ブルーサイプレス精油オイルの効能!アロマ効果は?いぼを無くす?

ブルーサイプレスは日本ではあまり、聞きなれない名前のハーブではあります。   しかし、オーストラリアンオイルの王様と言われるハーブで、一般的に精油成分が利用されています。   その精油の原料はオースト

もっと読む

ガルバナム精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?どんな香り?

ガルバナムは中東諸国でよく見かけられる低木です。   また、昆虫がつけた幹の傷や、採取者が根元につくった刻みからでる、ゴム状の樹脂が精油(エッセンシャルオイル)やアロマオイルの原料に利用されます。  

もっと読む

パイン(ヨーロッパアカマツ)精油オイル!アロマ効果は?副作用は?

パイン(ヨーロッパアカマツ)は殺菌効果が高く、気分の落ち込みにも効果的なハーブです。   別名では「ヨーロッパアカマツ」とも呼ばれ、精神的な疲労や神経の疲れを回復してくれます。   パインは別名「パイ

もっと読む

バルサム精油オイルの効能!アロマオイル効果は?どんな香りなの?

バルサムは「ブラジル、コロンビア、ペルー」を原産としております。   日本でもあまり認知されていないハーブですが、原産国では古くから薬用として使われています。   この樹木の自生環境は、湿地でも乾いた

もっと読む

レモン精油オイルの効能!アロマ効果は?美白には?使い方は?

レモン(檸檬)とはインドを原産とする常緑低木のハーブで、果実は一般的に食用、香り付けに利用されています。   ちなみに、香りが似ていることから「レモングラスやレモンマートル」と誤解されますが、これらとは全くの別

もっと読む

レモンバーム(メリッサ)精油オイルの効能!アロマ効果は?

メリッサ(レモンバーム)は地中海地方を原産とする30㎝~90㎝ほどの丈になる多年草です。   花と葉は、ポプリ、ビネガーの香りづけにも使用されています。   このハーブは初夏から夏にかけて黄色がかった

もっと読む

レモングラス精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの使い方は?

レモングラスはイネ科に属し、インドを原産とする草丈80cm~120cmの多年草です。   成長環境としては夏から秋にかけて茶色の稲をつけます。   また、レモングラスの精油(エッセンシャルアロマオイル

もっと読む

柚子(ゆず)精油オイルの効能!アロマ効果は?光毒性はある?

ユズ(柚子)は料理の香りづけなどに使用されております。   一般的に食用として利用させるよりも、調味料やジャム、お茶などに使われることが非常に多いです。   そして、私たち日本人にとって昔からなじみの

もっと読む

ベルガモット精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドには?

ベルガモットの精油名は、この木が最初に栽培されたイタリアの小都市、ベルガモの名に由来していると言われています。   また、コロンブスがこの「ベルガモットの木」をカナリア諸島で発見してイタリアとスペイン本国に導入

もっと読む

マンダリン精油オイルの効能!アロマ効果は?光毒性はある?

マンダリン(オレンジ)はインド北東部を原産とする常緑低木です。   その実は「食用、香料」に使われ、日本では「ぽんかん(ポンカン)」の名で親しまれます。   マンダリンの精油「エッセンシャルアロマオイ

もっと読む

プチグレン精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの相性は?

プチグレインはオレンジの木から取れる3種類の精油「エッセンシャルアロマオイル」のひとつで、アロマオイル利用者に人気のある香りでもあります。   ちなみに、プチグレインはパラグアイを原産とし、レモンやマンダリンな

もっと読む

タンジェリン精油オイルの効能!アロマ効果は?オレンジと違うの?

タンジェリンは、植物学的にはマンダリンと同じ種類に属しています。   しかし、果実の収穫時期はマンダリンよりタンジェリンが3カ月ほど早く、果皮の色味もマンダリンが黄色、タンジェリンが濃いオレンジ色といくつのも違

もっと読む

タジェット精油オイルの効能!ブレンドの相性は?アロマ効果は?

  原産国フランスでは「フレンチマリーゴールド」と呼ばれています。   そして、タジェットから採取できる精油(エッセンシャルアロマオイル)は香水の香料としても幅広く使われていました。   現

もっと読む

シトロネラ精油オイルの効能!禁忌は?アロマ効果は?蚊の対策に?

インドを原産とするシトロネラはイネ科の多年草です。   自生環境は、高温多湿な地域に生息する丈夫な草で、細く長い葉が特徴のハーブと言われています。   古来より虫よけとして、利用され続けているレモング

もっと読む

グレープフルーツ精油オイルの効能!アロマ効果は?睡眠安眠にも?

グレープフルーツは精油成分の分泌が果皮の深い部分にあります。   そのため、アロマオイルを生成する際、圧搾法で抽出したときの採油率があります。  また、同じ柑橘系である「オレンジ」、「レモン」に比べ、低いという

もっと読む

オレンジスイート精油オイルの効能!アロマ効果は?光毒性はある?

