レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性は?

レモンバーベナとはクマツヅラ科に属する落葉性低木のハーブです。 別名「ベルベーヌ」とも呼ばれ、「バーベイン、リツェアクベバ」と混合されやすいです。 しかし、この2つとは別種で、食用にも利用されます。 また、精油(エッセン

もっと読む

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

ラベンサラ(ラヴィンツァラ)はマダガスカルを原産とする高木で、湿度の高い熱帯雨林に自生し、古くから葉は薬と香りづけに利用されています。   香りは穏やかに心身ともに、リセットすることができる用途の広さが魅力的な

もっと読む

リンデンフラワー精油オイルの効果☆どんな香り?香水も人気!

リンデンフラワーとはフランスを原産とするシナノキ科のハーブです。   和名では「西洋菩提樹(せいようぼだいじゅ)」と呼ばれる木の花を指します。   また、ヨーロッパを原産とする常緑高木のハーブでもあり

もっと読む

リトセア(リツエアクベバ)精油オイルの効能☆虫除けや妊娠中にも!

リトセアは別名「リツエアクベバ」と呼ばれています。   このハーブはアジアを原産としクスノキ科に属する香り高い葉と花をつける低木の植物でもあります。   ちなみに、パッパーに似た果実からアロマオイルが

もっと読む

ヤロウ精油アロマオイルの効能と使い方とは?ハーブティーも人気!

ヤロウはヨーロッパ、西アジア、北米に自生する、丈60㎝ほどの多年草で「ブルーヤロウ、グリーンヤロウ」の2種類存在しています。   一般的にハーブティーやアロマオイルに利用されているのは「ブルーヤロウ」の方です。

もっと読む

フェンネルスイートのアロマ効果☆どんな香りの特徴?ブレンドにも

フェンネルスイートはスペインを原産とし、黄色い花々を咲かせて葉は緑色で、ふさふさとして羽毛のようと言われています。   また、ほんのりとした爽やかな香りが気持ちを元気に明るくしてくれるハーブとして人気です。 &

もっと読む

ヒソップ精油オイルのアロマ効果が凄い!ダイエットやハーブティーも

ヒソップ(ヤナギハッカ・柳薄荷)はハンガリーを原産とする高さ50cmほどの草木です。   同じヒソップでもホフク性のものからとれる精油(エッセンシャルアロマオイル)は成分構成が異なっており、刺激の強いケトン類が

もっと読む

バレリアン精油オイルの効能と使い方の副作用とは!臭い香りなの?

バレリアンは和名で「西洋カノコソウ」と呼ばれており、ヨーロッパからアジアを原産とする多年草です。   冷涼で湿度の高い肥沃な土地を好むが、丈夫なので半日陰でも良く育ちます。   ちなみに、バレリアンの

もっと読む

ハッカ精油オイルの効果と相性の良いアロマブレンドは?ゴキブリにも

ハッカは北海道を原産とし、ハッカ油(オイル)はメントールの少ないセイヨウハッカからのものです。 一般的に爽快感のある芳香(香り)と清涼感で幅広く利用されるハーブでもあります。   その効果はハッカの精油(エッセ

もっと読む

パセリシード精油オイルのアロマ効果とは☆パセリ種子油との違いは?

パセリシード(オランダミツバ)は地中海地方を原産とするセリ科の2年草です   近年では、ほとんどの大陸で自生しているほどメジャーになり、中でもフランスで大量生産されます。   古くにローマ人は、不妊の

もっと読む

どんな香り?バジルスイート精油オイルの成分効果(効能)と禁忌とは

バジルスイートはアジアと太平洋諸島を原産とするハーブで、料理に使われるほどポピュラーです。   また、昔から薬草(メディカルハーブ)にも使用されるほど、長い歴史を持ち、気持ちを集中したいときに最適なハーブです。

もっと読む

優れた効能!ディルシード精油アロマオイルの成分効果と香りとは?

草原にいるようなハーブ調の香り(芳香)で、ディルはインドを原産とし、このハーブは1年で小さい黄色の花が咲き、濃い緑色をした葉根のような形の葉をしています。   小型の偏平な果実からとれる種子がディルの精油(エッ

もっと読む
タラゴン

タラゴン精油オイルの効果がすごい!効能が女子に人気の理由とは?

タラゴンは料理にも使われるハーブとしても知られており、そこから抽出できる精油(エッセンシャルアロマオイル)は草木とスパイシーな香りも楽しめると女性に人気です   ちなみに、タラゴンは和名で「カワラヨモギ」と呼ば

もっと読む

タイム・リナロール精油オイルの効能が女性に人気な理由とは?

