紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全?

私たちの身近な存在として古くから親しまれているのが紅茶ですが、中でもコンビニエンスストアやスーパーでよく見かけるのがアッサム紅茶です。

 

そこであなたは紅茶(アッサティー)の優れた効能を知っていますか?

 

実は紅茶は香りを楽しむだけじゃなく、美容や健康まで私たちの生活をサポートしてくれる魅力が豊富にあります。

 

下記に紅茶(アッサムティー)の効能について紹介しています。

 

 

魅力がいっぱい!紅茶(アッサムティー)の効能について

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

「消臭(脱臭)効果」

アッサムいっぱい包含される「紅茶カテキン」には消臭効果が発揮され、茶葉が悪臭に張り付きし、不快臭いを抑制してくれるはずです。

 

また、紅茶を飲用することで口臭予防にもダイレクトに影響します。

 

紅茶の持つ消臭力は、たくさんのタイミングで立派な働きできそうですね。

 

 

「アンチエイジング」

呼吸や食事によって発生する活性酸素は極端に蓄積されてしまうと体全体の酸化が盛んになります。

 

体が酸化することを通して、細胞は老い素肌や血管の加齢現象を進行させてしまう危険もあると思います。

 

こうした活性酸素の働きを抑制してくれる効果効用をもつのが、アッサムに多く取り込まれている「抗酸作用」です。

 

 

「ダイエットサポート」

この作用に呼び掛けるのが、紅茶やにはいり込むコーヒーなどに含まれる「カフェイン」考えられます。

 

カフェインには興奮作用や覚醒効果の他に、脂肪燃焼の役割も担います。

 

アッサムは紅茶に関してもとりわけ多くカフェインが入っている紅茶なので、より効果が見込めます。

 

また、アッサムにはいり込む「カテキン」には脂肪を細分化する効用と脂肪を燃やしてくれる働きの両方の効果が実行できると考えられています。

 

 

「ストレスを緩和する効果」

アッサムに含まれるカフェインにより、リフレッシュやストレス解消役割もあります。

 

さらに紅茶の香しさがアロマテラピーの効用をし、香りから考えても体の緊張を解すため、リラックスへの有効性が高いのです。

 

また、紅茶においては「テアニン」という成分も含有されていて、この成分が体を安らかにする効果がある有効性が高いのです。

 

 

「利尿作用(デトックス作用)」

紅茶には「利尿作用」という身体の内側の老廃物を出してくれる効果を及ぼします。

 

これはアッサム等の紅茶にとどまるカリウムが素因になっており、体内に滞留した老廃物を出してくれるはずです。

 

この利尿作用は血圧が高めの方や浮腫が劣悪な人にはひときわ実効性のあるのです。

 

 

「殺菌作用(感染症予防)」

紅茶や緑茶に数えられるカテキンや紅茶テアフラビンが確固たる殺菌作用があり、それにより喉にいるウイルスを殺菌をやってくれる効き目が期待できるのです。

 

また、食中毒により身体の内側にウイルスがいる場合、紅茶を飲用することで殺菌できるので苦しい症状を鎮静化してくれる作用も果たします。

 

紅茶の持つ殺菌作用は私どもの体に潜む菌から防御してくれる機能を果たすのです。

 

 

 

このように紅茶には優れた効能があり魅力がたくさんあります。

 

しかし、問題となってくるのが「紅茶のカフェイン含有量」です。

 

 

紅茶(アッサムティー)のカフェインの含有量は安全?

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

紅茶に関しましては、その淹れ方において数々のポイントがあります。

 

その淹れ方によってカフェインの含有量というのは大きな変化を起こすと言えます。

 

茶葉の種類と入れるお湯の温度で変化してしまうと考えても良さそうです。

 

一例としてアッサムのケースでは100度で注ぎ込んだ紅茶が際立ってカフェインの含有量が多くあると予測されます。

 

ダージリンに関しては、水出しで作り出した紅茶が一番カフェインの含有量がいっぱいなります。

 

このように、抽出方法と比べてみても、その茶葉の性質が大きく影響してくると考えても良さそうです。

 

 

