クリスマスシャンパンの由来は?お祝いになぜ飲む?言い伝えの意味も

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。



 

クリスマスやお祝い事に頻繁に飲まれているのが幸せを呼ぶと人気のシャンパンです。

 

でもシャンパンを飲む意味って何なのでしょうか?

 

なぜクリスマスにみんな幸せを呼ぶと言われるシャンパンを飲むのでしょうか?

 

気になりますよね。

 

ではクリスマスにシャンパンを飲む由来(意味)を知っていきましょう。


パピーちゃん
確かに!!

いいなあ~パピーもシャンパン飲みたいな(^_-)-☆

長谷川さん
あれ!?

パピーちゃんっていくつだっけ・・・・

パピーちゃん
う~~~ん・・・・

パピーは15歳だよ(^_-)-☆

長谷川さん
そうですよね。

(この女、嘘臭いなああ~~~!!まあいっか・・・・)

話を続けますね。

 

 

 

怖い意味があった!クリスマスにシャンパンを飲む由来とは?

クリスマスシャンパンの由来は?お祝いになぜ飲む?言い伝えの意味

クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う日という点は皆さん理解しているかと存じます。

 

キリストはあなたの肉体をパンに、血をワインに比喩しています。

 

そのようなことを通してキリストとワインは繋がりがすごく強く、キリストの生誕=ワインとなるのは極めてナチュラルこと。

 

ですが、血に例えていることからワインとはやはり赤ワインだと考えます。

 

しかし、時代の流れによって「キリスト=ワイン」と「お祝い=縁起が良いシャンパン」が合わさってクリスマスをシャンパンで祝うようになりました。

 

しかし実際に本当のところ正確なことは明らかになっていないそうです。

 

理由は意外にロマンチックとは違ってますが、クリスマスにシャンパンがあるとグッとロマンチックになるはずです!

 

近年でこそフランス人やイタリア人の1人につきのワインの年間消費量が減っているので、ワインはあまり飲まれなくなっています。

 

ですが、クリスマスにシャンパン!という感じではないのです。

パピーちゃん
なるほど!!

元々はシャンパンじゃなくてワインだったんだ!

それが時代の流れでシャンパンになっていったんだ!

でもなんでシャンパだったんだろう?

長谷川さん
そうですね。

元々はクリスマスとシャンパンには深い由来があった訳ではないですね。

パピーちゃんよく気が付いた!

なんでシャンパンが飲まれたのはこれから解説します。

 

 

そもそもシャンパンってお祝いになぜ飲まれるの?どんな歴史?

シャンパンの中に立つ泡がイギリス、フランスに注目を集めて、フランスでは国王、王妃、上流階級、高貴な人に浸透していきました。

 

フランスの過去の国王の戴冠式や受洗式はシャンパーニュ地方の中枢、ランス大聖堂で催されました。

 

そして祝宴には生まれ故郷シャンパーニュのワイン(後のシャンパン)が並べられたことが由来です。

 

そこから長期に亘って「特別な日や祝い事にはシャンパン」という面が、国際的な印象になりました。

 

そこからクリスマスや結婚式などのお祝いとしてシャンパンを贈ったり、お祝いの席の乾杯としてシャンパンが活用される様に変化しました。

 

パピーちゃん
なるほど!

シャンパンって始めは「泡立つワイン」って呼ばれてたんだ!

シャンパン久しぶりに飲みたいな~(^_-)-☆

長谷川さん
そうですね!

始めは「泡立つワイン」として上流階級に親しまれてきました。

(ん?久しぶりに飲みたい?この娘、絶対に20歳超えてるだろ!!)

 

基準のシビアさからも、他のスパークリングワインより高い評価を得ているのも理由の1つです。

 

これらの点で最高の日、お祝いにはシャンパンで乾杯というのは納得でしょうね。

 

 

 

幸せをくれる!シャンパンの泡には幸福を招く言い伝えがある?

天使のささやき!シャンパンの「音」に関する幸福の言い伝え

シャンパンをグラスに注ぐ際、パチパチという音が耳に入ったりますよね。

 

昔より伝わる伝承で、その音色は<天使の拍手>と呼称されます。

 

「お祝いのときや栄誉をたたえる際、その場には天の祝福がある…」

 

結婚式のシーンを思い描くと、まるでおふたりを祝福しているに違いありませんね。

 

クリスマスでは、その場を祝福しているようです。

 

パピーちゃん
シャンパンって天使の祝福なんですね!

長谷川さんには縁がない話ですね(笑)

長谷川さん
そうですね。

実は縁起が良い飲み物なんですよね。

(コイツ、今私のことバカにしただろ・・・・!!!)

 

 

星を飲む!シャンパンの<泡>に関する幸福の言い伝え

フランスのシャンパーニュ地方の言い伝えでは、シャンパンの泡には<幸せ>といった意味が込められているとされております。

 

シャンパンをグラスに注ぐ際、グラスの中では泡が下から上へと続続と流れ去っていきますよね。

 

その位「運気が下から上へと止め処なくずっと上昇し続ける」という意味が秘められております。

 

シャンパンは<幸せ>を持ち運んでくれるそんなおドリンクです。

 

これからクリスマスのお祝いのお飲み物はシャンパンで決まりですね!

 

パピーちゃん
運気アップ!

なんだかクリスマスに飲みたくなってきたな(^_-)-☆

長谷川さんには必要ですね!

長谷川さん

そうですね。

まさに女性にオススメの祝いのお酒ですね。

(いつか、ぜったいお前の本当の年齢、晒してやるからな!(# ゚Д゚)!!)

 

 

クリスマスにシャンパンを飲む由来(意味)は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

実はクリスマスとシャンパンの歴史は間接的であることがわかりましたね。

 

元々、クリスマスに飲まれていたのはワインでした。

 

でもクリスマスが祝い事として認知されるようになってから幸福を招く言い伝えがあるシャンパンが適任だという話になったようですね。

 

パピーちゃん

由来に直接的な関係がないのは残念だけど・・・

クリスマスにシャンパンってベストな組み合わせって最高!

長谷川さんにもいつか幸せが来るといいね(^^♪

長谷川さん
そうですね。

クリスマスや結婚式にはやっぱりシャンパン!

このページを読んでシャンパンの意味を知れば祝福している気がしますね。

(・・・・・こいつ絶対に本当の年齢、突き止めてやる!)

 

今では、クリスマスパーティーなどで当たり前のようにシャンパンを飲んでいますね。

 

ですがシャンパンは幸福を招くドリンクとして知られています。

 

なんだかクリスマスにシャンパンを飲むのが急に縁起が良く感じられますね。