女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

ラベンダーとはシソ科に属するヨーロッパ原産とする、草丈は30㎝~60㎝ほどの常緑木です。

 

可憐な花とフローラルな香りを放つことから人気のハーブでもあり、アロマテラピーだけでなく、化粧水に利用できる多様性から古くから女性に愛されています。

 

また、花は穂のように咲く紫、白、ブルーの花、葉は主に香料などに使われます。

 

一般的に、ラベンダーには豊富な種類が存在し高地で自生しているラベンダーほど香りが良いとされています。

 

 

「ラベンダーの精油オイル」の肌への優れた効果とは?

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?
ラベンダーの精油オイルには、殺菌作用があり、肌を清潔に保つことでアクネ菌ニキビ菌)の繁殖を防ぐ効果があります。

 

さらに、化粧水や精製水に数滴ほど混ぜて肌に直接使用することで、アロマテラピー以上の効果が期待できます。

 

一般的にラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、アロマテラピーとして、利用され「ストレス解消、不眠症改善」などに生活サポートに利用されます。

 

また、近年ではラベンダーの精油オイルには「慢性的な片頭痛、急性偏頭痛」などにも効果があると注目されています。

 

これらの効果がニキビの原因とも言われる、「ストレスによる内因的な要因」と「アクネ菌の繁殖を防ぐ外因的な要因」を予防し、美肌を作ることから女子にもオススメされています。

 

 

女子におすすめ!「ラベンダー精油オイル」のアロマ効果とは

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

「心への効果」

「不眠症やストレスの緩和に」

緊張やストレスを緩和し、安らかな眠りを促す効果があることから「寝つきの悪さ」や「深刻な不眠症」などの症状に有効です。

別名「真正ラベンダー」はアロマテラピーでもっとも汎用性の高い精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)の一つです。

 

「ネガティブな感情を正常に」

精油成分には、心を落ち着かせて、ネガティブな感情を正常に戻す効果がり「鬱病の治療サポート」にも利用されています。

実は、ハーブは古くから衣類(洋服)などの虫除けに、殺菌作用が傷口の消毒、手当、芳香浴などに幅広く利用されます。

 

「リラックスさせて気分のムラを解消」

ラベンダーの精油成分には、心を落ち着かせてリラックスさせる効果があり、気分のムラにも利用されています。

近年、ラベンダーの精油成分は芳香剤などに頻繁に利用され、誰からも愛されるリラックスできる定番のハーブとして女子(女性)中心に口コミでも人気です。

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

「体への効果」

「頭痛や月経痛、筋肉痛を鎮静させる」

ラベンダーの精油成分(エッセンシャルアロマオイル)には頭痛、月経痛、筋肉痛などの痛みをやわらげる鎮痛効果があります。

ちなみに、高い標準地でとれた真正ラベンダーは「ラベンダーアルパイン」と呼ばれ、より優れた効能が期待できます。

 

「冷え性や浮腫み(むくみ)の解消に」

血行を促してリンパの流れを良くする効果があることから、むくみ解消や冷え性改善にも役立ちます。

他にも、血圧や心拍を鎮める効能などもあり、ラベンダーの精油を取り入れることで、バランスを失った心身を改善し、健康な状態に戻るように働きかける効能を持ちます。

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

「肌への効果」

「ニキビや肌荒れなどの肌トラブルに」

ラベンダーの精油成分には、 殺菌作用があり肌を清潔に保つことで、「ニキビや虫刺され、水虫」などを改善することから、女子(女性)にオススメされています。

現在では、香水の原料としてだけでなく、ハーブティーにも利用される人気ハーブで、その名前の由来はラテン語の「洗う」という意味のラワーレが元です。

 

「日焼けや火傷などの炎症に」

日焼けなどの炎症や火傷を鎮める効果があり、古くからラベンダーの成分を抽出した液体は、傷口や火傷の治療に利用されてきました。

ちなみに、ラベンダーの精油成分には鎮静作用にも優れ、精神面ではリラックス効果で安眠(睡眠)を促し、心地よい眠りを誘い、ストレスによる肌荒れを防ぎます。

 

 

 

