ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

古くから、ジャーマン・カモミールには抗炎症作用、抗ウィルス作用があることから、民間療法として利用されてきました。

 

その薬効の高さからメディアハーブ(薬草)ともいわれるほど、信頼されているハーブでもあり、多くの治療に役立ってきました。

 

精油成分には、「気持ちをお落ち着かせてリラックスさせる効果」があることから、不眠症やストレス解消に役立ちます。

 

これが、精油(エッセンシャルアロマオイル)が人気の理由です。

 

近年ではアロマテラピーとしてだけでなく、ハーブティーにも利用されており、生理痛や冷え性対策にも利用されています。

 

「ジャーマン・カモミール」とローマン・カモミールの違いとは?


 

ジャーマン・カモミールには、近種の植物で「ローマン・カモミール」が存在しており、どっちか迷ってしまう人も多くいると思います。

 

しかし、実はこの二つの植物の違いはほとんどありませんし、精油(エッセンシャルアロマオイル)の効果に関しても差異も少しだけです。

 

ですが、多少なりと異なる部分もあり、それは「花の形状」と「効能」に関する違いです。

 

下記にジャーマン・カモミールとローマン・カモミールの違いを紹介します。

 

 

「ジャーマン・カモミール」

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

このページで紹介する「ジャーマン・カモミール」は、ローマン・カモミールの花に比べると真ん中の黄色い部分が膨らんだ一年草です。

 

また、花の部分に香りを放ち、ハーブティーにすることで、甘いフローラルな香りが楽しめ、「リンゴの風味」という意見もあります。

 

効能には、ローマン・カモミールとほとんど変わりませんが、抗炎症作用のある有効成分「アズレン」の含有量が多いという特徴があります。

 

これが、かゆみや虫刺されなどの肌トラブルに効果的で、生理痛などにも役立つといわれています。

 

また、古くからニキビ、冷え性、PMS(月経前症候群)などの女性の悩みにも利用されてきました。

 

「ローマン・カモミール」

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

次に、ローマン・カモミールは上記で紹介したジャーマン・カモミールに比べると花が大きく、草丈の低い多年草という特徴があります。

 

リンゴのような香りと表現されるジャーマン・カモミールに比べると少しだけ渋みのある香りを放つのも特徴の一つです。

 

ジャーマン・カモミールに比べると、鎮静作用のある有効成分「エステル類」を多く含み、その香りは心身をリラックスさせて不眠に効果的です。

 

ハーブティーにすると、ジャーマンカモミールに比べて穏やかに作用するほか、糖尿病の治療に効果的です。

 

 

「ジャーマン・カモミール」の精油オイルの色とは?

ジャーマン・カモミールの精油は濃い青色です。

 

また、精油(エッセンシャルアロマオイル)だけでなくハーブティーでは非常に人気が高く、多くの女性に利用されています。

 

ローマン・カモミールと似た効能を持ち、精油の主要成分であるカマズレンは、カモミール・ジャーマンの特徴成分でもあります。

 

この有効成分「カマズレン」による薬効は抗炎症作用と抗アレルギー作用が特徴で精油の色は濃い青色をしています。

 

そして、カモミール・ジャーマンは近くに植えてある植物の病気を治す働きもあると言われ、古くから青色の精油は治療サポートにも利用されてきました。

 

ジャーマン・カモミールの精油(エッセンシャルアロマオイル)を愛用する人の口コミはこちらです。

 

 

人気のある「ジャーマン・カモミール」のハーブティーとは

このページでは、ジャーマン・カモミールの精油とおなじくらい、ハーブティーとしても人気を集めているといわれています。

 

その効能には「生理痛緩和、ニキビ防止、冷え性改善、不眠症緩和」など多くの女性が頭を抱える症状に効果的です。

 

中でも、この商品はカモミールのハーブティーをメインに他のハーブもブレンドすることで、本来持っているカモミールの優れた効能により相乗効果をもたらしています。

 

女性は男性に比べると、生理痛やPMSだけでなくストレスを感じやすい体質でもあることから、日常的な障害も多いと医学的にも言われています。

 

そこで、このハーブティーがこれらのお悩みを解消するとして、現在、多くの女子に支持されているハーブティーでもあります。

 

 

人気のあるジャーマン・カモミールのハーブティーへの口コミ

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

東京都_30代_会社員_Sさん

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い体調が悪くなり、病院にいったところ「逆流性食道炎」と診断されて、良いハーブを探していたらちょうど全部ブレンドされていたので買いましたし、不眠症対策にもなるかな~と思いました。

お茶にするとクセもなくとてもおいしくいただけました。

体がポカポカと温まるので、寝つきが良くなるという感じでしょうか?

特に夜手足が冷えて眠れない、という方には良いと思います。

わたしは、薬などはもともと処方されていないので、ほかの方に比べると症状は軽い方と思いますが・・・・

これを飲み始めて、最近はとても調子が良いのでリピートするようになりました。

神奈川_20代_会社員_Kさん

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い入眠障害の母用に2回目の購入です。

薬ではないのでハーブティーだけでは眠りにつく事は出来ないようですが、サポートにはなると思います。

入眠剤だけでは眠れない夜もこのハーブティーを飲むと気持ちが安定した状態を保つ事が出来てそのうち入眠できるようです。

ハーブティーが手元にあるという安心感がまた良いのかもしれません。

なにより、生理痛も軽くなりますし、肌が荒れなくて助かっていますよ(^^♪

しばらくお世話になりそうですし、冷え性に悩んでいる友人にもオススメしました。

 

大阪府_20代_会社員_Yさん

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違いハーブティーは初心者ですが、不眠症の母と一緒に試そうと初めて注文しました。

「商品の香りがきついかな?」と心配しましたが、お茶にしたらほのかな香りに変わり安心しました。

確かに気分が落ち着きます。ひとり分のお湯の量を180ccで入れてみました。

茶葉ひとつまみだと少々香りが薄かったので徐々に好みの量にして試していきたいですし、この身はあると思いますが、ハチミツを加えてもおいしく飲めました。

私自身、もともと不眠症気味でまずは試しで飲んだところ、しばらくして眠くなってしまいました

今度は母もこのハーブティーを気に入ってくれたようで、リピーターになると思います。

また、冷え性や生理痛などに効果があるようにも思えますね。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です