心配し過ぎだった!紅茶のカフェインとタンニンの関係性

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

紅茶を飲む方の中に於いてもカフェインを心配になる方がおいでになるでしょう。

 

そんな人たちにピックアップしておきたいのが「タンニン」なんです。

 

これは植物に由来する水溶性化合物の総称を意味するのです。

 

ではタンニンとカフェインにはどんな風な繋がりがあると言えるのか。

 

タンニンは「カフェインと強く一体になる」と考えられる特有性を確立されています。

 

一口に言うと、カフェインが体に吸収されて作用する前にカフェインとタンニンが一体になることでカフェインが人体にもたらす影響をストップさせるのです。

 

わかりやすく言うと、仮に同じ量のカフェインが加味されていたところで、コーヒーと比較して紅茶の方がカフェインが人体に及ぼす影響を少なくすることができます。

 

 

カフェインの含有量は安全?紅茶(アッサムティー)の効能を口コミ

東京都_30代_美容関係_H・Tさん

日東紅茶のアッサムティーは初めてでした。

でも、意外と魅力がいっぱいなんですよ(^_-)-☆

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

本日「日東紅茶:アッサムティー」の口コミリポートいたしました。

 

「日東紅茶」はお取り寄せなどで人気のハーブティー系統のものです。

 

また、アッサムティーは多くの製造企業から出ています。

 

では、こちらはどういった風味なのでしょうか?

 

オレンジ色のティーパックですね。

 

アッサム紅茶はお取り寄せだけでなく、コンビニエンスストアやスーパーなどで、手間をかけずに購入できるハーブティーの一つです。

アッサムティーはポリフェノールやミネラルをより多量に包含するので、紅茶をヘルシーに摂取したい人にとってアッサムはラッキーな茶葉でしょう。

 

さて、他のメーカーから売りに出される、アッサム紅茶とどうちがうのでしょうか?

 

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

ティーパックは、「おしとやかなアッサム紅茶」のようなイメージですね。

 

アッサム紅茶は、けっこう渋い香りが強いアイテムが多いように思いますが・・・・・

 

私の友人はアッサム紅茶を必ずミルクティーにして飲用している人はいますね。

 

けっこう深みが苦手って人もいるみたいですよ!!

 

「日東紅茶:アッサムティー」は、言うほど風味による主張はあまり感じ取れませんね。

 

けっこうスッキリしているかな。

 

 

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

では、さっそくお湯を注いでみました。

 

ちょっぴりですが、「アッサム紅茶のコクと渋み」がふんわりと実感できました。

 

でも、トータルで、日東紅茶シリーズは香りによる主張はそこまで無い感覚があります。

 

よく言えば、「おしとやかで嫌味のないアッサム紅茶」。

 

悪く言えば「風味が薄く、アイデンティティーがないアッサム紅茶」ですね。

 

アッサムの効能は正確に言いますと他の紅茶と同じ様に、抗酸化作用による美肌効果や殺菌作用による風邪の防止効果があります。

 

あと消化の促進効果などが見受けられます。

 

渋みの確固たる味と同様、他の紅茶と比較したらより成分が沢山含まれることがよくあります。

 

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全

ハーブティーとして口に入れると、まろやかな深みと優しい渋みが感じられるアッサム紅茶といった感覚がありますね。

 

そこまで、強い香りではないから、万人受けしそうかな。

 

個性がないので「好んで飲むアッサム紅茶」ではないですね。

 

でも、温度が下がってくると、渋みだけが目立つようになってくるので、ちょっと飲みにくいイメージもあります。

 

 

紅茶(アッサムティー)の効能を紹介!カフェインの含有量は安全?~まとめ

今回、「日東紅茶:アッサムティー」の口コミリポートいたしました。

 

おしとやかな「渋みと深み」が感じてもらえる香りですね。

 

でも、温度が下がってくると、やはり「アッサム紅茶」ですね。

 

しっかりと、「渋み」と「苦み」が主張し始めていきました。

 

温かいうちは、まろやかなアッサム紅茶かな?と思いましたが、温度が下がるとちょっと癖がでるので、好みがわかれそうですね。

 

でも、他社のメーカーのアッサムと照らし合わせると、サッパリしているのでストレート向きですね。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です