ラバンジン精油オイルの効果!使い方と香りは?ラベンダーと違う?

ラバンジンは「真正ラベンダーとスパイクラベンダー」との自然交配によって生まれたヨーロッパを原産とする雑種ラベンダーです。

 

ちなみに「真生ラベンダー」の方は高地で、スパイクラベンダーは低地で自生します。

 

そして、ラバンジンはその中間地帯で広く栽培され原種よりも大きく丈夫な花をつけますが、治癒力などは弱いとも言われています。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

凄い効能が!ラバンジン精油オイルによるアロマ効果とは?

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?

「心への効果」

「疲れた心をリフレッシュ」

ラバンジンの精油(エッセンシャルオイル)には疲れた心をリフレッシュすることでメンタルケアをサポートしてくれます。

また、気持ちを明るく前向きにすることから、「憂鬱な毎日」に頭を悩ませる方に人気を集めています。

 

「寝つきの悪さを改善」

ブレンドとして楽しむ際は、ラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)との相性が良いと言われています。

現在では、ラベンダーと誤認されがちですが香り(芳香)だけでなく効能も少々異なっています。

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?

「体への効果」

「筋肉疲労や肩こり改善」

ラバンジンの精油(エッセンシャルオイル)を利用したアロマテラピーには筋肉痛、肩こりを和らげる効果があります。

日ごろから仕事や育児で肉体的に疲れている人に人気があります。

 

「喉のイガイガ、風邪の初期症状緩和」

咳や風邪などの呼吸器系の症状(トラブル)改善をサポートする効果もあるので、「風邪予防」、「喉のイガイガ、痛み」の症状に有効と口コミでも人気があります。

しかし、ラバンジンの精油は真正ラベンダーにない「カンファー」を含有しているため、芳香(香り)は少し刺激的です。

 

「浮腫み(むくみ)を解消」

薬効にはむくみ解消効果が期待でき、蒸気吸入は鼻づまりなどの症状を緩和したり、マッサージに用いることで、「浮腫み・筋肉痛・肩こり解消」に適しています。

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?

「肌への効果」

「ニキビや肌荒れを解消」

ニキビや肌荒れを解消・緩和し、また皮膚炎を改善することからあらゆる肌トラブルに関して効果が期待できます。

このことから、ラバンジンの精油は現在でも石鹸や香水の原料として頻繁に利用されます。

 

「肌を殺菌して清潔に保つ」

ラバンジンの精油には殺菌作用があり、いつで肌を清潔に保ちクリーンな状態を維持します。

ちなみに、精油の抽出量が多いことから真正ラベンダーの香りの弱さを補強するためにも利用されてきました。

 

「傷口の回復を早める」

ラバンジンの精油には、傷口を消毒する作用があり、回復をサポートする効果があります。

また、ラバンジンはヨーロッパを原産とする多年草で、ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種であり、花は主に香料としても使用されています。

 

 

 

 

どんな香りなの?ラバンジンとラベンダーの種類の違いとは?

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?
「真生ラベンダー」の方は高地で自生しているのに対し、真正ラベンダーとスパイクラベンダー」との自然交配によって生まれました。

 

一般的にラバンジンはヨーロッパを原産とする「雑種ラベンダー」とも呼ばれています。

 

香りに関しても違いがあり、ラベンダーは上品な花のフローラルな香りが楽しめます。

 

ラバンジンは少し刺激的なスパイシーな香りが広がするなど、自生している場所も違うことから香りも微妙に異なっています。

 

 

ラバンジンとラベンダーのアロマ効果の違いとは?

