キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方

キャロットシード(ワイルドキャロット)は古くから素晴らしい万能な薬効を持っており、多くの先住民族に利用されてきました。

 

また医薬的価値があるハーブ(メディカルアロマオイル)として重宝されているほど、薬効が信頼されている精油成分でもあります。

 

近年では、アロマテラピーとして多くの人に愛用されている、オーガニックな精油(エッセンシャルアロマオイル)が人気です。

 

また、キャロットの名が付いていますが、私たちが普段から、野菜用として食す「ニンジン」とは異なっています。

 

 

オーガニックオイルな「キャロットシード精油」のアロマ効果とは

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方

「心への効果」

「ストレス解消に」

イライラやムカつきなどによるストレスを解消する効果があると医学的にも注目されています。

特に女性であれば、生理中の気分ムラや男性であれば仕事へのストレスに効果があるとして人気です。

 

「気持ちを落ち着かせる」

キャロットシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、気持ちを落ち着かせて鎮める鎮静作用があります。

この鎮静作用が「忙しい現代社会、面倒な人間関係」によって日ごろから蓄積した精神的な疲労感を取り除く作用もあります。

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方

「体への効果」

「体の毒素を排出する」

日頃から体内に蓄積している「老廃物・毒素」の排出やデトックスをサポートします。

これが、血液の循環をサポートすることにもつながり、多くの女性が悩みを抱えている浮腫み(むくみ)を改善します。

 

「生理痛の軽減に」

キャロットシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)は「月経の周期を正常化」、「生理痛緩和」などの効果もあります。

口コミでも女性にオススメされている理由の一つです、毎日アロマテラピーする女性も増えてきました。

 

「肝機能の向上」

肝臓に関して強い解毒作用を持ち、肝炎などの肝臓疾患の治療に役立つほど、薬効が信頼されているメディカルアロマオイルでもあります。

16世紀に内臓を元気にする効果も報告され、それ以来、多くの土地で栽培され、近年ではキャロットシードは体を浄化する薬にも注目されています。

 

「がん予防や治療サポートに」

現在では、キャロットシードの精油成分やアロマオイルが癌(ガン)などの難病の患者さんに対して使用されることもあります、

このことから、治療のサポートにも役立ち、特に皮膚ガンに高い薬効効果が注目されています。

美肌サポートだけでなく、肌のトラブル症状の治療にも役立つことのできる、「美容メディカルアロマ(薬用)」としても利用されています。

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方

「肌への効果」

「目元のシワや頬のたるみに」

肌の艶と美白効果があるアンチエイジングハーブでもあり、近年ではアロマテラピーだけでなく手作り化粧水にも利用されています。

他にも、キャロットシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)の成分を利用したボディミストにも使用されています。

これらには老化防止(アンチエイジング効果)が期待できると言われ、「目元のシワ、頬のタルミ、ほうれい線」などのお悩みの人をサポートします。

 

「加齢によるほうれい線に」

加齢とともに増えていく、女性の頭を悩ませる「しみ、シワ、ほうれい線」を予防または改善する効果があります。

このことから、キャロットシードのオーガニック精油(エッセンシャルアロマオイル)は10代、20代のような肌に若返らせる効能があります。

 

 

 

人気のオーガニックオイルな「キャロットシードの精油オイル」とは

学名 Daucus carota
科名 セリ科
原産国 フランス
採取方法 種子(シード)の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 土っぽくウッディーで、かすかに食用として用いられる「ニンジン」のような甘い香りを放つ、独特な印象を受けます。
ノート ミドル~ベースノート
作用まとめ 皮膚細胞再生、抗貧血、抗炎症、抗菌、抗感染、精神・神経強壮、女性ホルモン様
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、ジュニパーベリー、ネロリ、バーベナ、プチグレイン、ベルガモット、メリッサ、ライム、ラベンダー、レモン、ローズマリー

 

 

こんな感想が「キャロットシード精油オイル」のへ口コミ

神奈川_30代_主婦_Kさん

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方いつもネガティブな感情になってしまい、嫌のことを連想してしまいます。

朝目覚ましで起こされていますが倦怠感があり、毎日が憂鬱ですし、仕事に対する意欲も湧きません。

家で勉強していると、イライラしてしまい、気持ちを落ち着かせることができないだけでなく、リラックスして勉強したいです。

TV番組で紹介されているのをきっかけに、キャロットシードのオーガニックアロマオイルを知りました。

毎日、アロマテラピーしていますが、「お菓子のニンジン」といった子供が好きそうな印象かな。

始めは半信半疑でしたが、使用していると少しずつ症状が良くなってきましたし、今では嘘のようにピタっとイライラすることもありません。

本当に出会ってよかったです。

 

神奈川_20代_会社員_Hさん

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方評判が良いので、購入してみましたが、小さな子が好きそうな甘い香りで、アメリカのお菓子のよう感じですね。

仕事や家事でのイライラに悩まされていて、いつも気持ちが不安定になっていましたが、それもなくなりました。

今は、お風呂に入れたり、手作り化粧水に利用していますが、おかげさまで肌がプルルルン♪といった印象です。

友人にも、「最近、なんか若返った?化粧水何使ってるの!?」と言ってくるようになってうれしいです。

何だか、自分に自信がついてきましたし、いろんな使い方ができるので、無駄になりませんね。

 

 

 

オーガニックオイルの「キャロットシード精油」の効果的な使い方

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方
使い方①:「アロマテラピー(芳香浴)に」

ットシードの精油は自宅のディフューザーに4滴~6滴ほど垂らして、芳香浴として利用するのが一般的で、多くの人が利用しています。

日頃のストレスに大切をつける効果があり、仕事や家事に疲れている体を休ませます。

 

使い方②:「ボディミストやマッサージに」

お風呂あがりなどに、精製水(180ml~500ml)とキャロットシードの精油(2滴~5滴)を加えて、ボディミストもしくはボディマッサージに利用します。

抗菌作用が強いことから、ボディミストに使用することで肌を清潔にして、胸元や背中のニキビなどの肌トラブルを解消します。

 

使い方③:「お風呂に加えて入浴にも」

キャロットシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)には抗菌作用があり、精油を数的お風呂に加える入浴法もあります。

抗菌作用があることで、肌トラブルだけでなく風邪やインフルエンザなどの風邪予防として利用する人もいます。

 

使い方④:「アンチエイジング化粧水に」

キャロットシードの精油成分には、肌にハリを取り戻す効果があり、「頬のたるみ・目元シワ・ほうれい線」などの老化肌を改善する効果があります。

精製水(180ml~500ml)にキャロットシードの精油を3滴~6滴ほど加え、ニキビ用の手作り化粧水として利用できます。

しかし、肌に使用する際のポイントとして、始めは少量だけ利用して肌に慣れさせていき、少しでも違和感を感じたら控えるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です