優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

草原にいるようなハーブ調の香り(芳香)で、ディルはインドを原産とし、このハーブは1年で小さい黄色の花が咲き、濃い緑色をした葉根のような形の葉をしています。

 

小型の偏平な果実からとれる種子がディルの精油(エッセシャルアロマオイル)の原料となります。

 

ちなみに、パラソルのような小花が可愛いディルの種子からとれる精油です。

 

近年では優れた効能と言われている注目の精油の一つでもあります。

 

そのディルシード精油(アロマオイル)の成分効果として集中力アップ」・「記憶力向上」する薬効があります。

 

 

「ディルシード精油アロマオイル」成分効果(効能)とは?

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

「心への効能」

「意識の中をクリアに」

意識の中をクリアにして頭脳を明晰にさせることから、この植物はギリシャ人とローマ人に広く使われています。

ローマ人は「アネトン」と呼び、今の学術名がつけられているほど効能が信頼されています。

 

「記憶力を向上する」

記憶力を向上する効果があり、勉強中や仕事中など集中力が必要な場面に利用されます。

近年では、ディルの精油成分(エッセンシャルアロマオイル)に脳の機能を覚醒する作用があることが報告されています。

そのため、子供の受験勉強や試験対策にも取り入れる愛用者もおり、口コミレビューでも評判です。

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

 「体への効能」

「便秘の解消に」ディルの精油成分(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーには便秘の症状をやわらげる効果があります。

このことから、便秘解消アロマオイルとして女性の口コミを中心に人気があります。

ディルの精油成分(エッセンシャルアロマオイル)は、今でこそ「便秘解消、口臭予防」などに利用されますが、古くから薬用としても利用される汎用性のある精油です。

 

「気になる口臭対策に」

口臭予防にも効果的なことから、日頃から「便秘症状、エチケット対策」にも利用されています。

ちなみに、ディルという名前は古いアングロサクソン語の「ディレ」、「ディラ」からきた言葉です。

これが中世になって「ディル(鎮める、緩和する)」の意味に変わりました。

 

「頭痛の緩和に」

ディルの精油(エッセンシャルアロマオイル)の成分には、「頭痛・偏頭痛」に効果的と言われています。

実は、およそ5000年前のエジプトではディルとコリアンダー、ブリオニアと混ぜて頭痛を和らげているのに使用しました。

さらに、812年、西ローマ帝国の皇帝シャルルマーニュはディルを積極的に栽培するような領地に命令を出したと言われています。

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

 「肌への効能」

「ストレス症状によるニキビに」ディルの精油成分には「緊張、イライラ、心配、気分のムラ」などの高揚した精神を鎮静させるメンタルケアにも役立ちます。

この成分による効果がストレス症による悪影響を和らげてくれます。

ストレス症状が原因の肌荒れトラブル(ニキビ、吹き出物など)の症状を緩和します。

 

「アンチエイジング効果も」

一般的にメンタルケアや健康サポートに利用される精油成分(エッセンシャルアロマオイル)のです。

しかし、肌荒れやアンチエイジングなどの美容効果もあることから、女性を中心に人気を集めているアロマオイルの一つです。

現在では、ディルの精油(エッセンシャルアロマオイル)としてだけでなく、「魚料理、パン、スープ、ソース、キュウリのピクルス」などによく使用されています。

 

 

 

アロマテラピーに利用しよう!ディルシード精油成分の香りとは?

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

一般的に草のような爽やかさを感じられるハーブの香りで、ストレス解消する精油(エッセンシャルアロマオイル)と言われています。

 

比較的に香りが馴染みやすいことから、初心者にも利用されており精油成分の一つでもあります。

 

またブレンドに利用する際は、オレンジスイートやローズマリーなどの「ハーブ系」と「柑橘系」の精油成分との相性が良いと人気です。

 

中でもローズマリーとブレンドすることで、より集中力や記憶力アップに効果的と知られています。

 

オレンジスイートとブレンドする際は、イライラやストレスの解消に効果的ですが、シングルでも十分楽しめる精油と人気です。

 

 

 

6歳以下の子供へのディル精油オイルの使用は注意が必要とは?

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

一般的に精油成分(エッセンシャルアロマオイル)は、民間療法として使用されており、医学的にも信頼されています。

 

しかし、一方でディルの精油成分は薬効が強いと言われており、アロマテラピーとして利用する際は注意が必要な場合もあります。

 

もちろん基本的には安全でありアロマテラピーとして利用する際には、何も問題ありません。

 

ですが体が成熟していない6歳以下の子供へのディル精油オイルの使用は注意が必要と言われています。

 

6歳以下の子供(幼児)への使用は注意しましょう。

 

 

人気のある「ディルシード精油(エッセンシャルアロマオイル)」
学名 Anethum graveolens
科名 セリ科
原産国 地中海地方、ヨーロッパ、黒海地方
採取方法 種子の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 草のような爽やかさを感じられるハーブの香りで、ストレス解消する精油です。
ノート トップノート~ミドルノート
作用まとめ 駆風、催淫、催乳、殺菌、消化促進、鎮静、発汗、分娩促進
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、コリアンダー、サイプレス、ゼラニウム、プチグレン、ベルガモット、マートル、マンダリン、ローズマリー

 

 

 

人気のある「ディルシード精油オイル」への口コミとは?

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

神奈川_20代_正社員_Sさん

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?ストレスがたまりやすく、特に自宅でレポートを作成しているときにイライラしてきます。

また4か月前から、急激に口周りを中心にニキビができやすくなりましたし、ストレスで胃も悪くなっています。

寝起きの口臭が自分でもわかるくらい臭うので気になってしまいますし、お通じもここ何日か来ていません。

そこで、ディルの精油を利用してからは少しずつですが、症状が改善されてきましたね。

でも、本当に気がついたら「イライラしなくなって、肌がきれいになってるなかも?」程度なので即効性はないようにも感じます。

サプリメントは私には合わなかったので、アロマテラピーして効果があるのはありがたいのですね。

 

千葉県_30代_主婦_Kさん

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?爽やかな香りのなかに、どことなくフルーティーさとスパイシーな香りがあるようにも感じますね。

なんとなくですが、男性の香水を利用しているような印象で、わたしはけっこう好きな香りですね。

わたしは夜にアロマテラピーしながら寝ていますが、お陰様で寝つきが良くなっていますし、目覚めスッキリですね。

最近になって体調が良くなってきたので、いかに睡眠不足とストレスが体に悪いかがわかりました。

あと寝起きの口臭が軽減されている気がしますし、家にいるときはできるだけ利用するようにしたいですね。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です