カンファー精油オイルの効能とは!アロマオイルの効果は?香りは?

カンファーは別名「クスノキ」とも呼ばれ、植物全体に精油成分が含まれることで強力な芳香を放ちます。   これには防腐作用があり、仏像や寺院の材料に最適で、カンファーには「レッド、ブルー、イエロー、ブラウン」などの

もっと読む

ガルバナム精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?どんな香り?

ガルバナムは中東諸国でよく見かけられる低木です。   また、昆虫がつけた幹の傷や、採取者が根元につくった刻みからでる、ゴム状の樹脂が精油(エッセンシャルオイル)やアロマオイルの原料に利用されます。  

もっと読む

ニアウリ精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?使い方は?

ニアウリはオーストラリアに豊富に生育している大きな樹木で、精油「エッセンシャルオイル」やアロマオイルは葉と若枝から抽出します。   カユプテと同じ仲間で、ティーツリー(ティートリー)と見た目が似たハーブで、効果

もっと読む

パイン(ヨーロッパアカマツ)精油オイル!アロマ効果は?副作用は?

パイン(ヨーロッパアカマツ)は殺菌効果が高く、気分の落ち込みにも効果的なハーブです。   別名では「ヨーロッパアカマツ」とも呼ばれ、精神的な疲労や神経の疲れを回復してくれます。   パインは別名「パイ

もっと読む

バルサム精油オイルの効能!アロマオイル効果は?どんな香りなの?

バルサムは「ブラジル、コロンビア、ペルー」を原産としております。   日本でもあまり認知されていないハーブですが、原産国では古くから薬用として使われています。   この樹木の自生環境は、湿地でも乾いた

もっと読む

カユプテ精油オイルの効能!アロマオイルの効果は?虫除けにもなる?

カユプテは非常に生命力のある東南アジアを原産のするフトモモ科の常緑樹で、樹皮が白いため、ホワイトティートリーとも呼びます。   マレーシアを中心として東南アジア原産のフトトモ科の常緑樹で、名前はマレー語で「白い

もっと読む

ローズウッド精油オイルの効能!アロマ効果は?どんな匂い香り?

ローズウッドはアマゾンを原産とする樹高40mにもおよぶ常緑高木で、木はその美しい香りのよさから高級家具の木材にも利用されます。   ちなみに、ローズウッドは名前の通り、ローズを思わせる芳香の木で、別名「ボア・デ

もっと読む

レモン精油オイルの効能!アロマ効果は?美白には?使い方は?

レモン(檸檬)とはインドを原産とする常緑低木のハーブで、果実は一般的に食用、香り付けに利用されています。   ちなみに、香りが似ていることから「レモングラスやレモンマートル」と誤解されますが、これらとは全くの別

もっと読む

タジェット精油オイルの効能!ブレンドの相性は?アロマ効果は?

  原産国フランスでは「フレンチマリーゴールド」と呼ばれています。   そして、タジェットから採取できる精油(エッセンシャルアロマオイル)は香水の香料としても幅広く使われていました。   現

もっと読む

オレンジスイート精油オイルの効能!アロマ効果は?光毒性はある?

オレンジスイートの精油「エッセンシャルアロマオイル」は古くから自然療法に使用されているほど、薬効(効能)が信頼されているフルーツでもあります。   近年では、芳香浴、アロマテラピーとして利用されているだけでなく

もっと読む

オールスパイス精油オイルの効能!香りの特徴は? アロマ効果は?

オールスパイスはその名の通り、とてもスパイシーで女性と言うよりも、男性に似合う香りのアロマオイルです。   このハーブはジャマイカに生息する熱帯性の常緑高木で、房状の小さな花を咲かせます。   オール

もっと読む

スチラックス(レバント)精油オイルの効能!どんなアロマ効果?

スチラックスは別名「レバント」と呼ばれています。   自生環境は、東アジアの地域でよく見かけられており、スチラックスの精油は幹から出た樹液が固形化してできた樹脂が原料となります。   そして、白く可憐

もっと読む

アニス精油オイルの効能!どんな香り?ゴキブリに?ハーブティーも

スターアニスは東アジアを原産とする常緑樹で、樹木の高さは最長9mにもなると言われているハーブ(植物)です。   その精油成分(エッセンシャルアロマオイル)は、他の土地ではあまり育成せずに、星形の果実が緑色のうち

もっと読む

ペパーミント精油オイルの効能!禁忌や副作用はあるの?妊娠中は?

  ペパーミントはヨーロッパを原産とする多年草です。   同じミントの仲間であるスペアミントやウォーターミントの交雑種であり、自生環境としては湿り気のある気候や土壌を好みます。   芳香成分

もっと読む

ラベンサラ精油オイルの効果!使い方は?禁忌は?インフルエンザに?

ラベンサラ(ラヴィンツァラ)はマダガスカルを原産とする高木で、湿度の高い熱帯雨林に自生し、古くから葉は薬と香りづけに利用されています。   香りは穏やかに心身ともに、リセットすることができる用途の広さが魅力的な

もっと読む