なぜ節分に豆をまくの?豆を投げる理由や由来は?昔の風習って?

この記事は 2 分で読めます。



2月2日は節分!本年もその季節が巡って来ましたね。

 

毎年恒例イベントとして自分の家も豆まきをやってきたのですが、幼い子どもたちにふと聞かれました。

 

「節分の豆まきはいつから始まるの?」

「福は内ってどういう意味なの??鬼は外ってどうして??」

 

・・・あなたは応じることが可能だと考えますか!?

 

子供にわかりやすく話しをしてあげましょう♪

 

パピーちゃん

豆まきかああ~~(^_-)-☆

懐かしい掃除するのが面倒だからパピーの家ではやらないな・・・

長谷川さん

(あなたが面倒くさいからじゃないの?・・・・)

懐かしいですね。

実は「節分の豆まき」には面白い意味があるんですよ!

 

 

 

なぜ節分に豆をまくの?豆を投げるようになった理由(由来)とは?

なぜ節分に豆をまくの?豆を投げる理由や由来は?昔の風習

一般的に日本の節分の日にちは「2月3日」ということになっています。

 

昔の風習とはいえ「なぜ節分に豆をまくのか?」豆を投げる理由や由来について知っている人は少ないものです。

 

実際の所、節分の日になる前は「豆」はまかずに「お米」をまいてました。

 

過去には、季節の分かれ目には「邪気」が入りやすいと理解されていて、なかでも大切なのが「年の分かれ目」となったのです。

 

立春を1年のスタートである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)に当てはまる。

 

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

 

室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

 

昔も今と同じように鬼を追い払う力があり魔除けの意味として使われていました。

 

室町時代時代を過ぎるころには豆をまく習慣となって今に続いています。


パピーちゃん

なるほどね!

そもそも季節の変わり目に邪気が家に入ってくるのを防ぐのが風習だったんだ!

始めは「豆」じゃなくて「お米」だったなんて掃除が面倒くさそう!

長谷川さん

う~~~ん

気になるのそっち・・・・!?

でもパピーちゃんの言う通り!

季節の変わり目にお米や豆を撒いていたので今でこそ立春の行事ですが、「春夏秋冬」に節分を行っていたんですよ!

 

 

 

昔の風習はいつからある?節分に豆まきが定着した歴史的な由来は?

なぜ節分に豆をまくの?豆を投げる理由や由来は?昔の風習

実は本来の「節分」というのは季節を分けることをいい、春夏秋冬の4つの季節を分ける日のことをさします。

 

現在残されている節分は2月ばかりとなってしまいましたが、昔は各季節の節分も大切にしていました。

 

そうであっても、春の節分だけは特別で、新しい年を祝福していたのです。

 

また、旧年と新年の境目には邪悪な物が侵入してくると考えられてもいたもので、大晦日に疫を祓うことが行われてもいました。

 

平安時代後期から鎌倉時代にかけて戦がおおく、宮中では追儺を行なうことが難しくなったのか消滅していきました。

 

だけども町人の間では大晦日の年越しイベントとして習慣化してきました。


パピーちゃん

ふ~~~ん

大晦日っておめでたいと思ってたけど、同時に邪気が入ってくるから考え物だね・・・

邪気払いの一環として豆まきの風習が室町時代から少しずつ庶民に伝わって広まったんだ!

現代じゃあ、あんまり考えられないけど・・・

大晦日来るな~~~!!パピーは年を取りたくないのです!

長谷川さん

(この子本当に疲れるわ・・・・)

そうですね(^^♪

今じゃ、節分をやらない家も多いとのことですよ。

 

 

節分の日の豆まきの本当の意味って何?「鬼は外!福は内」って?

なぜ節分に豆をまくの?豆を投げる理由や由来は?昔の風習

「鬼は外」の本当の意味って?

節分で皆が考えている「鬼」とは、こういう「鬼そのもの」を指し示すのですのではないといえるでしょう。

 

「邪気」を指します。

 

邪気とは下記になります。

 

他人の身に病気の元凶となっていると信じられた悪い気。 「―を払う」

すなおでない、ねじけた気持・特性。わるぎ。 「―のない人」

 

節分で追い払いたい「邪気」は、1と2どちらも同様ですね。

 

あなた自身の心に潜在する、宿っている非人道的な考えを払いたい!

 

また、家族や当事者である私が病気にかからないよう、劣悪なものを退治し、健康を願いたい!

 

そんな追い払いたい「邪気」を、根絶させる。

 

それが節分の「鬼は外」の意味だったのですね。

 

パピーちゃん

なるほど!

鬼は邪気のことだったなんて・・・

本当の鬼だと思ってたよ!

長谷川さん

実は本当の鬼ではないんですよ!

パピーちゃんひとつ勉強になりましたね(^^♪

 

 

 

なぜ節分に豆をまくの?豆を投げる理由や由来は?昔の風習

「福は内」の本当の意味って?

先ほどの「鬼は外」と完全に異なる「福は内」

 

その名前の通り、「幸運を御呼びしてくれる神様はどうぞ内へ」ということを指します。

 

先ほどご説明した意味なのからしても、「家にいる鬼(邪気)は外に出して、そのうちに幸福の大神は内に入れる」という認識が一般的と言えます。

 

鬼(邪気)が消失したところに、福を引き込む。

 

この流れが一番だと思いますので、豆まきの掛け声は「福は内」が先なのではなく、「鬼は外」が先です。


パピーちゃん

「鬼は外」の掛け声が先なのは知ってたよ!

幼稚園の時はよくやってたからね(^^♪

なんだかお掃除みたいね(^^♪

「まずは汚いものを吐き出してきれいなものを入れる」みたいな・・・

長谷川さん

そうですね。

でも地域によっては「鬼もうち」「福もうち」って掛け声もあるんですよ!

(その掃除のたとえイマイチだけど・・・・?)

 

 

 

なぜ節分に豆をまくの?節分に豆を投げる理由や由来は?~まとめ

なぜ節分に豆をまくの?豆を投げる理由や由来は?昔の風習

現在では、伝統を受け継いだ豆まきをするご家庭も減ってきており、家族で楽しむイベントの意味合いも躍進しています。

 

全国的に引継ぎされる年中行事の1つ。

 

習わしにとらわれず家族全員そろって仲良く豆まきをするのも問題ないですし、昔ながらの豆まきに挑んでみるのもおすすめかも知れません。

 

豆まきが済んでからそのまいた豆を、1年の厄除けを祈って、自分の年齢よりも1個多く豆を召し上がります。

 

また、豆には口に入れると「健康(まめ)になる」というのが本当の意味です。

 

パピーちゃん

このページで「節分の豆まきの意味」が良くわかったよ!

その起源は古くからある歴史なんだね!

「鬼は外!」「福は内!」って今年もやってみようかな(^^♪

長谷川さん

そうですね!

これをきかっけにパピーちゃんも節分に豆まきをしてみたらどうですか?