2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖いって?

この記事は 2 分で読めます。



2月14日はバレンタインですが、元々なんの日だったのか?

 

多くの日本人は「好きな男の子にチョコレートをあげるロマンティックな日でしょ?」という認識をしています。

 

日本のおかしなバレンタインが一般常識となった今、「本当のバレンタインの意味」を知る人はいません・・・・

 

では、その怖い由来と共に見ていきましょう。

パピーちゃん

バレンタインに関する日本人の認知が間違っているなんて!

まさに「初耳学!!」

教えて長谷川さん

長谷川さん

そうですね!

実はバレンタインの歴史を知るほど、日本に定着しているバレンタインがおかしいということに気が付くんです!

では見ていきましょう

 

 

2月14日のバレンタインは元々なんの日?由来を簡単に教えて!

2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖い

バレンタインデーは「セント・バレンタイン・デー」と言って、バレンタインという聖人の記念日(命日)となっている日です。

 

聖バレンタインデー 西暦269年のこの日、兵士の自由結婚禁止施策に正反対した「バレンタイン司教」が、時のローマ皇帝の迫害により処刑を受けた。

 

そこから、この日がバレンタイン司教の記念日としてキリスト教の催し物に加えられ、カップルたちの愛の誓いの日になってしまった。

 

たいてい殉教記念日だと想定されるのですが、この聖バレンタインがどんな事をした人かは、現実にはまったく判明していません。

 

キリスト教の古い暦で2月14日が聖バレンタインの日というのは確か。

 

ですが、どうも同日を記念日にする同じ名前の聖人が複数いる様で、どのバレンタインだろうとも何をした人なのかよく明確になっていません。

 

聖人伝を集めた「黄金伝説」という名の本が存在します。

 

中世の欧州で継がれていた多くの聖人について書き綴ってある、聖人の百科事典みたいなもんです。

 

ですがこの「黄金伝説」に、聖バレンタインのことはこれっぽっちも扱われていないのです。

 

このような名前の聖人がいて、記念日が2月14日であることだけが伝えられています。

 

名前と日付だけの、なぜか無名の聖人がバレンタインです。

パピーちゃん

なるほど!

つまりバレンタインってもともと「聖バレンタインさん」が処刑された日ってことか・・・

ってこわああああああい

長谷川さん

そうですね!

なので日本人が「バレンタインはロマンティックな日」って認識はおかしいんですよ!

 

 

バレンタインの由来にもう一つの説がある!実はローマ時代の風習?

2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖い

現在、上記に登場する聖人については「黄金伝説」に記載されていない、夢見がちな伝説がまことしやかに広まっています。

 

この逸話が基盤になり、聖バレンタインは恋人たちの守護聖人だとのことです。

 

これを聖バレンタインの実話だと考えている方も多いですが、あいにくですがこれは中世以降に創作されたものだと思います。

 

じつはバレンタインとは全く繋がりがありませんが、古代ローマ時代に、毎年2月14日は「恋人たちの日」となっていたのです

 

この習慣はキリスト教時代になっても廃れることなく、限りある地域で留まり続けました。

 

そしてその日が「聖バレンタインの記念日」であったこともあって、やがて「恋人たちの日」と「聖バレンタイン」を継ぎ合わせる、もっともらしい神話が新たな形で作られたというのが本当のことでしょう。

 

パピーちゃん

う~~~~ん

つまりバレンタインはそもそもローマ時代の風習がもとになってるってこと?

長谷川さん
そうですね!

「聖バレンタインの命日」という説と、「古代ローマ時代の風習」だという説がありますね。

 

 

 

元々の意味が違う!?日本のバレンタイン文化事情はおかしいの?

2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖い

昭和50年代半ばには日本でも「年に1回だけ女の人から好意を寄せている男の子に愛を打ち明けることが認可されている日」としてのバレンタインデーはスッポリと定着しました。

 

そしてチョコレート会社が「バレンタインデーには女の子が男の子にチョコレートを贈ります。」などのPR広告をし、これが定着しました。

 

同時に勤め人のOLなどが上司や同僚に小型のチョコを配る「義理チョコ」という慣習も伝播され認知されました。

 

つまり日本人がバレンタインチョコレートを贈るのは、もともとのバレンタインと何も関係していないということです。

 

3月14日のホワイトデーはバレンタインデーが定着して以後のことから、やはり昭和50年代経ってからのものでしょう。

 

 

 

パピーちゃん

さっきの話からいくとバレンタインってロマンティックな日じゃないよね?

