ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

 

ペパーミントはヨーロッパを原産とする多年草です。

 

同じミントの仲間であるスペアミントやウォーターミントの交雑種であり、自生環境としては湿り気のある気候や土壌を好みます。

 

芳香成分は、爽やかなミント特有の清潔感を放つ香りが人気のハーブです。

 

近年では「口臭対策ガム、歯磨き粉、マウスウォッシュ、芳香剤」など多くのメーカーによって精油成分が利用されています。

 

そして、精油(エッセンシャルアロマオイル)には怒りやイライラによる脳の興奮や疲労した心を鎮めます。

 

そこで、このページで紹介するのはこちらの精油(エッセンシャルアロマオイル)です。

 

 

ペパーミント精油(エッセンシャルアロマオイル)の効能とは?

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

「心への効能」

「イライラした神経を緩和」

ペパーミント精油(エッセンシャルアロマオイル)には、怒りやイライラによる脳の興奮や疲労した心を鎮める効果があります。

「心配、ストレス、生理中の気分のムラ」などの精神的な疾患の症状改善にも役立ちます。

現在では「飴やチューインガム、歯みがき粉」まで香料が利用され、口を爽やかにするハーブの代表です。

実は、古くにクレオパトラがいた時代から薬効は広く認知されました。

 

「集中力や記憶力の向上に」

脳を刺激して意識をクリアにしリフレッシュすることで「勉強中や事務作業、運転前」などの集中力を必要とするときに効果的です。

このことから、ペパーミントの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用したアロマテラピーが口コミでオススメされています。

もともとペパーミントはヘブライ人が香料の成分に使用しており、中でも催淫作用(効果)が優れ非常に重宝されました。

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

「体への効能」

「便秘や吐き気などに」

「下痢、便秘、吐き気、乗り物酔い」の症状をやわらげてくれる効果が期待できます。

一般的に、ペパーミントはハーブティーとして人気を集めていますが、自然療法(芳香浴)が女性を中心に認知されてます。

現在では、精油も同じくらい人気なとも言われています。

 

「偏頭痛など痛みを緩和」

ペパーミント精油(エッセンシャルアロマオイル)には、呼吸器系の痛み、頭痛(偏頭痛、慢性頭痛)、歯痛、筋肉痛も緩和する効果があります。

ミントの仲間はすっきりとした香り(芳香)で古くから親しまれたと伝記に記されており、古代エジプト、ギリシャ、ローマで使用されました。

 

「風邪やインフルエンザの予防に」

ペパーミント精油成分には、強い殺菌作用があることから風邪やインフルエンザなどの感染症対策に役立つと言われています。

特に風邪をひきやすい冬場などに利用することで、体調不良に悩まされることなく、健康的な生活が送れると口コミでも人気です。

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

「肌への効能」

「ニキビや肌トラブルにも」

ペパーミントのアロマオイル、精油(エッセンシャルオイル)には殺菌作用があります。

このことから、アロマテラピーだけでなくお風呂に数滴加えて入浴することで肌を清潔に保ち「ニキビ、日焼けの炎症」を鎮め、肌のかゆみも抑えます。

今では、女性の口コミレビューを中心に手作り化粧水としても利用され始めており、美容(美肌)効果にも注目が集まっています。

 

「肌のかぶれや湿疹にも」

このペパーミントの精油(エッセンシャルアロマオイル)には刺激を与える効能があります。

このことから、手足の痺れや眩暈(めまい)、貧血症、肌の湿疹に効果があり、心臓と心を強壮します。

また、冷却作用と痛みをやわらげる効能もあるので「偏頭痛、慢性頭痛や歯痛、筋肉痛」鎮めます。

これらの高い効能から古くから重宝され、中でもイギリス産のペパーミントは最上と言われます。

 

 

人気のあるペパーミント精油オイルとは!?

学名 Mentha piperita
科名 シソ科
原産国 イギリス、インド、フランス、アメリカ
採取方法 全草の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 スーッとしたメントールの香りで、気分転換に最適な印象を与えます。
ノート トップノート
作用まとめ 強心、去痰、血管収縮、冷却、解熱、健胃、抗炎症、頭脳明晰化、鎮痛、通経、発汗、収斂(収れん)、殺菌
ブレンドにおすすめの精油 サイプレス、シダーウッド、ニアウリ、パインニードル、マンダリン、ラベンダー、ローズマリー、ゼラニウム

 

ペパーミント精油(エッセンシャルアロマオイル)への口コミとは

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

鹿児島_30代_会社員_K・Yさん

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?自宅でパソコンをいじっていると、急激な吐き気に襲われてしまうことが多々あります。

そのせいか?不眠症に悩まされており、寝付けない日々が続いています。

あと、ニキビもオデコに大量発生しています。

毎日のストレスと戦いながら家事をしていますが、睡眠が浅いので寝起きにダル気があります。

そんな症状に悩まされているときは、ペパーミント精油オイルを利用していますが、やはり効果ありますね。

スースーっとするような清涼感の感じる爽やかな香りに癒されていますし、わたしには効果アリ!といった印象です。

 

東京都_30代_会社員_H・Yさん

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?仕事から帰宅するたびに、ストレスや疲労感をとっても感じていますし、そのせいか、体調を崩しやすくなりました。

食生活の影響もあるでしょうが、最近とっても風邪をひきやすくなりました。

やはり部屋の殺菌は大切ですね。

慢性的な偏頭痛に悩まされており、薬を服用しています。

しかし、医薬品は胃に悪いので、体に負担をかけたくありません。

そこでペパーミント精油オイルが効果があるといった情報を聞きつけたので、試しに利用することに。

お陰様で快適な生活を送れていますよ。

香りは爽やかな香りで、芳香剤のような人工的な香りではなく、ナチュラルな香りなのでとっても癒されていますよ(^^♪

これからも利用していくと思います。

 

 

 

注意点もある!ペパーミント精油オイルの禁忌による副作用に

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

一般的にペパーミント精油(エッセンシャルアロマオイル)はアロマテラピーとして利用されるのはオススメです。

 

またアロマテラピーとしての使用は何も問題ないと言われていますが、妊娠中(妊婦)への使用は禁忌と言われています。

 

ペパーミント精油成分はその優れた薬効ゆえに、妊娠中に使用することで副作用により胎児に悪影響を及ぼす可能性も懸念されています。

 

もちろん、必ず禁忌というわけではないのですが、極力控えるようにと医学的にも言われています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です