クリスマスになぜチキンを食べる?意味(理由)や由来は?習慣って?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。



クリスマスになると日本ではチキンを食べる家族が多く、CMでも頻繁に放送されていますよね。

 

日本ではクリスマスにチキンを食べていますが、これは何に由来しているのでしょうか?

 

アメリカのクリスマスの習慣と何か関係があるのでしょうか?

 

ではさっそく見ていきましょう。

パピーちゃん
クリスマスにチキンッを食べるのは日本だけ!

って聞いたことあるよ!

本当なのかな?

長谷川さん
パピーちゃん鋭い!!

これから解説していきますね。

 

 

 

アメリカはクリスマスに七面鳥を食べる!その由来は?

クリスマスになぜチキンを食べる?意味(理由)や由来は?習慣って?

アメリカでは「七面鳥」をクリスマスに食べる習慣があります。

 

なぜアメリカではクリスマスにチキンや七面鳥(ターキー)料理を口にするのでしょう?

 

昔から北・中央アメリカに生存していた七面鳥。

 

米国人先住民の食料であったことは勿論、アメリカに移住してきた人たちも飢えを凌ぐために捕らえたり、先住民に割りあてて貰ったりして命をつないだそうです。

 

七面鳥なくして現在のアメリカ合衆国はないとまで名言があるほど、アメリカにとって有難く価値のある食糧源だったんですね。

 

そんな理由から、七面鳥料理は「感謝」の兆しであるとされました。

 

そしてクリスマスに加え感謝祭やお祝い事のテーブルに並べられることがアメリカの文化様式として馴染んでいます。

 

パピーちゃん
なるほど!

七面鳥がいなかったら今、アメリカ人が居なかったかもしれないってことだよね?

長谷川さん
ちょっと大げさですが・・・

まあその可能性もありますよね!

またこんな話もありますよ!

 

他にも、キリスト教ではクリスマスの晩餐で

「お祝いの日に悪いことが起きないように」

という意味を込めて七面鳥を神の生贄にし、丸焼きにして食卓に出す習慣があました。

 

アメリカ大統領だったジョン・F・ケネディーが感謝祭のときに

「Good Eatin’, Mr. President(味わって食べてね、大統領)」

と首からカードを提げた七面鳥を贈呈されてましたが、口にしなかったという逸話があります。

 

これが由来となり、現在でも大統領が恩赦を送る際には七面鳥を放鳥するという儀式が施されています。

 

アメリカにとって、七面鳥と言うと本当になじみの深い鳥なんですね。

 

 

 

クリスマスチキンを食す習慣は日本だけ?なぜ?意味は?

クリスマスになぜチキンを食べる?意味(理由)や由来は?習慣って?

一般的に日本ではクリスマスに七面鳥ではなく「チキン」を食べますが何か意味があるのでしょうか?

 

クリスマスはアメリカの歴史にとって非常に根深い行事ですし、食事には意味があることがわかりましたね。

 

実は、アメリカでは七面鳥(ターキー)ですが日本では「チキン」をクリスマスに食べることが多いです。

 

これは日本では七面鳥(ターキー)は入手困難であることが意味しています。

 

つまり日本でクリスマスに「チキン」を食べるのは単純に七面鳥(ターキー)が買えないからという理由なわけです。

 

パピーちゃん
なるほど!

つまり日本でクリスマスにチキンを食べる習慣ってアメリカで七面鳥を食べる習慣をマネてるんだ!

なるほどね(^^♪

つまりパクリってことじゃ・・・・

長谷川さん

もともとアメリカがクリスマスに七面鳥を食べる習慣から来てるんですよね(^_-)-☆

日本では七面鳥を買い付けるのは難しいだけず・・・・

 

 

 

クリスマスにチキンを食べるのはいつ?24日・25日?

実はクリスマスにチキンを食べる習慣は日本だけ!

 

アメリカでは七面鳥を食べています。

 

でもいつクリスマスにチキンを食べるのか?

 

24日か25日か意外と困惑しますよね。

 

本来はキリスト教の行事と考えられます。

 

なので、ミサに行き礼拝をしてその後食事を囲むという時間の費やし方をしていたり、キリスト誕生の前夜祭に盛大に熱を帯びるという時間の費やし方をするようです。

 

 

しかし日本中でのクリスマスは結局のところ雰囲気を満喫するという方が多いので、いずれでなければならないというのはないと断言します。

 

家族によっての都合などもあり変わると想像できますが、24日の夜に寝て25日の朝になると枕元に贈呈が置いてあるという意識の方が多いでしょう。

 

ほとんどの場合は24日の夜にチキンを堪能するという方がほとんどです。

 

 

中には24日には家族でささやかに、25日にはおじいちゃん・おばあちゃんたちも結び付けて盛大にというファミリーもあるようですよ。

 

パピーちゃん
なるほど!

チキンを食べる習慣ってもともとキリスト教が発祥だったんだ!

長谷川さん
そのようですね!

もともとクリスマスがキリスト教の文化ですしね。

 

 

クリスマスになぜチキンや七面鳥を食べる?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

近年、アメリカでクリスマスにチキンや七面鳥を食べるようになりました。

 

ですが、実はクリスマスにチキンを食べるのって日本だけなんですよね。

 

アメリカではクリスマスに七面鳥を食べますが、日本では七面鳥が販売されていないので代わりに「チキン」を食べる習慣があります。

 

ですが、日本でチキンを食べるようになった理由としてアメリカでクリスマスに「七面鳥」を食べる習慣が由来しています。

 

パピーちゃん
なるほどね!

つまりクリスマスにチキンを食べる由来というよりも「クリスマスに七面鳥を食べる由来」といった方が良かったってことね!

結局のところ「チキン」は昔からクリスマス食べらる習慣があった「七面鳥」の代わりってことなのね!

簡潔に言えばチキン自体にはなんの意味も由来もないってことじゃ・・・・

長谷川さん
とっても簡潔ですね・・・

確かに本来クリスマスに食べられているのは「チキン」ではなく七面鳥ですからね

チキンを食べる由来を知るには「七面鳥」を食べる由来を知らなければいけませんね(^^♪