タイになぜクリスマスがある?仏教国では?起源はいつから始まり?

この記事は 2 分で読めます。



12月に突入すると楽しみになってくるのが「クリスマス」ですよね?

 

一般的にクリスマスはキリストの生誕祭として認知されていますが、気になるのがなぜ仏教徒国家であるタイにクリスマスがあるのか?

 

ということです。

 

実質タイでは国民の95%が仏教徒、残りの5%がイスラム教徒と言われ、キリスト教徒は居ないにも等しい。

 

では「なぜクリスマスがあるのか?」さっそく見ていきましょう。

パピーちゃん
確かになんでタイにもクリスマスがあるの?

日本は無宗教だし、ザビエルが来日してる歴史があるからわからんでもないけど・・・・

長谷川さん
そうですね。

パピーちゃんの言う通りです!

では、解説を見ていきましょう。

 

 

絶対おかしい!タイになぜクリスマスがある?どんな過ごし方なの?

この写真で紹介しているような「タイは仏教国なのになぜクリスマスがあるの?」

 

疑問に思う人もいますよね?

 

確かに、タイは敬虔な仏教国でも、クリスマスイベントの場合は日本国内と同様のような認識で「面白いお祭りイベント」という意識ということです。

 

実際、タイでは11月後半からクリスマスイルミネーションが街を彩りますし、イベント行事も勢いを増します。

 

キリスト教徒に所縁のないタイでもクリスマスはカップルが盛り上がるイベントの1つとして、バレンタインやハロウィンと同様に考えられています。

 

日本でもタイでもクリスマスの過ごし方はそんな感じです。


単なるイベントの日という感じです。

 

そういう意味では日本とタイのクリスマスは似ているところがあるかもしれません。

パピーちゃん
なるほどね!!

日本みたいな認識ってことか・・・・

でも仏教国なのにクリスマスなんてやっていいわけ!?

非難されないの?

長谷川さん
そうですね!

タイのクリスマスは日本と同じようにロマンティックなイベントくらいな認識なんでしょうね!

またまたパピーちゃん鋭い!

アジアの仏教国であるタイはキリスト教徒であるクリスマスをしていいのか?

見ていきましょう。

 

 

非難されない?タイはアジア仏教国なのにクリスマスして平気なの?

タイは敬虔な仏教国。

 

僧侶は敬われ、男子は一生一回は出家することが責務で、それが親孝行とさえ言及されるなのに、なぜクリスマスなのか?

 

現地に精通したジャーナリストによれば「国内全土と似ている」という。

 

「つまるところイベント好きな一般市民ってこと。

 

『キリスト教徒でもなくしてクリスマス?』なんて指摘は全国でもこのごろもうやぼ。

 

タイは今よりもっと。“楽しければそれで良いじゃんか”“ライトアップがキレイじゃないか”と、詳細については考えない。

そのこだわりのなさ、年末商戦など経済活動に結びつけるしたたかさは、我々日本人同然」

 

キリスト教圏だとクリスマスは家族全員そろって静かに過ごす日だが、日本やタイでは恋人たちのイベントになり代わっている点も似ている。

 

ですが、現在のタイのクリスマスはキリスト教とは完全に切り離されて、楽しまれてるというのが現状です。

 

しかし、世界中でキリスト教徒を狙ったテロが起きているのも事実です。

 

こういったクリスマスもそういうテロに狙われる可能性もあります。

パピーちゃん
なるほど!

仏教国でもクリスマスを楽しんじゃおう!っていう国民性なのかもね(^^♪

確かに、アメリカやイギリスでもキリスト教徒の教えを忠実にも持っている人は少ないかもね・・・

日本も一応は仏教だしね・・・

長谷川さん
そうですね!

まあ、タイの人たちが納得してるのであればいいのでしょう( ^)o(^ )

 

 

 

何がきっかけ?タイのクリスマスの起源は?いつから始まるの?

タイのクリスマスは12月25日ですが、実質的には11月の後半からすでにクリスマスのイルミネーションが街を彩り始めます。

 

ちなみに、日本と違い2月に中国の旧正月があることもあって、11月後半~2月の中旬まで、街はだらだらとクリスマスムードです。

 

しかし「タイのクリスマスの起源はいつから始まってるの?」

 

そう疑問に思いますよね?

 

 

日本と違い山口県にフランシスコ・ザビエル聖職者が来日したわけでもないので、日本よりもタイにはクリスマスの歴史も起源もありません。

 

ですがクリスマスに関する楽しいイベントや商品に関する情報がSNSやインターネット、TV放送などでいくらでも手に入るのが今の時代です。

 

つまりここに「タイのクリスマスの起源の始まり」があるのです。

 

 

タイは仏教国ということも関係してますが、しかし、そこは楽しいことやお祭り大好きのタイ人。

 

 

写真の撮影スポットがたっぷり提示されたクリスマスイルミネーションが街に溢れ、その雰囲気を思う存分堪能します。

パピーちゃん
なんかタイのクリスマスのほうが楽しそう・・・

いいなあ~~(^_-)-☆

言ってみたくなった(^_-)-☆

長谷川さん
そうですね!

タイのクリスマスは11月後半~2月までダラダラ続いてるので、長くクリスマスが楽しめますね(^^♪

一度行ったことありますが、楽しかったですよ!

まあ、私は日本のクリスマスで十分ですね

 

 

 

タイになぜクリスマスがある?仏教国では?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

タイは日本と違い、仏教徒国家であるだけでなく、クリスマスの文化に縁も所縁もありません。

 

もちろん、タイで行われるクリスマスに関して疑問に思う国民もいるでしょう。

 

ですが「楽しいイベントは盛大に盛り上がろう!」というタイの国民性が今のクリスマス文化を作ったといっても過言ではありません。

 

つまりここに「タイで行われるクリスマス文化の起源の始まり」があるのです。

 

またタイのクリスマス11月後半~2月の中旬までだらだら行われています。

 

なので、日本でクリスマスを堪能したあと、タイに行けば2回もクリスマスを楽しむことができます。

 

興味があれば、ぜひタイに赴いてみましょう。

パピーちゃん
なんかいろんな国でクリスマスを多種多様に楽しんでいてステキだと思った(^_-)-☆

やっぱり楽しいことてみんなで共有しなきゃね(^^♪

長谷川さん
そうですね・・・

う~~~~ん

イマイチ頷けないけど・・・・・

まあ、パピーちゃんが言うならいいでしょう!