ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

オレガノ(ワイルドマジョラム)は、ほのかに漂うスパイシーな香りを放ち、体に浸みるような独特の印象を与えてくれます。

 

アロマオイルの原料となるオレガノのハーブは、古くから欧米で「ワイルドマージョラム」のとも言われています。

 

現在では、オレガノは精油(エッセンシャルアロマオイル)としても人気があり、殺菌作用や抗菌作用があることからニキビ対策にも用いられています、

 

しかし、ハーブティーとして使用されている「マージョラム」とは全く異なる植物です。

 

 

ニキビに効果的なオレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは
オレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)には殺菌作用があり、これが肌を清潔にします。

 

そして常を清潔に保つことで、多くの女性や男性を悩ませているニキビや吹き出物を改善する効果があります。

 

さらに、抗菌作用もあることから、肌にニキビの原因であるアクネ菌の繁殖を防ぐことができ、より肌トラブルに役立つといわれています。

 

近年ではこの優れた美容効果が注目されており、市販の化粧水に配合されることもあります。

 

 

オレガノの精油(エッセンシャルオイル)のアロマ効果とは

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

「心への効果」

「沈んだ気分に」

気分の沈みなどの精神的に弱るときに、気持ちを前向きにして意識をはっきりさせる効果があります。

これが「嫌なことがあった日」、「イライラして寝つきが悪い夜」などに効果的です。

 

「記憶力や集中力の向上に」

精油で芳香浴すれば、頭をスッキリさせて集中力や記憶力を高める効果があります。

また、憂鬱な気分を一掃し、前向きな気持ちに切り換えることから、仕事中や勉強中、運転前などに人気があります。

 

「気持ちをリフレッシュして気分転換に」

古くからこのハーブの香りは気持ちをリフレッシュさせるとともに、幸福感を与える不思議な力が備わると言い伝えられています。

このことから、多くのアロマテラピストにも常用されています。

また、その独特な香りは、トマトなど酸味が利いた野菜と相性が非常によく、料理などでも使用され、その香りは男性用の香水にも利用されています。

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

「体への効果」

「胃痛や消化不良などの胃の不調に」

オレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)には胃痛や消化不良などの「胃の不調」を改善する効果があります。

これが「消化不良による胃痛」や「ストレスによる胃酸の過剰分泌による胃痛」など、生理的~肉体的な胃痛緩和にも役立ちます。

 

「風邪や気管支系のトラブルに」

オレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーには殺菌作用が期待できます。

これが喉の詰まりなどの風邪による気管支の疾患(咳、喉のイガイガ、ヒリヒリ)を改善する効果もあります。

 

「慢性頭痛や二日酔いの頭痛に」

古くからオレガノの薬効成分は薬草として重宝され、「消化器系、気管支系、口内、喉」の炎症に有効で、アロマ効果は高く評価されています。

近年では、オレガノの精油成分(エッセンシャルアロマオイル)には慢性的もしくは急性的な「偏頭痛」や二日酔いによる「頭痛」にも効果的と報告されました。

これが、メディカルアロマオイルとしても認知されており、医療用にも使用されることがあります。

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

「肌への効果」

「シミやそばかすにも」

顔や体の肌を殺菌し、清潔を保つだけでなく、美肌サポートがあることか「ほくろ、シミ、ソバカス」などにも効果的といわれています。

特に多くの女性を悩まされている「黒子(ほくろ)」への効果が注目されています。

オレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)の利用者からは、「精油を10日間くらい利用すると、ホクロ(ほくろ)が薄くなった」との口コミも。

 

「肌を清潔にしてニキビを予防」

オレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、殺菌作用と抗菌作用があり、肌を清潔に保ちニキビや吹き出物を改善する効果があります。

また、アクネ菌の繁殖を防ぐ効果があることから、アロマテラピーだけでなく、化粧品の成分にも配合されています。

この美容効果があることから原産国である「リビア、エジプト」などの地中海地方では、精油の大部分はフランスで生産され、人気を集めています。

 

 

 

注意点もある!オレガノの精油オイルに関する副作用とは?

