飲みすぎると気分重篤化する(吐き気を催す)こともあり得ます。

 

それは紅茶に含まれる「タンニン」の誘発効果であるケースがあります。

 

「タンニン」は、お茶の渋み成分となっており鉄と結合してタンニン鉄になる性質が付きまといます。

 

その結果、鉄分の吸収が押し止められ、「貧血」の確率があります。

 

特に女性のみなさんは「生理」がありますので、が足りない状況になりがちです。

 

避けるためには、食後すぐの紅茶は控えて下さい。

 

 

「紅茶の飲み過ぎによる便秘や下痢について」

紅茶は飲み過ぎると「下痢」である可能性もあります。

 

個人個人によって差が激しいのですが、紅茶に含まれる「カフェイン」については利尿効果が存在します。

 

「カフェイン」は尿細管に影響し、水分の再吸収を抑止します。

 

水分の再吸収がブロックされるので、身体全体に水分をキープすることが害されて「下痢」に結び付きます。

 

それに対し、「カフェイン」の利尿効果によって大便に絶対不可欠の水分までも出てくると、次は逆に「便秘」であることもあります。

 

それぞれで差が激しいので、あなたの適量を明確にして飲み過ぎに気を付けることを目標にしましょう。

 

 

「紅茶の飲み過ぎによる頭痛や腹痛について」


紅茶においては「カフェイン」が沢山組み合わされています。

 

特に「カフェイン」を多く取りすぎると「頭痛」や「腹痛」を引き起こすことが想定されます。

 

「カフェイン」は強力な生理作用が伴い、脳や筋肉に活力を与え興奮状態を起こさせます。

 

覚醒作用や利尿効果も強くて、強心剤としても取り入れられる成分です。

 

それゆえ、大量に口に入れると頭痛が発現します。

 

また、胃酸の分泌も増進するので、お腹が空いている時に紅茶を召し上がると胃酸が多い人は、胃を荒らしてしまい、腹痛になることが考えられます。

 

 

紅茶は飲みすぎ危険!紅茶の1日の目安適量について

紅茶(100ml)程度のカフェイン含有量は約20mgです。

 

カフェインは1日の摂取量が250mgを上まわると寝つけなくなるなどのデメリットが発生するようです。

 

余談ですが紅茶一杯は約150mlほどという理由で、一杯あたりのカフェインはおおよそ30mgぐらいというものです。

 

カフェイン摂取量のマックスを250mgとして予想したケースになると、8杯までであれば口にしても大丈夫だろうということだと言っても過言ではありませんね!

 

ただ、厳密に言いますと『何杯』という立場で飲むよりもペットボトルやカップなどで飲む傾向が見られると考えられます。

 

ペットボトルは500mlなので、その個所に包含されるカフェインは100mgを上回ってくるものもあります。

 

つまり短絡的にペットボトルで許容する時は2本半口に入れると一日の摂取量に及ぶということです。

 

 

 

本当に紅茶は飲みすぎ危険なの!?実際に口コミで検証してみました

群馬県_20代_会社員_H・Fさん

日頃から紅茶は大好きでいつも飲みまくってます。

でも、あまり副作用は感じたことないかな?

今回、通信販売店で注目を集める「ディルマ(Dilmah)紅茶:イングリッシュ・アフタヌーン」の口コミリポートいたしました。

 

紅茶は私自身の話ですが1日の1リットル以上飲むことがあっても、特に副作用は感じたことがないですね。

 

ちなみに「ディルマ(Dilmah)紅茶」は海外で売り買いされているハーブティーシリーズです。

 

 

では、どんな風味なのでしょうか?

 

 

こちらは、ポップな水色(すいしょく)の紅茶が生育されることから、「黄金の谷」とも呼ばれているみたいですね。

 

 

また、スリランカ中部、標高約1300mのボガワンタラワフィールドで、丁寧に手摘みされた茶葉を活用しています。

 

 

そして、どこまでも茶畑が広大化する広大な地域で育った紅茶は、相応しいコクがあります。

 

 

さらに、軽やかで、ストレートティーで愛用しやすく、心の中をすっきりヒーリングさせてくれると評されています。

ティーパックは「イングリッシュ・ブレックファースト」の香りと似かよっていますね。

 

 

どことなく、アールグレイ紅茶のような酸味がある香しい感じもしますが、ダージリン紅茶のような紅茶のあっさりとした香りですね。

 

 

ほとんど判別できませんが、敢えて言えばこちらのほうが、少しだけですがサッパリしています。

 

 

ちなみに、世の中も変わったようで紅茶が癌(ガン)予防になることが、評価をえています。

 

年齢を重ねても、活気のある人は紅茶やハーブティーを飲みなれている人も稀ではないんだそうですよ。

 

いつまでも若々しくいられるなんてうらやましい(^_-)-☆

 

お湯を注ぐと、ダージリンのようなすがすがしい気分の紅茶の香りがふわ~~っと蒸気とともに広がっていきます。

 

 

そして、それらのうちにほのかな渋みが分かりますね。

 

ちなみに、紅茶の香りにはストレス解消効果的であるといわれていますね。

 

体験したことないですけど・・・・・

 

原則的には爽やかなインプレッションを持たせてくれる紅茶なので、初心者向きですかね。

 

ハーブティーとして飲用しました。

 

基本的にですが、ダージリン紅茶のようなサッパリした香りが中心となりますね。

 

そして、後味にそこはかとなくアッサム紅茶のような渋みとコクも見受けられますね。

 

でも、温かいうちは、すっきりしている印象なので渋みはあまり見て取れないかな。

 

あと個人的には特に飲み過ぎによる副作用は感じていないかな?

 

まあ体質にもよるのかもしれないので、少しでも違和感を感じたら摂取量を減らした方が良いかもしれませんけどね。(^_-)-☆

 

 

紅茶は飲みすぎ危険!1日の適量や飲み過ぎ量を紹介~まとめ

今回、通販店で人気の「ディルマ(Dilmah)紅茶:イングリッシュ・アフタヌーン」の口コミリポートいたしました。

 

風味に関しては、そこに至るまでは主張が強くないので、ストレートティー向きかな。

 

けっこうサッパリとしたダージリンティーのような感覚がありますね。

 

でも、温度がダウンしてくると、若干渋みだけではなく、「苦み」が付いてくるので、そこが心配していましたが・・・・・

 

これは、好みですね。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です