ローズオットー精油オイルの効能!アロマ効果と使い方は?香水も人気

ローズオットーとはブルガリア原産の小さなトゲを持ち、フローラルな薔薇(バラ)に似た芳香を放つハーブでもあります。

 

また、春から秋にかけて咲かせる花は、植物療法、料理、美容も使用され、基本的にローズオットーは低温で半固形状になります。

 

他にも、ローズウッドとのよく誤認されやすく、「ゲラニオール、ネロール、リナロール」の芳香成分が包含されており、香りは似ていますが全くの別種です。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

ローズオットーの精油を利用したアロマテラピー効果

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは

「心への効果」

「憂鬱な毎日を吹き飛ばす」

ローズオットーの精油成分にはネガティブな感情をほぐし、鬱(うつ)をやわらげる効能があることから、気持ちを前向きにして元気にしてくれます。

また、ローズの精油と呼べるのはこれだけという話もあり、スキンケアに直接使用できます。

 

「不眠症を改善して良質な睡眠を」

ローズオットーの精油には「緊張やストレス」を解消し、眠りを促す効能があります。

さらに、ローズ(アブソリュード)よりも抽出量が少ないため、価格はさらに高価と言われています。

古くにヨーロッパをはじめ各地で栽培されますが「高貴なブルガリア・ダマスクローズ」が栽培されたのは17世紀です。

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは

「体への効果」

「生理不順や生理痛を改善」

ローズオットーの精油(アロマオイル)を利用した芳香浴には月経周期を正常化させることで、多くの女性に口コミで人気があります。

 

「食事の消化を促進」

消化器系を活発にする効果もあり、食前~食後にアロマテラピーとして利用することで、食欲を増進や消化の促進をサポートします。

このことから、「ローズマリー、ローズオイル、ローズウッド」の精油と頻繁に誤認されますが、ローズウッドはクスノキ科で学名「Aniba rosaeodora」なので全くの別種です。

 

「便秘解消をサポート」

ローズには、消化を促すことで便秘を解消する効果が期待できます。

このことから、精油をブレンドする際にローズマリーの精油は非常に人気で、薬効(効能)に相乗効果も期待できます。

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは

「肌への効果」

「皮膚炎や湿疹の肌トラブルを改善」

皮膚炎や湿疹などの肌に関するトラブルを改善をして治りを早める効果があると専門家に言われています。

このことから、ローズオットーの精油成分を利用した化粧水を愛用する女性もいます。

 

「加齢によって老化した肌に」

肌に潤いを与えて、「目元シワ、頬のたるみ、ほうれい線」などの老化肌もしくは劣化した肌を改善する効果があります。

このことから、中世ヨーロッパでは不老長寿の妙薬、若返りの薬として扱われていました。

 

「肌を清潔にする」

殺菌作用があることから、肌を清潔に保ちニキビや吹き出物などの症状に効果が期待できます。

この薬効から「ローズオイルやローズマリー」などの似た名前の精油と誤認されますが、全くの別種で効能も違います。

 

 

 

生活の木で販売される「ローズオットーの精油」の価格とは

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは
生活の木は、品質や香りにこだわっており、一番有名な精油(エッセンシャルアロマオイル)専門店です。

 

精油だけでなく、ハーブティーも販売されており、多くの女性に支持されているのも事実です。

 

しかし、取り扱う精油(エッセンシャルアロマオイル)が高価なため、初心者には敷居が高いとも言われています。

 

商品が届くまで、精油の香りがわからない以上なかなか簡単には手に取ることが出来ないという難点もあります。

 

生活の木で販売されている「ローズオットーの精油の価格」と詳細についてはこちらです。

 

 

ローズオットーの精油をチェック。

 

学名 Rosa damascene
科名 バラ科
原産国 ブルガリア
採取方法 花の水蒸気蒸留法
香りタイプ フローラル系
香りの特徴  深みがあり、しっかりと残る芳香でややスパイシーなローズの香りで、気持ちを優雅にする印象で、ローズウッドと近い香り
ノート ベースノート
作用まとめ 健胃、抗うつ、鎮静、収斂(収れん)、緩和、高揚、内分泌調整、殺菌
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、カモミール、ガルバナム、クラリセージ、サンダルウッド、ジャスミン、ゼラニウム、ネロリ、パチュリー、パルマローザ、ベルガモット、ラベンダー

 

 