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは
オレガノの精油には優れたに強い作用がありますが、優れた薬効ゆえに注意点もあります。

 

それは、妊娠中・授乳中の使用は極力ですが胎児に影響を及ぼす可能性がゼロではないので避けたほうが良いとのこと。

 

また、オレガノの精油オイルをマッサージで利用する際は、少量程度の使用が推奨されており。

 

過剰に使用してしまうと、肌がヒリヒリと感じたり炎症を起こしたりする恐れがあります。

 

徐々に肌に慣らしていく必要があり、いきなり広範囲に使わないなどの注意が必要です。

 

 

オレガノの精油(エッセンシャルアロマオイル)の使い方とは

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは
使い方①「アロマテラピー(芳香浴)に」

オレガノの精油はディフューザーに4滴~6滴ほど垂らして、アロマテラピーとして利用するのが一般的です。

しかし、妊娠中や授乳中は胎児に影響を及ぼす可能性がゼロではないので、極力控えるようにしましょう。

 

使い方②ボディミストやマッサージに

お風呂あがりなどに、精製水(180ml~500ml)とオレガノの精油(3滴~6滴)を混ぜて、ボディミストまたはボディマッサージに利用することも可能です。

殺菌作用が強いことから、ボディミストとして利用すれば体臭や腋臭対策になり、リンパマッサージに利用することで浮腫み解消にもつながります。

 

使い方③お風呂に加えて入浴にも

オレガノの精油には殺菌作用と抗菌作用があることから、精油を数的お風呂に加えて入浴するといった利用法も。

香りが楽しめるだけでなく、殺菌作用が体臭対策と風邪予防にもなると言われ、多くの愛用者に利用されています。

 

使い方④肌荒れを対策するニキビ用の化粧水に

精製水(180ml~500ml)にオレガノの精油を2滴~4滴ほど加えることで、ニキビ用の手作り化粧水として利用できます。

しかし、優れた薬効ゆえに、過剰使用は禁物で徐々に肌に馴染ませる利用法がオススメされています。

始めのうちは、極僅かな利用で、少しでも違和感がある場合は使用を控えましょう。

 

 

今、一番人気のある「オレガノの精油(エッセンシャルオイル)」
学名 Origanum vulgare
科名 シソ科
原産国 リビア、エジプト、スペイン
採取方法 花の先端部分と葉の部分の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 ほのかに刺激のあるスパイシーな香りで、花の部分というより、葉の部分から強く香る印象。
ノート  ミドルノート
作用まとめ 防虫、抗菌、保湿、収斂(しゅうれん)、抗酸化、鎮静
ブレンドにおすすめの精油 アンジェリカルート、クラリセージ、ペパーミント、マジョラムスイート、ローズマリー、グレープフルーツ

 

人気のある「オレガノの精油(エッセンシャルオイル)」への口コミ

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

東京都_30代_正社員_Kさん

家事やパートを両立しているせいか、肩が凝りやすく、ほとんど毎日のように肩こりに悩まされています。

社会人になってから、急激に偏頭痛もちになってしまい、特に緊張やストレスを感じると頭がズキズキしてしまいます。

最近では「燃え尽き症候群」になってしまい、仕事や家事に全く身が入らず、集中力も持続しません。

そこで、メディアでオレガノの精油を紹介しているのがきっかけで、アロマテラピーにはまりました。

使用してか1週間くらいで、肩こりや頭痛にも効果がありましたし、寝る前にアロマテラピーすると翌日にイライラすることもへりました。

勉強中に利用すると、気が付いたら3時間経過していた!なんてこともありますし、今度は評判のオレガノ精油を利用したニキビ用の化粧水にチャレンジしてみたいです。

 

神奈川_20代_主婦_Oさん

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とはハーブ系の爽やかな香りの中に、どことなくスパイシーな印象のある精油といった感じかな。

こちらのオレガノの精油は、けっこう少量でもかなり匂いがあるので、減るのも遅いですし、コストパフォーマンスは良いかと思います。

手作り化粧水やお風呂に入れて楽しめるので、無駄になることがないもの魅力の一つだとも思いますね。

わたしはアロマテラピーとしての利用が主ですが、オレガノの精油は殺菌作用があるのでお風呂に入れて体臭や風邪予防にも利用しています。

お恥ずかしい話ですが、これを利用していると脇汗の臭いが気にならなくなっています。

頻繁に利用するので、家にはストックしています。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です