お菓子の家をクリスマスに作る由来ってあるの?ヘクセンハウスって?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。



 

クリスマスシーズンになるとお菓子の家が販売されているのをよく見かけますよね?

 

子供のころになると良くお菓子の家を思い描いたものですね。

 

ではクリスマスとお菓子の家の由来にはどんな関係性があるのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう。

 

パピーちゃん

「きゃあああ!!!豪華なお菓子の家だあああ( *´艸`)」

「すげえええええ!!!!」

「一度でいいからお菓子の家に入ってみたい!!!

「美味しそおお~~( *´艸`)ジュルリ・・・・・」

長谷川さん
まあ、とりあえず落ち着きましょう。

話を続けますね。

 

 

あなたは絶対知らない!クリスマスにお菓子の家が作られる由来は?

お菓子の家が産出される時期はなぜクリスマスシーズンなのだろうか?

 

 

こちらは諸説存在しているそうですが、一説には元来クリスマスが冬至を祝う催し物だったことが介入しているようです。

 

冬の季節の12~3月に「風邪やインフルエンザ」等々で体調を損なうことがないように、体を温かくする作用のあるジンジャー(生姜)など調味料を入れたクッキーを食べて健康志向を祈願したことが由来。

 

そのクッキーを作り上げてお菓子の家を作る習慣が実現されたと言われています。

 

 

かわいらしく楽しく作って美味しいままで食べて、体にも良いなんて有難いこと尽くしですよね!

 

パピーちゃん

なんていう心温まるようなお話し!!ジュルリ・・・・(^_-)-☆

美味しそおおおおお!!!!

体がポカポカ温まるようなジンジャークッキーを使ったお菓子のケーキ食べたい・・・・

 

長谷川さん
パピーちゃんテンション高いな・・・

はあ~~~汗

 

 

お菓子の家は後から!クリスマスに食すのは元々ジンジャークッキー

ヨーロッパのクリスマスの様子の中に於いて、ツリーに茶色い人形をかたどったジンジャークッキーが飾られている際が見られます。

 

これは、もともとヨーロッパではクリスマスにジンジャークッキーを食べる習慣が根付いていました。

 

このクッキーを「ジンジャーブレッドマン」と称され、風邪を防止するように広めたヘンリー8世に由来しているという説を挙げられます。

 

 

王様を想像して、クッキーを製作したなんてかわいらしい伝説ですね。

 

そして、ヘンゼルとグレーテルの童話に出てくるヘクセンハウス(お菓子の家)を認知されるとともにジンジャークッキーでお菓子の家を作るようになりました。

 

 

つまりお菓子の家の由来の元は童話に出てくる「ヘクセンハウス」を真似たジンジャークッキーだったのです。

パピーちゃん
なるほどね!

お菓子の家は、ジンジャークッキーを食べる習慣と童話ヘンゼルとグレーテルを組み合わせたことが由来だったんだ!

長谷川さん
そうですね。

お菓子の家の発想自体は童話ヘンゼルとグレーテルのヘクセンハウスからなんですよ!

 

 

結局はパクリ?お菓子の家のモデルは童話のヘクセンハウスが起源?

お菓子の家の由来となったのはヘンゼルとグレーテルに出てくる「ヘクセンハウス」という童話の話

 

「ヘクセンハウス」とは、ドイツ語で「魔女の家」といった主旨。

 

実際の所、お菓子の家「ヘクセンハウス」も、上記で登場した「ジンジャークッキー」をメインに作ってあります。

 

 

童話『ヘンゼルとグレーテル』でつい、言いつけに歯向かいに口に運んでしまった気持ちが理解できますよね。

 

 

グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』に出演する「お菓子の家」のモデルになったことで国民的な欧米では支持されているクリスマスのお菓子です。

 

 

ヘクセンハウス(ドイツ語:Hexenhaus)そうでなければレープクーヘンハウス(Lebkuchenhaus)とは詰まるところ「お菓子の家」を指しています。

 

そして固めのジンジャーブレッドを基本素材として菓子で作ったミニチュアの家のということを指す。

 

つまり小さい一軒屋の形を、具体的に食べてしまえる菓子で完成させたものです。


パピーちゃん

なるほどおおお~~(#^^#)!!!!

お菓子の家って奥深い!!

 

長谷川さん
キーポイントはお菓子の家ではなく「ジンジャークッキー」と言う事になりますね!!!!

 

 

意外と単純!お菓子の家をクリスマスに作る歴史を簡潔にまとめた

古くからクリスマスにはジンジャーを入れたクッキー「ジンジャークッキー」を風邪予防として食べる風習があった。

 

童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるヘクセンハウス(お菓子の家)に主な材料はジンジャークッキーだった。

 

ジンジャークッキーを食べる習慣のあるクリスマスなので、それを材料にしているヘクセンハウスを販売するようになった。

 

 

簡潔に言うとこの3点がクリスマスにお菓子の家が販売されるようになった由来と言う事なりますね

 

 

パピーちゃん
い!い!い!

いいいい===意外と単純( ゚Д゚)

そして安直!!!

ようするに童話を具現化したら流行っただけじゃん!!!

長谷川さん
まあ確かに・・・・

でも違うような・・・・

 

 

思わず突っ込みたくなるようなお話しですね。

 

 

 

お菓子の家をクリスマスで作る由来って?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

近年、クリスマスの期間になるとキットが売られ、お茶の子さいさいでお菓子の家が作れるようになりましたよね。

 

でも基本的にクリスマスとお菓子の家を作る由来に直接的なストーリーはないようですね。

 

風邪予防としてジンジャークッキーを使用したお菓子の家が習慣化されて流行り始めたという流れですね。

 

日本ではお菓子の家はあまり流通していませんが、販売しているケーキ屋さんや百貨店もあるので見つけてみましょう。

 

せっかくのクリスマスなのでお菓子の家を食べると気分が上がりますよね。

 

皆さんもぜひ食べてみましょう。

パピーちゃん

つまりこんな感じかな?

「クリスマスシーズンにはケーキが主流だよね( ^)o(^ )」

「お菓子の家のケーキとかがあったら、面白いんじゃないの?」

「えええやん( ゚Д゚)!!ほか店頭販売してみよかあ~~~!!!」

「お菓子の家もクリスマスに販売したら売れるかも!!」

長谷川さん
まあ、そうですね。

ちょっと違うけど・・・・・