ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

ラベンサラ(ラヴィンツァラ)はマダガスカルを原産とする高木で、湿度の高い熱帯雨林に自生し、古くから葉は薬と香りづけに利用されています。   香りは穏やかに心身ともに、リセットすることができる用途の広さが魅力的な

もっと読む

リンデンフラワー精油オイルの効果☆どんな香り?香水も人気!

リンデンフラワーとはフランスを原産とするシナノキ科のハーブです。   和名では「西洋菩提樹(せいようぼだいじゅ)」と呼ばれる木の花を指します。   また、ヨーロッパを原産とする常緑高木のハーブでもあり

もっと読む

リトセア(リツエアクベバ)精油オイルの効能☆虫除けや妊娠中にも!

リトセアは別名「リツエアクベバ」と呼ばれています。   このハーブはアジアを原産としクスノキ科に属する香り高い葉と花をつける低木の植物でもあります。   ちなみに、パッパーに似た果実からアロマオイルが

もっと読む

ヤロウ精油アロマオイルの効能と使い方とは?ハーブティーも人気!

ヤロウはヨーロッパ、西アジア、北米に自生する、丈60㎝ほどの多年草で「ブルーヤロウ、グリーンヤロウ」の2種類存在しています。   一般的にハーブティーやアロマオイルに利用されているのは「ブルーヤロウ」の方です。

もっと読む

バレリアン精油オイルの効能と使い方の副作用とは!臭い香りなの?

バレリアンは和名で「西洋カノコソウ」と呼ばれており、ヨーロッパからアジアを原産とする多年草です。   冷涼で湿度の高い肥沃な土地を好むが、丈夫なので半日陰でも良く育ちます。   ちなみに、バレリアンの

もっと読む

パセリシード精油オイルのアロマ効果とは☆パセリ種子油との違いは?

パセリシード(オランダミツバ)は地中海地方を原産とするセリ科の2年草です   近年では、ほとんどの大陸で自生しているほどメジャーになり、中でもフランスで大量生産されます。   古くにローマ人は、不妊の

もっと読む
タラゴン

タラゴン精油オイルの効果がすごい!効能が女子に人気の理由とは?

タラゴンは料理にも使われるハーブとしても知られており、そこから抽出できる精油(エッセンシャルアロマオイル)は草木とスパイシーな香りも楽しめると女性に人気です   ちなみに、タラゴンは和名で「カワラヨモギ」と呼ば

もっと読む

ハーブティーにも!スイートマジョラム精油オイルの香りと効能とは

スイートマジョラムは地中海地方を原産とする多年草で、料理用のハーブとして一般家庭にも利用されています。   ちなみに、スイートマジョラムの精油「エッセンシャルアロマオイル」はラベンダーと並んで、眠りの為の芳香(

もっと読む

どんな香り?お茶も人気な「月桃の精油オイルの効能」と肌への効果

ゲットウ(月桃)は琉球列島の野山に自生している多年草です。   葉は長大な披針形で高さ2~3mまで生長すると言われ、初夏の季節には白とピンクの可憐な花を咲かせます。   また、月桃の精油(エッセンシャ

もっと読む

ハーブティーや香水も☆アンジェリカルート精油の効能と販売店

アンジェリカルート(セイヨウトウキ・西洋当帰)は広大な大地を感じさせるほど、力強くスパイシーで奥行きのある香りを放ちます。   そして、その香りから「不安と力のアロマオイル」と言わ、原料になるハーブは、川辺など

もっと読む

妊娠中は副作用が!ローズ精油オイルの使い方とアロマブレンド

一般的にローズの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、アロマテラピーとして利用されており、ストレス対策や不眠症改善などへの効果が期待できます。   また、アロマテラピーには女性の体をサポートする効果があり、「生

もっと読む

美顔に効果的でオススメ☆ローズ精油オイルのアロマ効能と価格

ローズは古くから人々に愛されている「甘美な香りの女王」と呼ばれており、日本だけでなくすべての世界でもっとも人気の花でもあります。   そして、北半球のほぼ全域が原産の木で、背丈は1m~2mほどに成長し、フローラ

