パセリシード精油オイルのアロマ効果!パセリ種子油との違いは?

パセリシード(オランダミツバ)は地中海地方を原産とするセリ科の2年草です

 

近年では、ほとんどの大陸で自生しているほどメジャーになり、中でもフランスで大量生産されます。

 

古くにローマ人は、不妊の原因になるハーブと信じていた逸話を持っているハーブでもあります。

 

妊婦にパセリシードが敬遠されるだけでなく、パセリを食すと生まれてくる子供が病弱になるという迷信がありますが、医学的な根拠はありません。

 

近年では、パセリシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマレシピもしくはアロマテラピーにも利用されています。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

凄い効能!「パセリシード精油オイル」のアロマ効果とは?

パセリシード精油オイルのアロマ効果とパセリ種子油との違い

「心への効果」

「不眠症改善に」

「緊張やイライラ」の高ぶった神経を鎮める効果があり、不眠症を改善することで、鬱病の対策にもつながります。

このことから、アロマテラピーとして利用するのが効果的で、日常的に使用するのはオススメされています。

 

「生理中の気分のムラに」

パセリシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーには「生理中~生理前」などによる気分のムラに効果的と言われています。

また、緊張や心配などによる精神的な疲労を取り除くのに役立つことから、日常的な芳香浴がオススメされています。

 

「運気の浄化作用に」

浄化作用が非常に高く、古くからココロとカラダをともに清める力をもつとされているハーブもあります。

ヨーロッパの伝説では、パセリが魔法と結びつき、移植すれば不幸が訪れると言われていました。

しかし16世紀ごろになると、それらの迷信も薄くなり、非常にポピュラーになりました。

「体への効果」
「生理痛や生理不順の緩和に」

「生理痛、不順」などを正常化させることによって女性の体を優しくサポートする効果があります。

一般的にパセリシードの精油はアロマテラピーだけでなく、料理のスパイス(調味料)に利用されています。

 

「筋肉痛や関節痛に」

パセリシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーには関節痛や筋肉痛を和らげる鎮痛効果もあります。

さらに、ビタミン類などの栄養成分が豊富に含まれる健康ハーブとして様々な国で使用されています。

パセリシード精油オイルのアロマ効果とパセリ種子油との違い

「肌への効果」

「薄毛予防や治療サポートに」

外傷と打ち身の治りを促し、さらには頭皮と毛髪の成長を促す効果も期待できます。

薄毛予防や育毛促進など髪の毛に関するトラブル症状に有効だといわれています。

現在では、シャンプーや乳液にも配合されることがあります。

 

「泌尿器系の対策に」

古くにエジプト人は泌尿器系の障害を治す薬草に利用し、ギリシャ人はハーブを「名誉と喜びの象徴」として崇めました。

現在では、パセリシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用した料理やハーブティーにも幅広く利用されています。

 

 

気になる!パセリシードと「パセリ種子油」との違いとは?

パセリシード精油オイルのアロマ効果とパセリ種子油との違い

パセリシードの精油に関する情報を検索すると「パセリ種子油」という言葉が出てきますが、この二つに違いはあるのでしょうか?

 

この違いについては、疑問に思う人もいますが、実は「パセリ種子油」はパセリの精油のことをさしています。

 

つまり「パセリシードの精油」と「パセリ種子油」に関する違いはほとんどありません。

 

ちなみに、パセリシードオイルは口臭予防にも効果的と言われており、エチケット対策としても注目されています。

 

 

今、人気のある「パセリシードの精油オイル」とは?

学名 Petroselinum sativum
科名 セリ科
原産国 フランス、ハンガリー
採取方法 パセリシードの水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 深い森を思わせるような、森林と草の風味を漂わせてくれる香りで、その中に温かみを感じる印象
ノート ミドルノート
作用まとめ 緩下、去痰、駆風、解熱、催淫、消化促進、浄血、殺菌、鎮静、通経、利尿抗菌、感染症予防
ブレンドにおすすめの精油 オレンジスイート、マジョラムスイート、マンダリン、ライム、ラベンダー、ローズマリー

 

 

体験談も知っておこう!「パセリシードの精油オイル」の口コミとは

パセリシード精油オイルのアロマ効果とパセリ種子油との違い

東京都_20代_会社員_Kさん

パセリシード精油オイルのアロマ効果とパセリ種子油との違い毎日のストレスから逃げたいと思っていますし、いつも仕事で帰ってくると、疲労感がたまっているので。

最近、疲れが溜まっているだけでなく、運気がわるいのか?

嫌なことが頻繁に起こっています。

肩こりや筋肉痛がひどく、なにをやってもうまくいかない日々を送っていますし、また軽度の不眠症なので眠りも浅いです。

現在、購入してから1ヶ月くらいで毎日、寝る前にアロマテラピーにして利用していますが、少しずつ体調が良くなってきました。

あと、心なしか寝つきが良くなってきているような気がするので、とってもありがたいですね。

香りは想像以上に「葉っぱ」のような爽やかな香りでした。

千葉県_30代_会社員_Sさん

パセリシード精油オイルのアロマ効果とパセリ種子油との違いパセリシードの精油を利用したときは、始めはどんな香りが楽しめる精油なんだろう?

部屋が調味料のような匂いが充満して嫌だな~なんて思っていましたね。

と思っていましたが、思いのほかにハーブっぽい香りで、ほんのりとスパイシーな香りが漂いますね。

けっこう、他の精油とのブレンドと相性が良くて、中でもローズマリーと組み合わせてもまた楽しめますね。

効果に関しては、生理症状が軽くなってきたような気がしますし、なんだか生理症状自体も症状が良くなってきているような印象。

あと、イライラしなくなったような気がしますし、精神的に不安定なこともなくなりましたね。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です