オレンジスイートの精油「エッセンシャルアロマオイル」は古くから自然療法に使用されているほど、薬効(効能)が信頼されているフルーツでもあります。   近年では、芳香浴、アロマテラピーとして利用されているだけでなく

もっと読む

ブラックペッパー精油オイルの効能(効果)!アロマパッチって?

ブラックペッパーはペッパーの木を原料とするインドの南西海岸地帯を原産のハーブです。   樹高は10mに達するつる性の常緑低木で、実をそのまま自然乾燥させたものを「ブラックペッパー」と呼ばれています。 &nbsp

もっと読む

ジンジャー精油オイルの効能!アロマ効果は?ブレンドの相性は?

ジンジャー(生姜)は多年生のハーブで、地中に伸びる根茎から茸のような茎を出しています。   原産国は主に熱帯諸国で栽培いされますが、もっとも香りが良いのはジャマイカ産だと言われます。   また、英語の

もっと読む

カルダモン精油オイルの効能!アロマ効果は?香りのブレンドには?

カルダモンはインドを原産とする高さ3m程まで生長する多年草です。   このカルダモンの栽培はインドや東南アジアに始まり、現在ではヨーロッパやラテンアメリカにまで広まっています。   またインドやスリラ

もっと読む

バニラの精油の効能!アロマオイルの効果は?おすすめ通販店は?

バニラはメキシコからブラジルの熱帯に野生で生息する常緑つる性のハーブです。   花は早期に咲き、夜しぼむ特性を持っています。   さらに、その甘い香りは非常に人気で世界最大のナチュラルフレーバーの一つ

もっと読む

オールスパイス精油オイルの効能!香りの特徴は? アロマ効果は?

オールスパイスはその名の通り、とてもスパイシーで女性と言うよりも、男性に似合う香りのアロマオイルです。   このハーブはジャマイカに生息する熱帯性の常緑高木で、房状の小さな花を咲かせます。   オール

もっと読む

ロベージ精油オイルの効能!どんなハーブなの?アロマ効果は?

ヨーロッパを原産とする草本のハーブで、「葉、茎、種、花、根」のすべてからフレッシュでやや甘さを感じることができる独特の香りを放ちます。   それだけでなく、「葉、茎、種」は食用にも利用されます。  

もっと読む

サンダルウッド精油オイルの効能!ブレンド相性は?肌への効果は?

サンダルウッドは和名では「白檀」と呼ばれ、その精油「エッセンシャルアロマオイル」は香水の原料やアロマテラピーとしても利用されます。   また、高い防虫効果から古くに「寺院、建材、家具、芳香用のお香や仏壇や墓に供

もっと読む

パチュリ精油オイルの効能!どんな香り?虫除けに?ブレンド相性は?

パチュリーは東南アジアを原産国とする常緑多年草のハーブです。   日本ではあまり聞きなれないハーブではありますが、原産国では治療サポートに利用されるなど、古くから親しまれています。   また、日当たり

もっと読む

スチラックス(レバント)精油オイルの効能!どんなアロマ効果?

スチラックスは別名「レバント」と呼ばれています。   自生環境は、東アジアの地域でよく見かけられており、スチラックスの精油は幹から出た樹液が固形化してできた樹脂が原料となります。   そして、白く可憐

もっと読む

ナルデ(スパイクナード)精油オイルのアロマ効果!どんな効能なの?

聖書の有名な一説にも登場する高貴な香りを放つハーブで、ナルデは別名「スパイクナード」と呼ばれています。   ちなみに、芳香浴などに利用されているナルデの精油(エッセンシャルアロマオイル)は根の部分から抽出されま

もっと読む

アニス精油オイルの効能!どんな香り?ゴキブリに?ハーブティーも

スターアニスは東アジアを原産とする常緑樹で、樹木の高さは最長9mにもなると言われているハーブ(植物)です。   その精油成分(エッセンシャルアロマオイル)は、他の土地ではあまり育成せずに、星形の果実が緑色のうち

もっと読む

ベチバー精油オイルの効能!ブレンドは?注意点は?ゴキブリ対策に?

ベチバーはインドやジャワなどの熱帯地方を原産としているハーブです。   また、日当たりはよく、風通しの良い土壌を好んで成長する性質をもったハーブです。   ベチバーの精油「エッセンシャルアロマオイル」

もっと読む

イランイラン精油オイルの効果!組み合わせは?何がオススメ?

イランイランはエキゾチックで、ほのかに甘いフローラルな香りを持つアロマオイルです。   そして、精油「エッセンシャルアロマオイル」は、蒸留過程において、4段階の品質に分けられ、価格が高いオイル~安いオイルまでの

もっと読む

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

  ペパーミントはヨーロッパを原産とする多年草です。   同じミントの仲間であるスペアミントやウォーターミントの交雑種であり、自生環境としては湿り気のある気候や土壌を好みます。   芳香成分

もっと読む