節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝からでもOK?

この記事は 2 分で読めます。



節分の日に行う『豆まき』に関連して徹底的にまとめました。

 

「節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝からでも平気?」など、疑問を持つ方も多いですよね?

 

 

豆まきの意味や由来や方法などはご当地によってバラバラですし、豆まきの方法や手順、まくものまでそれぞれのお家によって一様ではありません。

 

ここではノーマルな、縁起の良いといわれる正しい作法について 解説していきます。

パピーちゃん
いえええええ!

久しぶり豆まきやりてえええ!!

家はいつも「2月3日」の夜八時くらいにやってたな?

長谷川さん
掃除が面倒だけど節分の豆まきは楽しいですよね!

まあ最近は保育園などでやってくれるからありがたいですよ!

自宅で子供とやる必要もないしね。

 

 

もはや国民の行事!2019年の節分の豆まきはいつ(何月何日)?

節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝

2019年の節分の豆まきは例年通り「2月3日」です。

 

ほんとうは節分とは、立春、立夏、立秋、立冬だったり、季節の改まる前の日のことを呼称しましたが、だんだん立春の前日だけを節分と意味するようになりました。

 

古代の中華人民共和国では大晦日に、邪鬼や疫病などを打ち払い出すため、鬼の面を被った人を、桃の木で作った弓矢で射って追い掛け払う、「追儺(ついな)」という催しがありました。

 

それが奈良時代、日本に行き渡り、平安時代には宮中で大晦日の行事という形で、盛んに実施されるように変化しました。

 

豆まきの行事が一般化したのは室町時代中期過ぎてからのことで、江戸時代になると、現在の様な豆まきの行事が一般庶民の中に於いても拡がっていきました。

パピーちゃん
なるほど!

2019年の節分も例年通りで豆まきは「2月3日」なんだね(^^♪

久しぶりに家族でやろうかな~~(^_-)-☆

長谷川さん
いいじゃないですか(#^^#)

ぜひ「2月3日」にやってみては?

ただ節分の豆まきは掃除が面倒なので・・・・

親御さん可哀そう

 

 

節分の豆まきは「2月3日」の何時からが良いの?朝からでもOK?

節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝

原則的に節分の日没後が良いそうですが、豆まきの文化に徹底したルールはおりません。

 

つまり「2月3日」であれば何時から豆を撒いてもいいですし、もちろん朝から豆を撒いても支障ありません。

 

実際的には節分っていうのは、季節の移り変わる頃のことですね。

 

日本では、立春。冬から春の区切りってことだと断定できます。

 

この節分の時に、邪気をはらうために必要な「悪霊払い」の行事が施されます。

 

豆をまくのは、中国から来たツイナという因習ですが、特に豆をまくような時間枠とか定められているということはありません。

 

しかし、行事ということを考えれば、日中に行なわれるのが一般的だと想像できますが、都合が良いときの時間帯にやれば言いと考えられます。

 

ちなみに節分の日の神社仏閣では、早朝より終日まで幾度かに分けて豆まきを行なっております。

パピーちゃん
なるほど!

つまり「2月3日」であれば朝からでも夜でも大丈夫ってことだよね?

家は親が家に帰ってくるのが夜の7時頃だったから、8時に節分の豆まきしてたな(^_-)-☆

長谷川さん

我が家では昼から豆まきしてましたよ!

基本的に豆まきには厳密なルールはないので朝からでもOKです。

 

 

ルールを教えて!節分の豆まきはどこの場所に向かって撒けばいい?

節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝

豆をまくのは、部屋の中から、家の外へが基本的法則です。

 

窓に向けてなげて、鬼を追い払います。

 

鬼を家から追い出す印象で、 「鬼は外」で部屋から玄関の方へ豆を投げ、 「福は内」で逆に部屋に向かって豆を投げます。

 

これを部屋の奥から玄関まで順番に遂行していくというわけです。

 

そして豆まきが終わった後に、 まいた豆や落花生を あなたの年齢より1つ多く拾い上げて食べましょう。

 

1つ多く口に運ぶのは、「新年の厄払い」の役割を担います。

 

「鬼は外、福は内」と豆をまくのは、季節の移り変わる頃は、鬼などの鬼神や悪霊が群れ、疫病や災難をもたらすに定められていたためです。

 

豆をまくことを利用して、自宅から鬼を打ち払おうとしたのです。

パピーちゃん
これはさすがに知ってたよ!

なんせ「鬼は外!福は内!」だからね

言葉の通りにやればいいんだよね(^_-)-☆

長谷川さん
その通りです!

ただ、「鬼は外!」と言って外に豆を撒くとにご近所さんのことも考えましょうね!

じゃないと節分の日にご近所トラブルになりかねませんからね・・・・

 

 

そもそも節分に豆をまくのはいつから始まったの?歴史的由来は?

節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝

平安時代、宮中では陰陽師と共に厄落としや災難を清める「追儺」という行事が元旦の前日である大晦日に執行されていました。

 

奈良時代に中華人民共和国から伝達された宮中行事とされています。

 

それらのうち、鬼の姿をした者を災難に見立て、黄金の仮面を着用したいでたちの者が豆を撒き散らしながら追い払うという現状があったそうです。

 

この祭礼は「豆打ち」と称されていました。

 

一方で、初めから節分には縁起の良い方角に方違えをして集中して禊をする慣例がありました。

 

室町時代になると、宮中の儀式や行事がちょっとずつ民衆の間に行き渡ることになります。

 

この二つの「大晦日」と「節分」の行事が結び合わされた形で、知らない間に節分に「豆打ち」で鬼払いをする、といった感じに定着をしていきました。

 

それが慣例として残存しているのが現在の豆まきです。

パピーちゃん
なるほどね!

まさか節分の豆まきが平安時代からあるなんて・・・・

すごい歴史があるんだね(^^♪

でも始めは「お米」を撒いてやってたって聞いたけど?

長谷川さん
そうですね!

当初の節分は「豆」ではなく「お米」だったんですよ!

実は多くの日本人が知らない事実でもあるんです!

 

 

節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?~まとめ

節分の豆まきはいつ(何月何日)?何時からが良い?朝

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

豆まきは諸々マナー・作法がありますけど、 上述した通り今では総じて概念的になっているため、あって実際に無いのが現在の状況なのです。

 

豆まきにしろ、恵方巻きにしろ、縁起や慣例、文化様式といったことよりも、 “家族の意思の疎通”としての実態が強い言ってもいいでしょう。

 

そして家族の絆を確かなものにするのも日本の行事のいい部分なので、 詳細については気にせず、いっそ思うがままにやるのも良いと言えそうですね。

パピーちゃん
このページで豆まきの歴史がわかったよ(^_-)-☆

・節分の日に豆を撒くのは「2月3日」

・時間は朝でも夜でもいつでもいい

・場所は近所のことを考えながらやる

ってことだよね(^_-)-☆

長谷川さん
その通り!

隣人さんのことを考えて、何事もマナーを守ってやるのが一番ですよ!

隣人トラブルになることもありますし・・・・

「鬼」よりも恐ろしい人が怒鳴り込んでくることもありますからね・・・