妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

一般的にローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、アロマテラピーとして利用されており、ストレス対策や不眠症改善などへの効果が期待できます。

 

また、アロマテラピーには女性の体をサポートする効果があり、「生理痛緩和、気分のムラ」などにも効果的で、人気を集めている理由の一つでもあります。

 

近年では肌の弾力をサポートすることで、「目元シワ、頬のたるみ、ほうれい線」に関する対策になります。

 

この効能が多くの女性から支持されている精油(エッセンシャルアロマオイル)でもあります。

 

他にも、この優れた効果が市販で販売されている化粧水にも配合されており、肌に優しいことから敏感肌の人でも安心して利用できるとの意見も寄せられています。

 

 

妊娠中は副作用が!?ローズ精油オイルに関する危険性とは?妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

ローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)に関する副作用ですが、いまのところ報告は一切ありません。

 

ですがローズの精油を利用したアロマテラピー(芳香浴)がいかに優れた効果があるとしても、万が一のことに備えて過剰摂取は禁物で、あくまでも用法用量は正しく守るようにしましょう。

 

また、過剰摂取をしたとしても効果が早く実感できるわけでもありませんし、効能が向上するわけでもありません。

 

ローズの精油に限らずですが、妊娠中(妊婦)はお腹にいる赤ちゃんにも、影響を及ぼしてしまう可能性もゼロではありません。

 

自分の体調と相談しながら利用することが医学的にもオススメされています。

 

少しでも体調の変化を感じたら使用料を少なくする、もしくは使用自体を控えたほうが良いでしょう。

 

 

「ローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)」の3つの使い方

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

「アロマテラピー(芳香浴)に」

ローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)を効果的に使用する方法として、アロマディフューザーに精油を4~8滴ほど加えて、芳香浴するのが一般的です。

 

精油成分には緊張や心配などの高ぶった気分を落ち着かせてリラックスさせる効果があり、生理中にありがちな気分のムラにも役立ちます。

 

このリラックス効果には「不眠症や寝つきの悪さ」などの睡眠障害にも効果があると言われ、老若男女問わず人気がある理由の一つでもあります。

 

また、ローズハーブティーとしても利用でき、アロマテラピーほどではありませんが、生理症状を緩和する効果があり、生理痛や気分のムラを落ち着かせます。

 

ローズ精油(エッセンシャルアロマオイル)の詳しい効果はこちらです。

 

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

「ボディローションや入浴に」

日頃から愛用している化粧水または精製水に2滴~4滴ほど馴染ませて、外用に使用するボディローションとして利用する方法があります。

 

ポイントとしては、毛穴が開いて肌が柔らかくなっているお風呂上がりが一番効果的で、肌への浸透率が上がり、より効果的です。

 

また、ローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)には肌の乾燥を防ぐ効果が期待でき、皮膚が乾燥しやすい冬場にオススメされている利用法でもあります。

 

近年では、お風呂に数滴垂らしている愛用者も多くおり、フローラルな花の香りに癒されながら入浴を楽しむ人もいます。

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

「自分好みの手作り化粧水に」

精油を普段から使っている化粧水または精製水に精油を2~3滴ほど加えフローラルな香りが楽しめる手作り化粧水に利用方法もあります。

 

ローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、肌の弾力を甦らせる効果があることから、「目元シワ、頬のたるみ、ほうれい線」に役立ちます。

 

また、殺菌作用があることから、普段から利用することで肌を清潔に保ちアクネ菌などの細菌の繁殖を防ぐとも言われています。

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

「精油を利用するさいの注意点とは」

ローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)に限らず、精油を直接的に肌へ使用する際に、必ずパッチテストを心掛けましょう。

 

また、精製水を利用した「手作り化粧水」には賞味期限があり、精製水が腐敗する可能性も考えて、なるべく1週間~2週間以内に使いきるようにしましょう。

 

他にも無水エタノールやアルコールなどの防腐剤を加えても有効ですが、必ず冷蔵庫などの冷暗所に保存するとの専門家にもオススメされています。

 

 

 

 

人気がある「ローズの精油」を利用したブレンド商品とは

淡く甘いローズをはじめとするフローラルな香りをメインとした人気の精油(エッセンシャルアロマオイルブレンド)。

 

そこに爽快なアオモジ(リツエアクベバ)、香りを長く保持するコパイバをブレンドしており、リラックス効果を向上させています。

 

陽の光をたくさん浴びたような健康的で元気な印象を持たしてくれる花の香りに、優雅に咲き乱れるローズをイメージしたフローラルフルーティーな香り。

 

この香りが多くの女性を虜にして、仕事や家事で疲れた体と心を休ませることでストレスを解消するブレンドレシピです。

 

ちなみに、このブレンドエッセンシャルオイルは芳香浴のみにご使用ください。

 

 

人気がある「ローズの精油」を利用したブレンド商品に関する口コミ

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

神奈川_20代_主婦_Sさん

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンドPMSが酷く、ピルや漢方薬などいろんな種類を試しましたがどれも効果がなく むしろ悪くなる一方でした。

低血糖になる症状もホルモンとは関係がないと言われていましたが こちらのアロマオイルを見て これだ!と 即購入。

毎日、寝る前にアロマテラピーし続けて10日目位に生理になりました。

でも、これのおかげなのか?いつものPMSの症状もほとんど出ず 生理痛も 普段の痛みを10とすると3程度まで軽減しました。

あと、ローズのフローラルな香りに癒されますし、なにより寝つきも良くなった気がしていますね。

 

東京都_20代_会社員_Kさん

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンドその月の出来事やストレスの具合、併用薬もあるのでどうしてもはっきりと効果があるとは言い切れないのですが、以前よりPMSとイライラが改善された気がします。

寝る前と寝起きにアロマテラピーしているのですが、バラの香りのおかげなのか?

特にどうしようもなくイライラした後、治まるのが早まりました。

不安感はかなり無くなったと思います。

効果効能ははっきりと言いにくいところがありますが、精油としては非常に効果が高いと思います。

精油は苦手な香りも多いですが、これはローズの香りがメインでどことなくフルーティーな甘さもあるので香りも良くとても利用しやすいです。

友人もPMSに悩んでいるので、プレゼントする予定です。

 

東京都_20代_会社員_Oさん

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンドこのローズのアロマオイルを使い始めてから1ヶ月。

イライラなくなりました。

子供が余りにも暴れたりすれば、イラッとはしますが、怒鳴り散らさなくなり、ホッとしています。

毎日、ストレスが溜まっていたので、酷かった頭痛、腹痛も弱まり、やり過ごせます。

ほんとにありがたいです。

最初は疑心暗鬼でしたが、香りにも癒されましたし、なにより家に帰ってくる自然と芳香浴するついでに、部屋の香りも良い匂いになりますよ(^_-)-☆

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です