バレンタインチョコの最初は日本だ!起源の始まりは?いつから定着?

この記事は 2 分で読めます。



日本ではロマンティックなイベントとして知られているバレンタインですが、なぜ日本でも流行っているのでしょうか?

 

日本のバレンタインはいつが最初(起源の歴史的な始まり)なのでしょうか?

 

我が国のバレンタインデー文化(風習)に疑問を覚えてしまう人も多くいます。

 

ではさっそく見ていきましょう。

パピーちゃん

バレンタインデー大好きいいい!!

チョコレートいっぱい食べれるんだもん!

でも、お返しが面倒なんだよね・・・・

長谷川さん

そうですね・・・

でも、なぜバレンタインデーにチョコレートを贈るのか?

考えたことありませんか?

 

 

バレンタインチョコの最初は日本だった!始まり(起源)の由来は?

日本のバレンタインチョコはいつが最初?起源の始まりは?海外との違い

日本でバレンタインチョコが始まった背景には、諸説が存在するのですよ。

 

昭和11年(1936年)に洋菓子店モロゾフ会社組織が日本で最初に「バレンタインデーにチョコレートを贈る」というのを推奨した説。

 

昭和33年(1958年)にメリーチョコレートカンパニーが伊勢丹新宿本販売コーナーで「バレンタインセール」を実施したという説。

 

昭和35年(1960年)に森永製菓がバレンタインデーの新聞広告を出した説。

 

昭和43年(1968年)にソニープラザがチョコレートをプレゼントすることを流行らせようと決定した説。

 

色々な説見えますが、企業が商業目的で行き渡らせたのが始まりです。

 

1970年代に今日の時点でのように「女の人達が愛する男性に想いを伝える」のかというのが定着したと言われているようです。

 

 

パピーちゃん

ふう~~~ん

バレンタインデーって会社が関わってるんだな・・・・

なんか商業戦略とかビジネスの匂いがする・・・

裏がありそう!!!

長谷川さん

パピーちゃん鋭い!

そもそも日本にはバレンタインデーの文化がないですからね(^^♪

そこで日本のメーカーがバレンタインデーをビジネスに利用したといっても過言ではありません。

 

 

なぜ?日本でバレンタインチョコ文化(風習)はいつから定着した?

日本のバレンタインチョコはいつが最初?起源の始まりは?海外との違い

最初は1936年に洋菓子製造会社のモロゾフが「バレンタインデーにはチョコレートを贈りましょう」と広告したではないかと言われています。

 

それ以降もメリーチョコレートカンパニーや森永製菓が合わせて「バレンタインデーにはチョコレートを!」とPR宣伝を始めたではないかと考えます。

 

そもそも上記のお菓子製造会社が商売繁盛のために普及させたのが要因となっています。

 

そういう事で、日本でもバレンタインチョコが始まったのは今から50年以上も前、女性の人から好意を寄せている男性へチョコレートをプレゼントするのは1970年代に定着したではないかと考えます。

 

これが日本でバレンタイン文化が定着した歴史的背景です。

 

パピーちゃん

うおおおおお!!

なんだかチョコレート食べたくなってきたぜぜええええ!

でも、バレンタインデーの文化って日本だけの特徴ってあるの?

長谷川さん

まあまあ落ち着いて・・・・

あとでチョコレートあげるから・・・・

パピーちゃん良いところに気が付きましたね(^^♪

では日本と外国(海外)のバレンタインデーの特徴や違いを見ていきましょう。

 

 

日本と海外のバレンタインの違いってなに?海外の反応はどう?

日本のバレンタインチョコはいつが最初?起源の始まりは?海外との違い

日本では、女の人が好意を寄せている男性に想いを伝える日、チョコレートを贈る日であるとのことですが、諸外国ではどうなのでしょう?