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?
まず真正ラベンダーの一番の特徴は、酢酸リナリルとリナロールを含有し、これがイライラやストレスなどの高ぶった精神を鎮静させ、神経のバランス作用が強く働きます。

 

一部では「癒し」の香りと言われ、神経だけでなく、炎症や火傷を起こした肌にも効果的です。

 

一方で「ラバンジン」の方は真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種でもあり、二つの性質をもち合わせています。

 

成分は雑種であるためにリナロール、酢酸リナリルが大半を占め、真正ラベンダーには含まれないカンファーとシネオールも含有。

 

リラックス効果は真正ラベンダーに劣りますが、その分気持ちを前向きにしてリフレッシュ効果があります。

 

他にも、皮膚への抗炎症効果などもあります。

 

 

知ろう!ラバンジン精油(エッセンシャルアロマオイル)の使い方

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?

使い方①:「アロマテラピー(芳香浴)への利用」

アロマディフューザーにラバンジンの精油(エッセンシャルアロマオイル)を2滴~5滴ほど、加えて芳香浴として利用します。
ラベンダーに比べるとリラックス効果は劣りますが、ラバンジンの精油にはリフレッシュ効果が期待できます。

 

使い方②:「ボディローションまたはミストに利用」

ボディローションまたはボディミストとして、ラバンジンの精油を利用することで、香りに癒されながら肌への効果が期待できます。

殺菌作用があるため、汚れた毛穴の洗浄だけなく、肌を清潔に保つ効果が期待できます。

 

使い方③:「フェイススキンケアとして利用」

お手元の化粧水もしくは精製水に1滴~3滴ほど混ぜて、ヒタヒタと肌にゆっくり浸透させていきます。

ラバンジンの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、肌を清潔にしてニキビ菌などの感染症から皮膚を守る効果があります。

 

備考について

精油を肌に利用する際は、必ずパッチテストを行いましょう。

また、化粧水に混ぜる場合は、オイルフリーで化学成分を含まない無添加の化粧水が一番です。

保湿効果が足りないと感じた場合は、グリセリンやヒアルロン酸を加えてみるのも一つの方法です。

 

 

今一番の人気な「ラバンジン精油(エッセンシャルアロマオイル)」
学名 Lavandula hybrid
科名 シソ科
原産国 フランス
採取方法 花の水蒸気蒸留法
香りタイプ フローラル系
香りの特徴 ラベンダーに似た甘美な芳香(香り)をほのかに刺激的にし、すっきりさせた印象の精油です。
ノート ミドルノート
作用まとめ 去痰、抗うつ、鎮静、殺菌、鎮痛、癒傷、抗神経障害
ブレンドにおすすめの精油  オレンジスイート、カモミール、クラリセージ、ジャスミン、ゼラニウム、ベルガモット、レモン

 

どんな香り?人気がある「ラバンジン精油」に関する口コミ

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?

神奈川_20代_女性_会社員

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?まず香りですがラベンダーに比べると

一昨年くらいから、布団に入っても全く寝付けずに朝になるなんてことも・・・・・・最悪です。

資格のテスト期間中は精神的に不安定になってしまい。なんだか精神的に落ち着かずイライラします。

あと、もともと乾燥肌ですが、拍車をかけるように肌荒れにも悩まされています。

でラバンジンは基本的にアロマテラピーに利用していますが、これらの症状が少しずつ良くなってきたのがわかります。

使用して2カ月くらいですが、キッパリと症状がなくなって来ましたよ。

 

東京都_20代_女性_会社員

ラバンジン精油オイルの効果的な使い方とラベンダーとの違いとは?今まで、仕事に出勤するたびにネガティブな感情に悩まされていたし、いつも動悸がしていました。

どんなに、疲れていても翌日の嫌な仕事に向かうと思うと、頭がさえてしまって寝つきも悪くなるし、もう最悪・・・・

そのせいでしょうか?肌もボロボロになっていきましたし、なにより眠れないと体調が悪くなることも多々あって。

友人にオススメされて少しでも前向きに生活しようと思い、ラバンジンの精油に出会いました。

始めは、あんまり効果がないかな?と思っていましたが少しずつ表れてきて、今では寝つきも良くなりましたし、気持ちが明るくなったような気さえしますね。

毎日の日課になっていますが、買ってよかったと思います。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です