 ローズオットーの精油(エッセンシャルアロマオイル)の使い方

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは

使い方①

「アロマテラピーとして利用」

ローズオットーの精油をアロマディフューザーに3滴~6滴程度、お好みで加えて、アロマテラピーする使い方があります。

主に、ストレス解消や憂鬱な精神を回復する効果があり、ネガティブな感情を吹き飛ばしてくれます。

使い方②

「ボディローションとしての利用」

普段から利用しているボディミストまたは精製水とローズオットーの精油を1滴~3滴ほど、手に馴染ませて体に使います。

ローズオットーの精油には「保湿効果」があり、リンパマッサージしながら体になじませることで手足の浮腫み(むくみ)対策にもなります。

使い方③

「フェイスケアとしての利用」

日頃から利用している化粧水もしくは、精製水に1滴~2滴ほどローズオットーの精油を馴染ませます。

ローズオットーの精油には、肌を潤わせて「目元のシワ、頬のタルミ、ほうれい線」を薄くする効果があります。

 

備考について

しかし、肌に使用する際は、なるべく手首などでパッチテストを行いましょう。

また、化粧水に精油を混ぜる場合は、なるべくオイルフリーなど成分が多く配合されていないシンプルな化粧水が有効です。

 

 

 

 

多くの人が利用する人気がある「ローズオットーの精油」とは

一般的にローズオットーの精油(エッセンシャルアロマオイル)はブレンドにして利用されることが多いとも言われています。

 

これはローズオットーが他の精油との相性が良いだけでなく、ブレンドに利用することで、薬効に相乗効果が生まれる専門家に推奨されるためです。

 

そして、より薬効が期待でき「美容・精神・健康」の3つをサポートして、生活に彩を与えると言われています。

 

 

 

人気がある「ローズオットーの精油」に関する口コミ
東京都_20代_女性_会社員

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは何をやっても気力がありません。

最近では、なんとなくですが、ストレスによる精神的な疲労がなくなりません。

肌の弾力が落ちていますし、肌が荒れやすい体質です。現在、顔の大きなニキビが大量にあります。

また生理が重いです。

ここ数年になって、不眠症に悩まされています。とくに、用事がある翌日だと気が落ち着かず眠れません。

でも、ローズオットーの精油に出会ってからは、少しずつすべてが解決していき、驚くことに今では何の問題もありません。

 神奈川_30代_女性_会社員

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは

仕事疲れで、いつも寝不足気味だったし、気が付いたらストレスに悩まされるようになりました。

いつもどこか体調が悪くて体が重いなんて日常茶飯事でした。

そのせいか、肌も荒れやすくなってきましたし、何よりニキビが顔中に一気に広がっていったときは愕然としました。

友人にこちらのローズオットーの精油をちょっと分けてもらったのが、きっかけでしたが、今では私が愛用者になっています。

基本はアロマテラピーに利用していますが、肌荒れにも効果的!!

なにより肌がモチモチしてきたような気がします。

 

 

 

 

上品な香り!人気のある「ローズオットー の香水」とは

英国王室に愛される天然エッセンスを使用した甘くフローラル系の上質な香り。

 

古くから伝わるレシピを再現したことで、長い年月にもわたり英国王室の愛される香りでもあることから、多くの女性や男性を魅了します。

 

爽やかなグリーンバイオレットリーフに、精油の女王ローズオットーとダマスクローズを組み合わせた、女性を連想させるようなエレガントで繊細なイギリス伝統の香り。

 

これが、ローズオットーの香りを利用した人気の香水と言われる理由です。

 

 

好評で人気のある「ローズオットー の香水」に関する口コミ
大阪府_20代_女性_学生

上品なローズの香りをほんのりと甘くしたような印象かな。

意外にも香りの持続時間は長いような気がします。

朝にプシュっと2回くらい首に吹きかけると、夕方まではふんわりと香っているような印象があります。

上品なバラの香りが楽しめるトップノート~甘い花の香りのベースノートに少しずつ香りが変化します。

男子にも好印象なようで、よく「シャンプーのような良い香りがするね」と言われることもあります。

わたしは、ローズを甘く上品にした香りの印象ですが、男性にはシャンプーの香りとかんじるのでしょうか。

東京都_20代_女性_会社員

香水も人気!「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは毎日使っても飽きませんし、印象としてはローズの香りに近いのかな?

でもローズの香りほど、おばさんのようなキツさはなくて、甘い香りも感じるので女性を連想させるような香りでした。

ローズの香りは「当たり」と「ハズレ」があり、香水によっては芳香剤やおばさんのような香りになってしまいます。

ちょっとだけ、不安でしたが、こちらは芳香剤でもなければおばさんのような匂いではなく、甘い香りが楽しめるので好印象です。

ローズオットーの香りがメインなので、周囲の友人にも評判が良いのは納得ですね。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です