 

アメリカやヨーロッパでは、バレンタインデーは「カップルたちのための日」とされている傾向が強いようです。

 

カップルで過ごし、男性から女性にプレゼントを贈ることが大衆的で、お花やカードのほかにアクセサリーを贈るのも定着しています。

 

付き合っている恋人だけではなく、親しい知り合いや親しい人との間でもプレゼントやカードを贈りあうといった場合もあるようです。

 

インドやベトナムでも男の人達から女性の方に花束をプレゼント。

 

つまりバレンタインデーの過ごし方は世界的な規模で、男の方が女性へプレゼントをするようです。

 

また、イタリアではバレンタインデーに成婚をすると縁起がいいとも称されており、この日にプロポーズをしたり結婚を誓う恋人同士の多いんだと聞いています。

 

フィンランドでは「友達の日」という意味もあって、気の許せる友人同士でプレゼントを贈りあうと言われています。

 

同じバレンタインデーでも国により多様な特徴があるのですが、チョコレートをあげるのは日本だけの特徴的なの風習なようですね。

 

日本のバレンタインデー文化の特徴的な過ごし方に関して海外では、今のところ特別問題視されている報告はありません。

パピーちゃん

ちょっとイラっとするわあああ!!

なんか日本のバレンタインデーの文化って女の子のイベントなんだね!

海外では男の子がプレゼントするのに、日本ではなんで女が頑張らなきゃいかんのだ!

長谷川さん

そうですね(^^♪

基本的には海外(外国)ではバレンタインデーで頑張るのは男性ですからね(^^♪

男性はもらう側で良いですよね~~・・・・

 

 

ここがおかしい!?日本だけのバレンタインチョコ文化の特徴って?

日本のバレンタインチョコはいつが最初?起源の始まりは?海外との違い

日本ではバレンタインデーに女性が好きな男の子にチョコレートを渡しますが、これは日本だけしかやっていない文化(風習)なのです。

 

 

そもそも、なぜ日本ではチョコレートを渡すようになったかといえば、これはお菓子メーカーによる陰謀といっても過言ではありません。

 

 

クリスマス文化やハロウィン文化、日本ではイベントを商業化(ビジネス化)するという特徴がありますよね?

 

 

バレンタインデーもその一つで、チョコレートを渡す風習はお菓子メーカーによる策力であり、経済効果も膨大にあります。

 

 

元々、バレンタインデーの文化が存在していな日本では、チョコレートを渡すのは「日本だけのバレンタインデー文化の特徴」といえます。

 


パピーちゃん

なんだかイライラしてきたああ!

日本のバレンタインデー文化ってなんだかおかしいよ!

ってか友チョコとか意外と面倒なんだよね~~汗

長谷川さん

そうですね(^^♪

私が学生のころはまだ友チョコ文化がなかったんですね。

男の子にチョコレートを上げる文化だったのに・・・・

いつからこうなったんだろう・・・

 

 

次はいつなの?来年のバレンタインデーっていつ(何日の何曜日?)

日本のバレンタインチョコはいつが最初?起源の始まりは?海外との違い

基本的にバレンタインデーは2月14日です。

 

次に2019年のバレンタインデーの曜日になりますが、これは木曜日となります。

 

つまり2019年のバレンタインデーは2月14日(木曜日)となります。

 

また世界的な規模では、2月14日はカップルが愛を誓い、時を同じくして過ごす日とされているとのことです。

過ごし方の認識は日本とそれほど違いがありませんが「女の子が男子にチョコレートを渡す」というのは日本だけの特徴的な風習のようですね。

パピーちゃん

2019年のバレンタインデーはどうしようかな~(^_-)-☆

好きな男の子にあげようかな(^^♪

キャハキャハ(^_-)-☆

長谷川さん

いいじゃないですか(#^^#)

バレンタインにチョコを渡してみては?

っていうかパピーちゃんの男性の趣味って変わってそう(笑)

 

 

 

日本のバレンタインはいつが最初?本当の意味は?~まとめ

日本のバレンタインチョコはいつが最初?起源の始まりは?海外との違い

日本でバレンタイン文化が定着していった起源(始まり)の歴史は諸説が色々あります。

 

ですが、バレンタインデーにチョコレートをあげるのは日本だけの特徴的な風習であり、お菓子メーカーの経営戦略に踊らされてるようで悔しいですね。

 

日本のバレンタインは、企業が商業目的で拡散させたことが始まりというわけですが、もともとはキリスト教の司祭が処刑された日となっていました。

 

処刑というと、哀愁漂う日なのかな・・・そう考えてしまいますね。

 

ティーンエイジャーの愛を成就させていたバレンタイン司祭が恋人の守護神となり、2月14日が恋人たちの為の日になったと称しているのは、なんだかロマンティックだと考えられます?

 

みなさんも2019年のバレンタインデーは素敵な過ごし方をしてみてはいかがですか?