もっと読む

ブレンドにも!ローマンカモミール精油オイルの香りとアロマ効果とは

近年では、「ストレス解消や不眠症改善」などを目的として、アロマテラピーが多くの女子に人気を集めています。   中でもローマンカモミールの精油を利用した芳香浴は愛用者が多いエッセンシャルアロマオイルの一つです。

もっと読む

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

古くから、ジャーマン・カモミールには抗炎症作用、抗ウィルス作用があることから、民間療法として利用されてきました。   その薬効の高さからメディアハーブ(薬草)ともいわれるほど、信頼されているハーブでもあり、多く

もっと読む

アトピーにも!ジャーマンカモミール精油オイルのアロマ効果と使い方

ジャーマン・カモミールは濃厚な甘い香りを持ち、よく「優しいリンゴ風味」と表現をされる精油(エッセンシャルアロマオイル)です。   古くからメディカルアロマに利用されているハーブで、この花の名前はギリシャ語で「地

もっと読む

無印で人気!ラベンダー精油オイルの香りの特徴と妊娠中に禁忌なワケ

一般的にラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、ディフューザーに精油を3滴~5滴ほど垂らしたアロマテラピーとして利用されています。   上品なフローラルな香りと、精神をサポートする効果があることから、

もっと読む

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

ラベンダーとはシソ科に属するヨーロッパ原産とする、草丈は30㎝~60㎝ほどの常緑木です。   可憐な花とフローラルな香りを放つことから人気のハーブでもあり、アロマテラピーだけでなく、化粧水に利用できる多様性から

もっと読む

マッサージオイルや男性の香水に人気な「ジャスミンの精油」の使い方

一般的に精油(エッセンシャルアロマオイル)として、多くの女性を中心に利用されているのがジャスミンです。   中でもアロマテラピー(芳香浴)として利用する際は、ストレスを解消や不眠症改善などの心のバランスを整えて

もっと読む

おすすめ!ジャスミン精油オイルのブレンドの相性と肌への効果とは?

ジャスミンは清楚な白い花の姿からは想像もつかないほど、甘く官能的(かんのうてき)な香りを放つのが特徴的なハーブです。   精油(エッセンシャルアロマオイル)の原料となるジャスミンは2m~6mにも生長する植物です

もっと読む

香水や化粧水にも!ネロリ精油オイルの特徴とアロマ効果(効能)

  ネロリの原料となるハーブは「ビターオレンジ」で和名では「ダイダイ」と呼ばれます。   ネロリの精油はビターオレンジの花が開花したばかりの花から抽出されます。   特に「ネロリ・ビガラード

もっと読む

妊娠中は禁忌!セントジョンズワート精油オイルのアロマテラピー効果

セントジョンズワートは高さ1mほどに生長する多年草です。   夏から秋にかけて5枚の花びらと多数のオシベを持つ黄色い小さな花を咲かせるハーブで、アロマオイルはこの花と葉から採取されます。   セントジ

もっと読む

虫除けにも!スパイクラベンダー精油のアロマ効果とラベンダーの違い

スパイクラベンダーは数種類存在している「ラベンダー」の中の一品種と言われています。   また、成長環境として暑さに強く、葉は幅広で、花色は薄いことが特徴で、その芳香にはストレスを解消する効能があります。 &nb

もっと読む

香水も人気!バイオレットリーフ精油オイルの効能とアブソリュート法

マリー・アントワネットが生前愛していたと言われている、希少なハーブです。   また、バイオレットリーフの原料となるハーブはスミレ(ニオイスミレ)で、濃緑色の葉はハート型になり、花は青や紫の可憐な花弁をつけます。

もっと読む

金香木の効能が凄い☆チャンパカ精油オイルのアロマ効果と香水とは?

チャンパカは暖かみのある芳香(香り)の中にほのかな甘味も感じれるハーブで、日本では「金香木(きんこうぼく)」と呼ばれ、古くから親しまれています。   ちなみに、チャンパカはインド、マレーシアを原産とする常緑高木

もっと読む

香水も人気☆「ローズオットーの精油」の使い方とアロマ効果とは

ローズオットーとはブルガリア原産の小さなトゲを持ち、フローラルな薔薇(バラ)に似た芳香を放つハーブでもあります。   また、春から秋にかけて咲かせる花は、植物療法、料理、美容も使用され、基本的にローズオットーは

もっと読む