妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

セントジョンズワートは高さ1mほどに生長する多年草です。

 

夏から秋にかけて5枚の花びらと多数のオシベを持つ黄色い小さな花を咲かせるハーブで、アロマオイルはこの花と葉から採取されます。

 

セントジョンズワートの精油(エッセンシャルアロマオイル)は憂鬱改善や鎮静作用があります。

 

不眠の改善にも効果が高いとされ、セントジョンズワートの成分を凝縮したサプリメントにも利用されます。

 

 

セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果とは

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

「心への効果」

「ネガティブな感情に」

セントジョンズワートの精油(エッセンシャルアロマオイル)には憂鬱な気分を和らげる効果が非常に高いと言われています。

中世ヨーロッパでは、薬効(効能)は「魔除け、魔術、邪気、悪魔」から身を守る力が備わっているハーブとして人々に崇められ親しまれてきました。

 

「不眠症や寝つきの悪さに」

ストレスやイライラなどの高揚した気持ちを落ち着かせることで、不眠症や寝つきの悪い症状に効果があります。

また、セントジョンズワートの精油やアロマオイルは「花と葉」から水蒸気蒸留法で作られる貴重で高価なものとして扱われています。

 

「鬱病の治療サポートに」

セントジョンズワートの精油には、気持ちを安定させることから、鬱病の治療サポートにも医学界でも推奨されています。

このことから、近年ではセントジョンズワートの精油が精神治療サポートにも役立っています。

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

「体への効果」

「筋肉痛や関節痛に」

主要成分であるハイペリシンという非常に高い治療効果のある物質にも含有されています。

これには、鎮痛作用があり関節の痛みや筋肉痛などの「痛み」による症状を和らげてくれる効果があります。

 

「深刻な生理痛に」

セントジョンズワートの有効成分「ハイペリシン」には、生理痛を緩和させる効果もあります。

このことから、、古くから和名では「セイヨウオトギリソウやハイペリカムオイル、オトギリソウオイル」とも呼ばれ、日本でも親しまれてきました。

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

「肌への効果」

「肌荒れやニキビに」

セントジョンズワートの精油(エッセンシャルアロマオイル)には治癒力を上げることから、肌荒れやニキビなどの感染症にも効果的です、

また、これには切り傷や火傷などの皮膚のトラブルや損傷による治りを促します。

 

「切り傷や火傷にも」

古くからさまざまな部位の痛み止めや、火傷、切り傷などの外傷の治療薬として役立つ万能薬です、

最近では免疫力の治療薬として研究も進められる注目のハーブです。

 

「紫外線対策に」

セントジョンズワートの精油には、紫外線から肌を守る効果があり、紫外線対策として有効です。

このことから、近年では特にスキンケアを入念にしている女性に注目されている精油でもあります。

 

 

 

 

本当!?セントジョンズワート精油オイルが妊娠中は禁忌な理由

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果
精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用した、アロマテラピーの効果は「不眠症、ストレスを解消」などの精神的な疾患に効果的です。

 

これは医学的にも推奨されており、実際に「不眠症の改善」や「鬱病の治療サポート」にも利用されています。

 

しかしセントジョンズワートの精油には、子宮を収縮する作用があります。

 

なので、妊娠中にアロマテラピーとして利用することで、お腹の胎児に影響を及ぼす可能性もゼロではありません。

 

妊娠中(妊婦)は極力、セントジョンズワートの精油の利用は控えるべきであり、これが禁忌と言われている理由でもあります。

 

 

気を付けよう!セントジョンズワートの精油の注意点とは

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果
現在では、アロマテラピーだけでなく、ハーブティーとしても利用され、その効能は医学的にも証明されました。

 

現在、鬱病の対策にはセントジョンズワートの精油が実績があるといっても過言ではありません。

 

しかし、優れた効果があるからこそ薬効成分の強いハーブだということでもあります。

 

特定の医薬品と併用した場合、副作用が報告されているので、精油の過剰な利用は極力ですが、控えた方が賢明です。

 

特にハーブティーとして利用する際は、極力医薬品との併用は控えるか、利用する際は、医師に相談しましょう。

 

 

人気がある「セントジョンズワート精油オイル」とは
学名 Hyperisum perforatum
科名 オトギリソウ科
原産国 フランス、イギリス、中央アジア
採取方法 セントジョンズワートの葉と花の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 渋みのある深く落ちついた香りが、乱れた心を癒すような印象。
ノート ミドルノート
作用まとめ 鎮痛、鎮静、去痰、利尿、老廃物除去、紫外線防御
ブレンドにおすすめの精油 イランイラン、ベチバー、ゼラニウム、ローズ、レモン(檸檬)、オレンジスイート

 

人気がある「セントジョンズワート精油オイル」の口コミ

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

千葉県_40代_女性_主婦

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果夫の母親の介護に追われ、忙しい生活でイライラすることが多いです。

また、疲れてるのに寝付けず不眠症です。

肌が荒れやすい体質で、顔の7個くらい大きなニキビがあります。また生理が酷く、2日くらい痛みが続きます。

憂鬱な毎日で、何をやっても気力がありません。

最近では、なんとなくですが、精神的な疲労がなくなりません。

通院しているクリニックの先生にセントジョンズワートの精油をオススメしてもらったのが、きっかけで知りました。

試しに、利用してみると、次の日から「なんだか今日は気分がいい」と実感するようになりました。

なにより、「最近、顔色がよくなって周囲にも明るくなったね」と言われるようになりましたし、寝る前にアロマテラピーすると寝つきが良くなりますね。

 

 

東京都_20代_女性_主婦

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果きっかけは、日々の仕事で疲れてる様子の主人の為に、と購入しました。

渋みがありふんわりとスパイシーの香りなのですが、気に入って貰えたようで、2人で楽しめそうです!

このセントジョンズワートの精油でアロマテラピーすると気分が明るくなる!とかは特にないのですが、ネガティブな感情にはならないですね。

あと、夜飲むとグッスリ眠れるので、睡眠不足解消により気持ちに余裕ができてイライラすることが減ったとは感じます。

2ヶ月程続けてますが今のところ耐性ができた様子もないです。

しばらく続けようと思います。

効果があったので、心身共に疲れているお友達にプレゼントしました。

 

 

セントジョンズワート精油エッセンシャルオイルの使い方とは

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

使い方①「アロマテラピー(芳香浴)に」

セントジョンズワートの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、憂鬱な精神状態を明るく元気にする効果があります。

このことから、実際に鬱病の治療サポートにも利用されており、多くの患者さんから喜びの声が寄せられています。

 

使い方②「ボディローションやマッサージに」

セントジョンズワートの主要成分「ハイペリシン」には非常に高い治療効果のある物質として医学でも注目されています。

また、関節の痛みや生理痛などの「痛み」による症状を和らげてくれる効果があることが証明されています。

 

使い方③「スキンケアや化粧水に」

セントジョンズワートの精油には、治癒力の向上や治癒力を上げて切り傷や火傷などの皮膚のトラブルや損傷による治りを促す効果があります。

実は、古くから「痛み止めや、火傷、切り傷などの外傷の治療薬」に役立つ万能薬でもあり、免疫力の治療薬として研究も進められています。

また、治癒力を向上することでニキビなどの肌トラブルを改善する効果も期待できます。

 

備考について

精油を肌に使用する際には必ずパッチテストが必要です。

また使い方のポイントとしては、化粧水または精製水に2~5滴ほど配合させ、特に精製水を利用する際は、2週間以内に使いきるようにしましょう。

また、精製水の使用時に保湿力が足りない場合は、ヒアルロン酸やグリセリンを混ぜると効果的です。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です