安全な精油の使い方はこれ!アロマ?スプレー?マッサージ?

アロマオイルは多種類の芳香成分を含んだ揮発性の高い物質で、1つの精油には10~100もの芳香成分が含まれています。

 

この10~100種類もの芳香成分が身体に働きかけ、体調不良を改善すると医学的にも報告されています。

 

また精油成分にはアロマテラピー効果(自然治療)によるメンタルケア効果が高いだけでなく、医薬品と違い副作用による危険性が少ないため、安全な使い方ができます。

 

危険なくアロマを楽しむために、こちらの人気のある本にオススメされる安全な精油の使い方が詳しく紹介されています。

イライラやストレス症状の場合は、気分を落ち着かせリラックスまたはリフレッシュさせれる効果もあり、多くの人が安全に精油を楽しんでいます。

 

基本的な精油(エッセンシャルオイル)の知識を身に着けることで、危険がなく安全にアロマを楽しまますし、より知識を深めることができます。

 

 

危険なく楽しもう!安全な精油の使い方には4つの方法がオススメ

安全な精油の使い方はこれがオススメ!危険なくアロマを楽しむ方法

「加湿器を利用して部屋でアロマテラピー」

これが一番、一般的な精油(エッセンシャルアロマオイル)の使い方と言われており、多くの愛用者が実践している方法です。

 

まずこのような「アロマディフューザー(加湿器)」と好きな香りの精油を用意します。

アロマディフューザー(加湿器)に水を加えた後に、精油を数滴垂らしたら出来上がりで、比較的初心者にもオススメされている精油の使い方です。

 

精油の香りが部屋中に広がり、香りだけなく、精油成分には「イライラした気持ちを落ち着かせてストレスを解消」などに役立ちます。

 

また、不眠症などに利用する人も多くいます。

 

 

「髪に潤いと香りを馴染ませる精油のヘアスプレーに」 

精製水に精油(エッセンシャルアロマオイル)を混ぜて、ヘアスプレーとして利用している女性も多くいます。

 

精油によって効果は異なりますが、基本的に髪に潤いを与えて、香りを浸み込ませて女子力をアップさせます。

 

特にバラやラベンダーなどのフローラル系の精油を利用している女性が多く、日中はアロマの香りに癒されます。

 

ですが、柑橘系などは光毒性があるだけでなく、ベタベタする可能性があるので、フローラル系の香りがオススメされています。

 

 

:「精油をミスト状にして玄関を良い香りに」

精油(エッセンシャルアロマオイル)と精製水に混ぜて、玄関にミスト状にして振りまくという使い方もあります。

 

基本的にヘアスプレーとしての使い方と同じです。

 

しかし、ヘアスプレーよりも入れ物に精油を加える濃度を高くする必要がありますが、これも安全な精油の使い方としてオススメされています。

 

ちなみに玄関に利用する際は、殺菌作用の強いハーブ系のアロマオイルを使い清潔にすることで、運気を向上する作用があります。

 

 

:「エッセンシャルオイルをマッサージに」

肌トラブルに悩まされる多くの女性に利用している精油(エッセンシャルアロマオイル)の使い方の一つでもあります。

 

一般的に「ボディ用の化粧水」や「精製水」に精油を加えて、ボディマッサージを行うという手法です。

 

マッサージによって血行が促されるだけでなく、精油によって相乗効果が生まれ、より「浮腫み(むくみ)」の解消に効果があります。

 

また、精油によって殺菌作用や保湿作用があるため「ニキビや吹き出物」にも効果が期待できます。

 

 

初心者にオススメ!安全に精油を使ってアロマテラピーを楽しむ方法

「まずは3つのポイントを抑えましょう」
「同様の香りを1週間以上嗅がないようにブレンドパーセンテージをチェンジしてみることをお勧めします。」

 

「長時間に及ぶ吸入や、喘息など咳が出るケースになると吸入法は控えて下さい。」

 

「芳香浴は通常の流れですが、3歳未満の乳幼児には利用することができない精油が見られます。」

 

