紅茶ダイエットがおすすの理由と種類を紹介!だが飲み過ぎると胃痛に

このところ、「紅茶ダイエット」が若々しい女子において、じわじわと人気を博しはじめているそうです。

 

紅茶でダイエットって小耳にはさんだ時に、カフェイン入ってるけど大丈夫?と、本音を言えば、気がかりになりますよね?

 

「そもそも紅茶そのものずばりにダイエット効果が認められるなんて、小耳にはさんだことが無い!!!」

 

という方もいらっしゃることでしょう。

 

では下記に紅茶がダイエットに効果的と言われている理由と紹介しています。

 

 

紅茶がダイエットにおすすめの4つの理由について

紅茶ダイエット①「紅茶ダイエットは脂肪の燃焼を促進する効果がある」

紅茶に含まれる成分、カフェインは脂肪の代謝を促進し、燃やしてくれる効果があります。

 

脂肪細胞においては、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞が存在します。

 

白色脂肪細胞は、バイタリティー源の形での脂肪を貯蔵する効き目を発揮します。

 

褐色脂肪細胞は、熱を産生し体温をキープするナチュラルプロセスや余分な体脂肪をセーブするため、脂肪を熱にチェンジし、バイタリティーとして放出する力を発揮します。

 

カフェインには、この褐色脂肪細胞を活性化させてる作用が伴います。

 

褐色脂肪細胞が賦活化すると、脂肪を熱に切り替える働きが活性化され、脂肪が燃焼、脂肪の蓄積をコントロールできます。

 

 

紅茶ダイエット②「紅茶ダイエットは脂肪の吸収を抑制する効果がある」

紅茶ポリフェノールには、脂肪を消化・解体する酵素、リパーゼの活性に歯止めをかける作用が見受けられます。

 

身体の内側に混入されてきた脂肪分は、ありのままでは吸収されず、膵臓から生み出されるリパーゼにより分離された後、腸管から吸収されます。

 

紅茶ポリフェノールは、このリパーゼの効用を弱めることで脂肪分の消化・分解を抑制しそのまま排出させます。

 

そのため腸管から行き渡る脂肪の量を減らすナチュラルプロセスをしています。

 

 

紅茶ダイエット③「紅茶ダイエットは新陳代謝を促進する効果がある」

紅茶のカフェインによって褐色脂肪細胞が賦活化すると、脂肪燃焼作用によりカラダの内側で熱が形成されやすくなると考えられます。

 

その結果、基礎代謝が右肩上がりになります。

 

結果として代謝サイクルが盛んになり、エネルギー消費量も割増、肥満になりにくい体質に結び付くことができます。

 

 

紅茶ダイエット④「浮腫み(むくみ)を解消して痩せやすい体質に」

紅茶の成分カフェインは、循環系に働きかけ血流を適正化する作用があります。

 

腎臓の場合は、血管を拡張させ、腎臓の血流を増加させることにより、尿生成を促進させます。

 

カフェインの作用で血の巡りがスムーズになり、尿量の数が増大すると、カラダの内側にストックされた不要な物質が排出されやすくなります。

 

さらに細胞間の水分代謝がパワーアップし、身体の内側の余剰な水分が放出されやすくなります。

 

紅茶を飲むことで、体内にストックされた老廃物、余剰水分を尿から排出でき、浮腫太りの解消につながるのです。

 

 

ダイエットならアールグレイ紅茶がおすすめの種類な訳!

上記のように紅茶にはダイエット効果があることから、日常的に愛用することで痩せやすい体質改善をサポートしてくれます。

 

総括すると「どの紅茶も十分にダイエット効果が期待できる」と言うことになります。

 

しかし柑橘系の香り成分を配合したアールグレイであれば、紅茶のダイエット効果だけでなくアールグレイの香りである「ベルガモットの芳香成分によるダイエット効果」も期待できます。

 

 

下記にアールグレイ紅茶の香り成分によるダイエット効果を紹介します。

 

 

「アールグレイ紅茶の香りが脂肪の吸収を抑制」

香りには満腹効果も見られますが、ダイエットに効果が見られる作用が香りにはあります。

 