一番人気!おすすめされている「ラベンダーの精油オイル」とは

学名 Lavandula officinalis
科名 シソ科
原産国 ブルガシア、フランス、オーストラリア、イギリス
採取方法 花と葉の水蒸気蒸留法
香りタイプ フローラル系
香りの特徴 花の爽やかでやわらかい香りの中にほんのりとウッディな香りが感じられます。
ノート ミドルノート
作用まとめ 強心、血圧降下、健康回復、抗ウィルス、抗うつ、抗炎症、鎮静、鎮痛、殺菌
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、カモミール、クラリセージ、ジャスミン、ゼラニウム、レモン、ローズマリー

 

 

おすすめされている「ラベンダーの精油オイル」への口コミ

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

東京都_40代_女性_会社員

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?ここ最近になって、寝つきがとっても悪いです。

布団に入っても全く寝付けずに朝を迎えるなんてこともあり、娘がいるのですが、育児とパートを両立しているので忙しいです。

寝つきも悪いので疲れが取れませんし、更年期障害のせいもあってか?イライラすることが多いです。

また、ストレス症状による偏頭痛もあります。

でも、ラベンダーの精油オイルを利用してから、2週間くらい経過すると「なんだか、症状がよくなってきたような?」という実感がありました。

そして、1か月後には、もうすっかり症状もよくなりましたし、ニキビが減って肌の調子も絶好調です。

不眠症改善にも効果的だったので、最近はぐっすりと眠れているのがうれしいです。

 

神奈川_30代_女性_会社員

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?主人が時々眠れないようなので、アロマライトを焚いて寝るのに使用しています。

ラベンダーの精油がずっと欲しかったので、大変満足しています。

香りがまろやかで優しく、落ち着いた良い香りだと思いました。

いろいろな種類のラベンダー精油(外国産)をもっているのですが、この香りが一番好きです。

なんというか、角のない、広がりのある上品で繊細な香りというか・・。

もう一本買っておけばよかったと思いました。

わたしだけでなく、家族も香りも気に入っているようで、良かったです。

最近では、オーガニックオイルフリーの化粧水に混ぜて利用することもありますし、お風呂に入れて体のニキビ対策としても使っていますよ。

 

 

 

「ラベンダーの精油オイル」の効果的な使い方とは

 

使い方①「アロマテラピー(芳香浴)に」

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

真正ラベンダーを効果的に活用する方法、お使いのアロマディフューザーに精油を3~6滴ほどお好みで加えて、芳香浴するのが一般的。

この精油成分には日頃から蓄積したイライラした感情やストレスを抑制させて、リラックスさせる効果があり、不眠症対策としても有効です。

また、ネガティブな感情を正常にし、鬱(うつ)のような精神状態から気持ちを前向きに明るくする作用も期待できます。

 

使い方②「ボディローションとして」

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

お風呂上りなどに、精製水またはお使いの化粧水に2滴~4滴ほど馴染ませて、ボディローションとして利用する使い方があります。

これが真正ラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)に関するオススメされる活用方法の一つでもあります。

また、リンパマッサージしながら利用することで、血行を促進させる作用があり、多くの女性を悩ませる「冷え性や浮腫み(むくみ)」に効果が期待できます。

 

使い方③「フェイスケア化粧水として」

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

お使いの化粧水または精製水に2~3滴ほど加えることで、真正ラベンダーの精油の上品で繊細な香りに癒され、リラックス効果が得られます。

また、殺菌作用があることから、肌を清潔に保ちアクネ菌(ニキビ菌)の繁殖を防ぎます。

真正ラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、抗炎症作用もあることから、ニキビの炎症を沈める効果があります。

 

備考について「精油を利用する注意点」

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

真正ラベンダーの精油に限らずですが、精油を肌に使用する際に、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

また、市販の化粧水と配合する場合は、なるべく無添加に近くオイルフリーの商品がオススメ。

精製水に配合する際は、1週間~2週間以内に使いきるようにするか、無水エタノールやアルコールなどの防腐剤を加えても有効です。

保湿が足りない場合はグリセリンまたはヒアルロン酸を加えるのがオススメされています。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です