 

「アロマディフューザー」

空気中に広めた精油の香りを鼻から取り入れる方法で、これが最も一般的なアロマテラピーを活用法です。

 

水と精油を入れると、霧とともに芳香成分が空気中に広がる電気式の芳香マシーンです。

 

芳香成分とともにただようミストがリラックスできて、肌にモイスチャーを与えてリラックス効果をアップさせくれます。

 

部屋の乾きを防止しながらアロマも堪能できますが、アロマの使えないものも存在しますので留意事項を目を通されてくださいね。

 

息抜きをしたいときにはグレープフルーツ・スィートオレンジ・フランキンセンス・レモングラスなど楽しみましょう。

 

精油の香りの微粒子を空気中に広まりますが、電気式なので火の心配も不要で拡散力が強いのが持ち味になるでしょう。

 

精油を温めずにミクロの霧状にして浸透させるので精油本来の性質を損なわずに香りを堪能できますよ。

 

少し広いお部屋にも効果を発揮してくれますよ!

 

ヒステリックなときなどにはサンダルウッド・ラベンダー・カモミール・レモン・ゼラニウムなど使用してみると良いでしょう。

 

 

「オイルウォーマー」

キャンドルの熱で精油を温めて香りを拡散させます。

 

受け皿に水かお湯を7~8分目まで入れ、精油を4~5滴落とし、それからキャンドルに火を灯します。

 

キャンドルの火がゆらゆら揺れて、心優しい灯火が心を癒してくれますよ。

 

しかし、空焚きしないよう、寝ている間や、外に出掛ける時は消すことを忘れることがないように。

 

ペットや幼い子供さんなどがひっかけないように、留意しないといけないことが多く見られます。

 

また、キャンドルは、アロマキャンドル専用のもので、無煙、無臭のものを採用します。

 

艶っぽい気分でいたいときにはマンダリン・イランイラン・サンダルウッド・ジャスミン・ネロリなどをトライしてみてはどうでしょうか。

 

 

「アロマランプ」

電球の熱で精油を温めて香りを行きわたらせる方法で、受け皿に精油を4~5滴落とします。

 

器具によってはお湯か水を入れてから精油をいれます。

 

精油がすっからかんになればそのままルームライトとして活用できるので、安全で重宝しますよ。

 

コードをひっかけないように気をつけてね。

 

 

「ハンカチ・ティッシュペーパー・コットン」

ハンカチ・ティッシュペーパー・コットンなんていうのに精油を1~2滴落とし、鼻に近づけて吸入し、香りを満喫します。

 

直接肌に触れないようにお気を付けくださいね。

 

シミになるケースがありますので、ハンカチを使う場合は注意しが必要です。

 

枕元に置いたり、花粉症や風邪症候群気味の場合は、マスクの皮膚につかないゾーンに1滴落とすと、鼻水やくしゃみが緩和されます。

 

鼻水やクシャミに「ユーカリやペパーミント」が効果を見せてくれます。

 

なかなか眠りに入れない時には「ラベンダー・ローズゼラニウム・ベンゾインなど」

 

 

「マグカップ」

マグカップに熱気を帯びたお湯をいれて、精油を1~2滴落とします。

 

水蒸気とともに芳香成分が広がっていきます。

 

お湯を足しながらエッセンシャルオイルを楽しめますし、誤認識して飲まないように、アロマ専用耐熱容器にすると良いですね。

 

眠気覚まし・集中する力に「ペパーミント・レモン・ローズマリー他」刺激があるので目をつぶって香りを嗅いでください。

 

もう少しの間取り組みたい時や、受験勉強のときは一役買います。

 

ちなみに、レモンは集中力、ローズマリーは記憶力向上に抜きん出ており、ローズマリーは、化粧品にもよく活用されており、若返りのハーブとして注目を集めています。

 

香りが苦手な方は、他の精油(エッセンシャルアロマオイル)と組み合わせると良いです。

 

 

精油を芳香浴に使えば鼻から神経系へ脳内につなぐ医薬的な効果も!

