香りが人気!フレンチラベンダー精油オイルの効能と活用する使い方

フレンチラベンダーの精油の原料になるはラベンダーストエカスの種で、フランスを原産とされています。

 

また、日本ではあまりなじみのない花ですが、原産国では古くから精油成分などが治療などに利用され、親しまれています。

 

葉状は細かくて針のような葉と長さ3㎝くらいの暗紫色の花が咲く、耐寒性がなく、暑さと湿気につよいのが特徴です。

 

ちなみに、ラベンダーにはたくさんの種類があり、作用も異なります。

 

 

どんな匂いなの?「フレンチラベンダーの精油」の香りとは

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方
一般的にラベンダーの香りは、上品さを連想させてくれるような花のフローラルな香りがあります。

 

香りには、ストレスやイライラなどによって、高揚した気分を鎮静させる効果があります。

 

一方で、フレンチラベンダーは「真正ラベンダー」のようなフローラルな芳香ではなく、どちらかと言うとウッディが基調のくっきりし香り(芳香)です。

 

また、ラベンダーの精油に比べてストレスを解消する効果は若干劣りますが、その分、気持ちを明るく元気にする効果が非常に高いという特徴があります。

 

 

「フレンチラベンダーの精油アロマオイル」に関する効能

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方

「心への効能」

「憂鬱な心に」

落ち込んだ心を回復させるほか、気持ちを前向きにし、明るき元気にする作用があることから、「落ち込み、憂鬱な心」などに効果的です。

しかし、少し刺激が強いので、高血圧の人、乳幼児、授乳中の使用は注意が必要で、真正ラベンダーと違う点は、毒性のあるケトン類を多く含むことです。

特に妊婦(妊娠中)はフレンチラベンダーの使用や扱いは十分に注意が必要です。

 

「気分転換やリフレッシュに」

フレンチラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)は気分が沈んだり、落ち込んだ心を回復させ、気持ちをポジティブにして気分転換またはリフレッシュする作用があります。

ちなみに、精油はフローラルとグリーン系が混ざった爽やかな香りを放つハーブがとても人気を集めています。

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方

「体への効能」

「ダイエットサポートに」

フレンチラベンダーの精油「エッセンシャルアロマオイル」には皮下脂肪を取り除き、痩身に役立つ効能があります。

このことから、ダイエットサポートやメタボリックシンドローム対策として口コミで人気を集め、芳香浴することで「気管支の痛み、鼻づまり」も緩和する作用もあります。

 

「精神的・肉体的疲労を回復」

フレンチラベンダーの精油成分には精神的な慢性疲労にも効果的で、気持ちを落ち着かせてくれます。

ちなみに、ラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)としてひとくくりにされがちですが、ラベンダーは多くの種類が存在し、フレンチラベンダーもその一つです。

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方

「肌への効能」

「湿疹や傷口の治りに」

精油成分には湿疹(しっしん)、傷の治りを促し、皮下脂肪を取り除く作用もあると言われています。

ちなみに、名前に国名がついているので、フランス産のラベンダーと誤認されがちですが、これは栽培種の発祥地を示ししているだけで、現在の種の分布とは全くの無関係です。

 

「ニキビや吹き出物に」

フレンチラベンダーの精油成分を利用した、アロマオイルマッサージやボディスプレー(ミスト)にも使われ、殺菌作用があることから、肌を清潔に保ちニキビを予防します。

また、フレンチラベンダーは別名「スパニッシュラベンダー」とも呼ばれており、ラベンダー原種と言われ、精油成分の優れた薬効は古くから治療などにも利用されています。

 

 

人気のある「フレンチラベンダーの精油アロマオイル」とは

 

学名 Lavandula stoechas
科名 シソ科
原産国 フランス
採取方法 花と葉の水蒸気蒸留法
香りタイプ フローラル系
香りの特徴 ラベンダーのフローラルな芳香ではなく、どちらかと言うとウッディが基調のくっきりし香り(芳香)です。
ノート ベースノート
作用まとめ  皮下脂肪溶解、粘液溶解、抗カタル、抗感染、抗炎症、強壮、殺菌
ブレンドにおすすめの精油 レモン、ベルガモット、コリアンダー、ゼラニウム、ローズマリー、ローズ、パルマローザ、ローズウッド

 

 

人気な「フレンチラベンダーの精油アロマオイル」に関する口コミ

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方

鳥取県_20代_女性_会社員
香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方時間に余裕がなくて、イライラすることが多くなりました。さらに、拍車をかけるように、寝付けません。会社から帰宅しても、気が休まりません。また、朝起きるとなんとなくですが、疲労感があります

喉の痛みや咳、鼻水などの風邪の症状に悩まされています。そのせいで、イライラすることも多くなりました。

でも、フレンチラベンダーの精油を使い始めてから、ちょっとずつですが症状がよくなってきたような気がします。

今、寝る前にアロマテラピーして3ヵ月くらい経過しましたが、もうすっかり上記のような悩みに頭を抱えるようなことはなくなりました。

本当に良かったと思っています。

 

鹿児島_30代_女性_会社員

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方基本的には、アロマテラピーして利用しています。

やはり、これを利用するのとしないのでは、精神状態が違い、使用しないと「なんだか、イライラする」といったわけのわからない不快な感情があります。

寝る前や出勤前にアロマテラピーしてから行くと、「なんだか、今日は気分がいいな」とか「これから良いことがありそう」などポジティブにいられます。

化粧水にも利用できるようなので、精油を1滴混ぜて試していますが、確かに顔中にニキビが著しく減りまし、肌が良い匂いに包まれてストレス解消になります。

アロマテラピーにも使っているので、どちらの効果が出ているのかわかりませんが、フレンチラベンダーの精油を利用した以外、生活は変えていません。

なので、フレンチラベンダーの精油には、ストレスを解消だけでなく、肌トラブルや体の調子を整える効果があるようですね。

 

 

「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方

香りが人気!「フレンチラベンダーの精油」の効能と活用する使い方
使い方①「アロマテラピーに」

フレンチラベンダーを活用する使い方として、アロマディフューザーに精油を3~6滴ほどお好みで加えて、芳香浴するのが一般的です。

気分の憂鬱やネガティブな感情を明るくする効果があることから、鬱病対策もしくは治療のサポートとしてアロマテラピストに注目されています。

 

 

使い方②「ボディローションとして」

お風呂上りなどに、精製水または化粧水に2滴~4滴ほど配合させ、ボディローションとして利用するのもフレンチラベンダーの精油の活用方法の一つとして挙げられています。

また、マッサージしながら塗ることで、血行を促進させて「冷え性や浮腫み(むくみ)」に効果が期待できます。

 

 

使い方③「フェイス化粧水として」

お使いの化粧水または精製水に2~3滴ほど加えることで、フレンチラベンダーの精油の香りに癒されながら、保湿効果が期待できます。

また、フレンチラベンダーの精油には、抗炎症作用と殺菌作用があることから、肌を清潔に保ちつつ、ニキビの炎症を沈める効果があります。

 

備考について

フレンチラベンダーの精油を肌に使用する際に、必ずパッチテストを行うようにし、市販の化粧水と配合する場合は、なるべく無添加に近い商品がオススメ。

精製水に配合する場合は、なるべく2週間~3週間以内に使いきるようにし、保湿が足りない場合はグリセリンまたはヒアルロン酸を加えると良いでしょう

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です