レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性は?

レモンバーベナとはクマツヅラ科に属する落葉性低木のハーブです。 別名「ベルベーヌ」とも呼ばれ、「バーベイン、リツェアクベバ」と混合されやすいです。 しかし、この2つとは別種で、食用にも利用されます。 また、精油(エッセン

もっと読む

フェンネルスイートのアロマ効果☆どんな香りの特徴?ブレンドにも

フェンネルスイートはスペインを原産とし、黄色い花々を咲かせて葉は緑色で、ふさふさとして羽毛のようと言われています。   また、ほんのりとした爽やかな香りが気持ちを元気に明るくしてくれるハーブとして人気です。 &

もっと読む

ハーブティーにも!クラリセージ精油アロマオイルの効能と香りの特徴

クラリセージ(オニサルビア)はヨーロッパを原産とする「セージ」の一種です。   また、ピンクや紫の花を付ける万病に有効な薬草(メディカルハーブ)として古くから利用されます。   薬効は、目を見張るほど

もっと読む

キャロットシード精油(オーガニックオイル)のアロマ効果と使い方

キャロットシード(ワイルドキャロット)は古くから素晴らしい万能な薬効を持っており、多くの先住民族に利用されてきました。   また医薬的価値があるハーブ(メディカルアロマオイル)として重宝されているほど、薬効が信

もっと読む

ニキビにも☆オレガノ精油オイルのアロマ効果の副作用と使い方とは

オレガノ(ワイルドマジョラム)は、ほのかに漂うスパイシーな香りを放ち、体に浸みるような独特の印象を与えてくれます。   アロマオイルの原料となるオレガノのハーブは、古くから欧米で「ワイルドマージョラム」のとも言

もっと読む

無印で人気!ラベンダー精油オイルの香りの特徴と妊娠中に禁忌なワケ

一般的にラベンダーの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、ディフューザーに精油を3滴~5滴ほど垂らしたアロマテラピーとして利用されています。   上品なフローラルな香りと、精神をサポートする効果があることから、

もっと読む

女子におすすめ!ラベンダー精油オイルの肌への効果と使い方とは?

ラベンダーとはシソ科に属するヨーロッパ原産とする、草丈は30㎝~60㎝ほどの常緑木です。   可憐な花とフローラルな香りを放つことから人気のハーブでもあり、アロマテラピーだけでなく、化粧水に利用できる多様性から

もっと読む

香水や化粧水にも!ネロリ精油オイルの特徴とアロマ効果(効能)

  ネロリの原料となるハーブは「ビターオレンジ」で和名では「ダイダイ」と呼ばれます。   ネロリの精油はビターオレンジの花が開花したばかりの花から抽出されます。   特に「ネロリ・ビガラード

もっと読む

スパニッシュブルーム(レダマ)精油オイルのアロマ効能と花の育て方

レダマは地中海地方に多く分布する落葉低木で、別名「ニオイエニシダ、スパニッシュブルーム」と呼ばれ、5月ごろに独特の香りの黄色い花をつける。   しかし、人体に有害であるとされ、とくにフランスでジュネと呼ばれるス

もっと読む

香水の匂いやシャンプーに☆プルメリア精油オイルのアロマ効果とは

フランジュパニは別名「プルメリア」と呼ばれ、和名では「インドソケイ」と親しまれています。   しかし、最近は生産量の少ない純粋なフランジュパニに代えて、天然の精油をブレンドして「フランジュパニ」と名付けたものも

もっと読む

ロータスの精油でアロマテラピーする香り効果と蓮の匂いの香水とは?

ロータスはインドを原産とするスイレン科のハーブで、池などの水上に葉や花を高く突き出すようにして生え、長い地下茎をもちます。 その精油(エッセンシャルアロマオイル)は、ハスの花そのものの香りと表現されることが多いです。 し

もっと読む