まあ、関係はあるのかな?

長谷川さん

愛の大切さを説いたのが聖バレンタインさんですから、関係はあります。

でもチョコレートは全く無関係なのです!

日本人のバレンタインに関するおかしい認識はそこです。

 

 

騙された!?バレンタインチョコ文化は日本の事業が経済戦略だった

2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖い

当時のチョコレート事業者がバレンタインにチョコレートを贈呈するPR宣伝をしたり、販売を行ったことで徐々に市民権を得ていきました。

 

少し経つとチョコを売るためにそれぞれの会社がテレビCMを始め、ギフトが当たるサービスなどを計画しました。

 

それにまず学生たちが興味を示し、ゆくゆく大人たちにも定着していったようです。

 

その後、義理チョコなる概念が販売され、ホワイトデー、友チョコ、逆チョコなどが定着していきました。

 

日本は心底何でもかんでもガラパゴス化しますよね!

パピーちゃん

何いいいいい!

チョコレートは日本の経済戦略に利用されてるってことか!!

なんか悔しい・・・

長谷川さん

そうですね!

でも年に1300億円もの経済効果がるんですよ!

だからおかしくても大切なイベントなんです

 

 

そんな歴史が!2月14日のバレンタインの由来が怖いって本当なの?

2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖い

1207年、当時のローマ皇帝クラウディウスは、恋人や親戚・縁者と離れるのが嫌で戦地に足を運びたがらない兵士陣に手を焼いていたそうです。

 

「今のままじゃ国滅びるわ!」

 

苦境に陥った皇帝は、苦肉の策とし「兵士は婚約・結婚しちゃダメ!」という婚姻禁止令を提示します。

 

言うまでもなく国民は困り、悩んだ末にひっそりと婚礼を挙げることにしたそうです。

 

そういった時に婚礼の手続きを行なったのが、キリスト教司祭、ウァレンティヌス(バレンタイン)です。

 

国民たちがバレンタイン司祭のもとで静かに婚礼を挙げていることを認識した皇帝は、当然怒り、バレンタイン司祭を投獄する。

 

尚且つバレンタイン司祭は2月14日に処刑されてしまうことになります。

 

しかしバレンタイン司祭は、投獄暮らしだとしても看守に愛の重大性を説き、愛のために祈りを捧げ継続しました。

 

それ以後、バレンタイン司祭は守護聖人格的に祀られ、2月14日は「聖バレンタインデー」となったのです。

 

14~5世紀の時期になると、「聖バレンタインデー」は恋愛をするための記念日へと変容して、現在のおかしなバレンタインに至ります。

 

当時はまだチョコの習慣は無く、いつ定着していったのかは正確ではないです。

 

少々暗いルーツを持っていますが、世界的には似通ったルーツを持った記念日は諸々見られます。

 

 

よく考えると「St(Saint=聖). Valentine’s Day(バレンタインの日)」ですので、バレンタインも元はキリスト教の記念日です。

パピーちゃん

確かに怖いね・・・

命日ってなんだか呪われてるみたい・・・

長谷川さん

そうですね!

でも逆に聖バレンタインさんを讃える日なのかもしれませんよ?

 

 

 

2月14日のバレンタインは元々なんの日?由来の意味は?~まとめ

2月14日のバレンタインは元々なんの日?意味は?由来が怖い

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

実はバレンタインは元々(もともと)、愛の大切さを説いた聖バレンタインさんが処刑された命日が由来ということだったんです!

 

日本ではチョコレートをあげるおかしい文化だと言われていますが、実際は皇帝の残虐非道な怖い話が由来していました。

 

これを知ってしまったあなた!

 

2月14日にロマンティックな日を過ごしことができますか?

 

パピーちゃん

こわ~~~~い

でもバレンタインの本当の意味がわかってよかったよ・・・・

でも怖いな・・・

長谷川さん

そうですね!

でも、そんなこと気にしないでバレンタインを楽しみましょう!