ユーカリ精油オイルの効能と危険な毒性を紹介!使い方も知ろう

  ユーカリはオーストラリア原産国とし世界でもっとも高い木のひとつです。   一般的にはコアラの主食として有名で、有用植物として40種類以上が記録されています。   上記の説明の通り、ユーカ

もっと読む

ティーツリーでニキビが悪化した口コミ!精油オイルが一番?香りは?

ティーツリーはオーストラリアを原産とするハーブでサイプレスに似た常緑低木です。   また、幹を切り倒しても生長し続け、2年後にはまた、伐採できるほどの強い生命力を持ちます。   このティーツリーの「テ

もっと読む

ジュニパーベリー精油オイルの使い方!香りとアロマレシピも紹介!

ジュニパーベリーは常緑低木ジュニパーになる直径5~8mm程度の青黒く小さな柔らかい実を蒸留してアロマオイルを生成します。   「部屋の空気を浄化し、リラックス空間を作るいやしのハーブ」と言われています。 &nb

もっと読む

ヒノキ精油オイルの効能!アロマ効果がムカデ対策に?脳の影響は?

ヒノキ(檜)は福島県および新潟県の山岳地帯から屋久島までの暖帯と温帯に分布する常緑針葉高木で、日本でも馴染みのある樹木の一つです。   日本では古くから神社仏閣の建築材料として最も多く使われてきたヒノキの精油「

もっと読む

シストローズ(ロックローズ)精油オイルの効果!美肌化粧品も紹介

シストローズは樹脂の甘い香りで心の緊張をほぐす芳香(香り)を放つハーブともいわれております。   またシストローズは通称「ロックローズ」・「シスタス」・「ラブダナム」などと呼ばれています。   その精

もっと読む

フランキンセンス精油オイルの効果!癌に効く?香りとその相性は?

フランキンセンス(乳香)は、日本ではほとんど認知されておらず、聞きなれない名前ですが、主にソマリアを原産としているハーブです。   自生環境としては、乾燥地に生育する常緑低木のハーブで、樹高は10mほどにもなり

もっと読む

ベンゾイン精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの相性は?

ベンゾインはジャワ、タイを原産とするハーブです。   白い花がうつむくように咲き、ナツメグのような堅い殻の実を付けるのが特徴です。   古代エジプトから勇気を与えるハーブと言われ、精油はリラックス効果

もっと読む

ヒバ精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?ブレンドの相性は?

ヒバ(檜葉)はヒノキ科アスナロ属のハーブ植物です。   古くから日本を中心に親しまれている樹木の一つでもあり、精油成分にはストレス解消効果があるとされています。   また、原産国は「青森県、北海道」に

もっと読む

シダーウッド精油オイルの効能!アロマ効果は?どんな香りなの?

シダーウッドにはモロッコを原産とする「アトラスシダーウッド(ホワイトシダー)」と、北アメリカを原産とする「バージニアシダーウッド(レッドシダーウッド)」があります。   精油の香りは甘味とスパイシーさを合わせた

もっと読む

マートル精油オイルの効能!アロマオイルの効果とは?どんな香り?

マートは別名「ギンバイカ」と呼ばれる日本ではあまり聞きなれない名前ですが、原産国である北アフリカ、イランを中心に親しまれている常緑低木(ハーブ)です。   ちなみに、温暖な地域では、生恒などによく使用されていま

もっと読む

ミルラ(没薬)精油オイルの効能!アロマ効果は?香りの特徴は?

ミルラはアラビア半島西部とソマリランドのみに自生し、強い芳香(香り)を放つ葉と上品で可憐な白い花を咲かせるハーブでもあります。   日本では没薬(もつやく)と呼ばれて古くから親しまれているハーブでもあります。

もっと読む

イニュラ精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?口コミは?

基本的に原料となるイニュラ(イヌラ)は日本ではあまり、認知されていないハーブですが、アジアからヨーロッパに広まったハーブとして古くから親しまれています。   また、やや乾燥した日当たりのよい自生環境を好みます。

もっと読む

コパイバ精油オイルの効能!アロオイルの効果は?どんな香なの?

コパイバの芳香成分を原料とした精油「エッセンシャルアロマオイル」は、樹齢100年以上の幹から自然に採取される芳香性の樹液です。   ちなみに、アマゾンに住む先住民族たちを助けた幻のハーブと言われています。 &n

もっと読む

カンファー精油オイルの効能とは!アロマオイルの効果は?香りは?

カンファーは別名「クスノキ」とも呼ばれ、植物全体に精油成分が含まれることで強力な芳香を放ちます。   これには防腐作用があり、仏像や寺院の材料に最適で、カンファーには「レッド、ブルー、イエロー、ブラウン」などの

もっと読む

ブルーサイプレス精油オイルの効能!アロマ効果は?いぼを無くす?