それは自律神経を調整してくれる効果効能です。

 

ちなみに自律神経がメチャクチャになってしまうと、人体が脂肪を溜め込みやすくなり腹部まわりを重点的にデブになりやすくなる素因になるのですね。

 

それを香りを利用して自律神経を改善することで、元の脂肪がつきにくい基盤を正常に戻し人体に付いてしまった脂肪を燃えやすくに繋げるのです。

 

 

「アールグレイ紅茶の香りが交感神経を活発化して脂肪燃焼をサポート」

アールグレイの香り成分には交感神経を活発化させる働きを示してくれます。

 

この理由によって中性脂肪の燃焼に効き目がある「UCP」というたんぱく質に繋がります。

 

香りは飲用などで生活の中に簡単に取り入れられるので就寝する前やお風呂上がりなどに、自律神経を整えるアールグレイ紅茶を飲用することで効果を見せてくれます。

 

 

しかし、紅茶を飲みすぎると胃痛の原因にもなります。

紅茶にはカフェインが多量に含まれているのはご存知でしょうか?

 

実はこのカフェインには胃の働きを刺激する作用もあることから、胃酸を過剰に分泌させてしまい。胃が荒れてしまうこともあります。

 

特に空腹時に紅茶を服用することで、空っぽの胃の中で胃酸を過剰に分泌させてしまい、胃痛の原因にもなります。

 

ダイエットサポートとして飲用するのであれば、食事のお供に摂取することで、消化をサポートして便秘を防ぎます。

 

また紅茶には飲み過ぎによる副作用が懸念されており、下記に紹介しています。

 

 

「紅茶の飲み過ぎは尿路結石や腎結石に注意」

定評のある紅茶ですが、飲み過ぎると良くないだと言えます。

 

言うまでも無く、1日2~3杯の紅茶を飲みストップすることがなくても多くの人は構わないのです。

 

しかし大量の紅茶を毎日飲みつけていると、健康被害の割合は増えます。

 

どうしてかというと、紅茶に多く見受けられる「シュウ酸」の影響です。

 

「シュウ酸」は、身体の内側に入ると腎臓でカルシウムと結合し結石となる特徴が存在します。

 

その結果、「尿路結石」や「腎結石」となる可能性も高いのです。

 

 

「紅茶の飲み過ぎによる頭痛や腹痛について」

紅茶の「カフェイン」を頻繁に取りすぎると「頭痛」や「腹痛」がもたらされることもあります。

 

「カフェイン」は強い生理作用が付随し、脳や筋肉を煽り立てて興奮状態を起こさせます。

 

覚醒作用や利尿作用も強く、強心剤としても使われる成分です。

 

それゆえ、大量に摂取すると頭痛を引き起こします。

 

 

「紅茶の飲み過ぎによる気持ち悪さについて」

紅茶を飲みすぎると気持ち悪くなることも考えられます。

 

それは紅茶に含まれる「タンニン」の影響の可能性が高いです。

 

「タンニン」は、お茶の渋み成分であり鉄と化合してタンニン鉄になる性質があります。

 

その結末、鉄分の吸収が妨害され「貧血」の危険性があります。

 

とりわけ女性は「生理」が伴いますので、鉄分が不足しがちです。

 

 

「紅茶の飲み過ぎによる便秘や下痢について」

紅茶は飲み過ぎると「下痢」になることもあります。

 

個人差が強いのですが、紅茶に含まれる「カフェイン」には利尿作用があります。

 

「カフェイン」は尿細管に作用し、水分の再吸収を抑制します。

 

水分の再吸収が妨げられるので、体内に水分をキープすることができなくなり「下痢」に陥ります。

 

 

「安物の紅茶は歯や骨をもろくする可能性も有ります」

低価格の紅茶ほど「フッ化物」が多く組み込まれている為です。

 

「フッ化物」は茶葉に必ず混合されている成分であり茶葉の成長に同調して増大します。

 

その結果、質が低水準で価格の安い味の濃い紅茶を用意するために採択されている古い茶葉ほど「フッ化物」の量は多く二流のティーバックにいっぱい混ぜられているのです。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です