安全な精油の使い方はこれがオススメ!危険なくアロマを楽しむ方法

基本的な精油成分の伝わり方として鼻が一番の精油成分を取り込む経路であり、呼吸によって体内に浸透します。

 

一般的には安全な利用方法として、精油(エッセンシャルオイル)を芳香浴に使うのがオススメされています。

 

精油成分は鼻腔の内側の奥にある嗅上皮にある嗅毛に取り込まれ、これが芳香だと身体が感知することによって情報を電気信号に置き換えて脳に伝わります。

 

そして「ストレス解消、リラックス効果、リフレッシュ効果」などの乱れた精神を落ち着かせる効果に繋がっていきます。

 

また比較的に副作用の危険もなく安全な精油の使い方として、一番オススメされている手法でもあります。

 

 

安全にリラックス効果が期待できるオススメの精油の使い方とは?

安全な精油の使い方はこれがオススメ!危険なくアロマを楽しむ方法

アロマディフューザーを利用した芳香浴は、安全にリラックス効果が期待できるオススメの精油の使い方として知られています。

 

精油の気分をリラックスさせる効果は医学にも報告されており、それを最も効率よく得る方法としてアロマテラピーとしての使い方が推奨されています。

 

もともと人間の感情の起伏に深く関係している大脳辺緑系、そして記憶に関わる「海馬、視床下部」に伝わります。

 

これらに信号が伝わると、自立神経やホルモン、免疫の働きを調整する効果があります。

 

精油成分が脳内に働きかけ、精神に影響を与えてイライラやストレスなどの高揚した精神をサポートしてくれます。

 

これが精油(エッセンシャルアロマオイル)が心をリラックスさせると言われ、アロマテラピーに使われるメカニズムです。

 

 

虫除け(蚊やゴキブリなど)にもなる!精油を使う魅力とは?

安全な精油の使い方はこれがオススメ!危険なくアロマを楽しむ方法

おしゃれなイメージがあるのがアロマテラピーですが、使い方によってはゴキブリやハエなどの虫除け対策にもあることはご存知でしょうか?

 

実は「アロマテラピー・アロマミスト(霧吹き)」には香りを安全に楽しむための方法だけでなく、れっきとした自然のチカラが作用する治療法の一種なのです。

 

精油(エッセンシャルアロマオイル)の芳香は蚊やゴキブリなどが嫌う香りでもあり、虫除けとしても利用されます。

 

もちろん危険もないことから、オススメされている安全な精油の使い方として推奨されている方法でもあります。

 

中でもレモングラスやペパーミントの精油が人気を集めており、夏場の蚊やハエ対策として利用している人も多くいます。

 

 

本当に安全!?皮膚から血管に入り全身に浸透させる精油の使い方

安全な精油の使い方はこれがオススメ!危険なくアロマを楽しむ方法

「お風呂」に精油を入れることで大量の湯(水)で薄められた、芳香成分が肌に触れられます。

 

精油(エッセンシャルオイル)を肌に塗ることで、芳香成分が皮膚から吸収され、そして血管を通して全身に働きかけます。

 

皮膚(皮膚組織)には表面を覆う表皮と、その下にある真皮の間には保護膜があり、紫外線などから皮膚を守る働きがあります。

 

また一般的に通販で購入される精油「エッセンシャルアロマオイル」はアロマディフュザーによって蒸気化され芳香浴として利用されます。

 

これによって精油成分が呼吸と一緒に鼻や口から喉を通り、気管や気管支、肺へと入っていきます。

 

肺に入った精油成分は、肺の粘膜から血管を通って体内に吸収され、血液中を循環し各内臓器官の働きをサポートしてくれます。

 

しかし、中には刺激の強い精油もあるので、お風呂での直接肌に使う方法は、100%危険もなく安全とも言い切れないです。

 

自分にとって安全なのか?危険なのか?確かめるために、使用前に必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です