パワフルな消毒作用や殺菌作用を持っている香りの高いハーブとして知らており、花はきれいな見た目から女性に人気です。   葉状は楕円形の葉を付け、白・紫・ピンクなどのキレイな花を咲かせます。   ストレス

もっと読む

優れた効能も!セージ精油オイルのうつ病へのアロマ効果がすごい

セージは地中海地方を原産とし、高さ60cmほどに生長するハーブです。   主に「ユーゴスラビア」と「クロアチア」のダルマティア地方では野生し、精油の原料には葉と花が使用されています。   また、セージ

もっと読む

禁忌も!スペアミント精油の効能に合うブレンドとお風呂のアロマ効果

スペアミント(ミドリハッカ・オランダハッカ・チリメンハッカ)は地中海地方と北アフリカを原産としています。   90cm程度の高さに生長する多年草で、先の尖ったしわのある葉と紫色に咲く花が特徴のシソ科のハーブです

もっと読む

ハーブティーにも!スイートマジョラム精油オイルの香りと効能とは

スイートマジョラムは地中海地方を原産とする多年草で、料理用のハーブとして一般家庭にも利用されています。   ちなみに、スイートマジョラムの精油「エッセンシャルアロマオイル」はラベンダーと並んで、眠りの為の芳香(

もっと読む

虫除けにも☆サントリナ精油オイルのアロマ効果と妊娠中の注意点

サントリナの精油成分には天然の防虫剤になる効能もあり、スッキリした香りが特徴的な実用的なハーブです。   ちなみに、サントリナは和名で「ワタスギク」といい、小菊に似た丸いボタン形の黄色い花をつけ、細かい線毛にお

もっと読む

どんな香り?お茶も人気な「月桃の精油オイルの効能」と肌への効果

ゲットウ(月桃)は琉球列島の野山に自生している多年草です。   葉は長大な披針形で高さ2~3mまで生長すると言われ、初夏の季節には白とピンクの可憐な花を咲かせます。   また、月桃の精油(エッセンシャ

もっと読む

ハーブティーにも!クラリセージ精油アロマオイルの効能と香りの特徴

クラリセージ(オニサルビア)はヨーロッパを原産とする「セージ」の一種です。   また、ピンクや紫の花を付ける万病に有効な薬草(メディカルハーブ)として古くから利用されます。   薬効は、目を見張るほど

もっと読む

シミや日焼け止めにも☆キャロットシード精油には光毒性が!?

キャロットシードの精油(エッセンシャルアロマオイル)は一般的にアロマテラピーとして利用されています。   その際には、日常的なイライラやムカつきなどのストレス解消効果があると医学的にも注目され、女性であれば、生

もっと読む

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方

キャロットシード(ワイルドキャロット)は古くから素晴らしい万能な薬効を持っており、多くの先住民族に利用されてきました。   また医薬的価値があるハーブ(メディカルアロマオイル)として重宝されているほど、薬効が信

もっと読む

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

オレガノ(ワイルドマジョラム)は、ほのかに漂うスパイシーな香りを放ち、体に浸みるような独特の印象を与えてくれます。   アロマオイルの原料となるオレガノのハーブは、古くから欧米で「ワイルドマージョラム」のとも言

もっと読む

イモーテル精油アロマオイルの香り効果とヘリクリサムとの違いとは?

イモーテルは地中海地方でよく見られているハーブで岸壁などの、日当たりのよい自生環境(土壌)を好む傾向があります。   しかし、非常に生命力の強いハーブなので、荒れ地でも強く育つことができ、花状は丸く黄色い花を咲

もっと読む

ハーブティーや香水も☆アンジェリカルート精油の効能と販売店

アンジェリカルート(セイヨウトウキ・西洋当帰)は広大な大地を感じさせるほど、力強くスパイシーで奥行きのある香りを放ちます。   そして、その香りから「不安と力のアロマオイル」と言わ、原料になるハーブは、川辺など

もっと読む

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

一般的にローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、アロマテラピーとして利用されており、ストレス対策や不眠症改善などへの効果が期待できます。   また、アロマテラピーには女性の体をサポートする効果があり、「生

もっと読む

美顔に効果的でオススメ☆ローズ精油オイルのアロマ効能と価格

ローズは古くから人々に愛されている「甘美な香りの女王」と呼ばれており、日本だけでなくすべての世界でもっとも人気の花でもあります。   そして、北半球のほぼ全域が原産の木で、背丈は1m~2mほどに成長し、フローラ

もっと読む

ブレンドにも!ローマンカモミール精油オイルの香りとアロマ効果とは

近年では、「ストレス解消や不眠症改善」などを目的として、アロマテラピーが多くの女子に人気を集めています。   中でもローマンカモミールの精油を利用した芳香浴は愛用者が多いエッセンシャルアロマオイルの一つです。

もっと読む

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

古くから、ジャーマン・カモミールには抗炎症作用、抗ウィルス作用があることから、民間療法として利用されてきました。   その薬効の高さからメディアハーブ(薬草)ともいわれるほど、信頼されているハーブでもあり、多く

もっと読む