ブルーサイプレスは日本ではあまり、聞きなれない名前のハーブではあります。   しかし、オーストラリアンオイルの王様と言われるハーブで、一般的に精油成分が利用されています。   その精油の原料はオースト

もっと読む

ガルバナム精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?どんな香り?

ガルバナムは中東諸国でよく見かけられる低木です。   また、昆虫がつけた幹の傷や、採取者が根元につくった刻みからでる、ゴム状の樹脂が精油(エッセンシャルオイル)やアロマオイルの原料に利用されます。  

もっと読む

マヌカ精油オイルの効能!アロマ効果は?ニキビに良い?通販店は?

マヌカ(ギョリュウバイ)はニュージーランドを原産とする樹木です。   ティートリーの精油以上の薬効(効能)を持つニュージランドのハーブと言われ、食用としても利用されます。   また、一部ではマヌカハニ

もっと読む

ニアウリ精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?使い方は?

ニアウリはオーストラリアに豊富に生育している大きな樹木で、精油「エッセンシャルオイル」やアロマオイルは葉と若枝から抽出します。   カユプテと同じ仲間で、ティーツリー(ティートリー)と見た目が似たハーブで、効果

もっと読む

パイン(ヨーロッパアカマツ)精油オイル!アロマ効果は?副作用は?

パイン(ヨーロッパアカマツ)は殺菌効果が高く、気分の落ち込みにも効果的なハーブです。   別名では「ヨーロッパアカマツ」とも呼ばれ、精神的な疲労や神経の疲れを回復してくれます。   パインは別名「パイ

もっと読む

バルサム精油オイルの効能!アロマオイル効果は?どんな香りなの?

バルサムは「ブラジル、コロンビア、ペルー」を原産としております。   日本でもあまり認知されていないハーブですが、原産国では古くから薬用として使われています。   この樹木の自生環境は、湿地でも乾いた

もっと読む

バーチ(白樺)精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?香りは?

バーチの有効成分には「殺菌作用、消毒効果」に優れた浄化作用のあるハーブともいわれており、古くから治療に使われてきたメディカルハーブでもあります。   別名では「カバノキ」と呼ばれる非常に広い高木林地に生育する木

もっと読む

カユプテ精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?虫除けにもなる?

カユプテは非常に生命力のある東南アジアを原産のするフトモモ科の常緑樹で、樹皮が白いため、ホワイトティートリーとも呼びます。   マレーシアを中心として東南アジア原産のフトトモ科の常緑樹で、名前はマレー語で「白い

もっと読む

ローズウッド精油オイルの効能!アロマ効果は?どんな匂い香り?

ローズウッドはアマゾンを原産とする樹高40mにもおよぶ常緑高木で、木はその美しい香りのよさから高級家具の木材にも利用されます。   ちなみに、ローズウッドは名前の通り、ローズを思わせる芳香の木で、別名「ボア・デ

もっと読む

レモン精油オイルの効能(アロマ効果)は?美白には?使い方は?

レモン(檸檬)とはインドを原産とする常緑低木のハーブで、果実は一般的に食用、香り付けに利用されています。   ちなみに、香りが似ていることから「レモングラスやレモンマートル」と誤解されますが、これらとは全くの別

もっと読む

レモンバーム(メリッサ)精油オイルの効能!アロマ効果は?

メリッサ(レモンバーム)は地中海地方を原産とする30㎝~90㎝ほどの丈になる多年草です。   花と葉は、ポプリ、ビネガーの香りづけにも使用されています。   このハーブは初夏から夏にかけて黄色がかった

もっと読む

レモングラス精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの使い方は?

レモングラスはイネ科に属し、インドを原産とする草丈80cm~120cmの多年草です。   成長環境としては夏から秋にかけて茶色の稲をつけます。   また、レモングラスの精油(エッセンシャルアロマオイル

もっと読む

ライム精油オイルの効能!アロマ効果は?香りがする香水もあるの?

ライムはミカン科に属し、アジアを原産とする低木のハーブで、ミカン科の中では最も原始的な種と言われ、実の多くは食用として利用されています。   日本では、一般的にフルーツ(食用)や料理のスパイスとして日常的に利用

もっと読む

柚子(ゆず)精油オイルの効能!アロマ効果は?光毒性はある?

ユズ(柚子)は料理の香りづけなどに使用されております。   一般的に食用として利用させるよりも、調味料やジャム、お茶などに使われることが非常に多いです。   そして、私たち日本人にとって昔からなじみの

もっと読む

ベルガモット精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドには?

ベルガモットの精油名は、この木が最初に栽培されたイタリアの小都市、ベルガモの名に由来していると言われています。   また、コロンブスがこの「ベルガモットの木」をカナリア諸島で発見してイタリアとスペイン本国に導入

もっと読む