桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

この記事は 2 分で読めます。



「桜の花見の宴」が始まったのは何時代のいつなのか?

 

「花見の起源(歴史的背景)」とはいったい何が由来しているのか?

 

日本の風習である「お花見」ですが実は知らないことはいっぱいです。

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

パピーちゃん

花見か~~(^_-)-☆

最近の花見って「大学生」とか「会社員」がゴチャゴチャお酒飲んでるイメージだけど・・・

でも、桜が舞うのを見るのは嫌いじゃないよ!

確かに花見って何時代からあるんだろう?

長谷川さん

桜が待っているのはきれいですね。

では、「花見」と「花見の宴」の起源について知っていきましょう。

 

昔の風習の発祥起源(歴史)を教えて!桜の花見の宴が始まったのは何時代のいつからなの?

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

「桜の花見の宴が始まったのは何時代のいつなんだろう?」と疑問に思いますよね。

 

一般的に花見が宴会芸のようにしたのは豊臣秀吉が起源であり安土桃山時代ということになります。

 

ですが、この時点ではまだ一般的な認知はされていませんでした。

 

調べていくと現在のように「桜の花見の宴」として大衆に認知されたのは江戸時代からだと言われています。

 

江戸時代に入って、三代将軍徳川家光の方から八代将軍徳川吉宗に掛けて、将軍達が桜の植樹を勧めたことから始まりました。

 

それ以後江戸の至る所に桜の有名スポットがどんどん生まれ、一般市民の間にも花見の宴が大流行していきました。

 

特に、八代将軍徳川吉宗は、大勢の人に花見を満喫してもらおうと、品川の御殿山や王子の飛鳥山、隅田川の堤などに大量の桜を植えました。

 

この大規模な植樹を実践したことで、一カ所に大量の桜が植えられ、人達がそこに集まり、桜の下でお弁当を広げ、盃を交わしたりお団子を味わったり歌ったりできるようになったのです。

 

つまり江戸時代からは一般大衆の春の催し(イベント)としても定着することこそが「お花見の宴」です。

パピーちゃん

なるほど!

江戸時代からは「花見の宴会」は始まっているのか!

でも、「花見」自体はもっと前からあるってこと?

長谷川さん

その通り!

花見で宴会が始まったのは江戸時代!

でも桜を鑑賞する「花見」はもっと前からあるんですね。

 

そもそも花見をするようになった?桜の花見の宴が始まった起源(発祥)の歴史的背景は?

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

「奈良時代に貴族の間で催された花宴が花見の起源だという説」

奈良時代、貴族の間で主催された「花宴(はなのえん)」と言われるのがありました。

 

これは、中華人民共和国の唐王朝の文化の真似をして、梅の花を眺めながら歌を詠むという催し(イベント)でした。

 

そのころは、そのころは「花」いうモノは桜ではなく、梅となっていたんですね。

 

その後、平安時代に入り、嵯峨天皇が812年に神泉苑で「花宴」を催したと言われていますが、この際には、すでに梅から桜を愛でるように変わっていたそうです。

 

そして、831年に「花宴」は、宮中のお決まりの催し物とされ、その様子などは評判の「源氏物語」などにも描写されています。

 

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

「奈良時代よりもっと昔!農民の風習が起源という説」

古代の農村や山村では、遠い昔から農民による花見がなされていました。

 

古代の農村では稲の成長を司る大神を大事に考えており、桜が咲くと大神の到来(田植えのはじまり)を告示するものとなっていました。

 

また、「さくら」の「さ」は田の神様、「くら」は神様の腰を下ろす場所という意味も存在して、稲の収穫を鑑定するものとして活用されたりもしています。

 

その為、桜は、大神の到来を告示する大切な役目を持っているものとして大事にされました。

 

桜の木にお供えものなどをして1年の豊作を希望したり、花の咲き具合から、その年の稲の豊作を占ったと言われているようです。

 

パピーちゃん

う~~~ん

どっちの説(起源)が正しいんだろう?

歴史を知れば知るほど判断が難しくなる!

長谷川さん

そうですね。

もしかしたら、どっちの「説」も起源という可能性があります。

この二つの起源があったからこそ「花見」ができたのかもしれませんね。

 

 

犯人は誰だ!?花見を「宴会の風習」にした諸悪の根源は豊臣秀吉?

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

貴族だけではなく、各地方の武士に花見の文化が浸透したのは鎌倉時代から。

 

上流階級による優美なお花見のスタイルにも突然の変化を生じさせます。

 

その発端になった人物が武将・豊臣秀吉です。

 

派手好きとして周知される秀吉は700本の桜を醍醐山に植え、1,300人もの客を御呼びして「醍醐の花見」を行ったとされます。

 

秀吉は全国の至る所から献上された銘酒・銘菓などを振る舞い、出席した女性全員に2回のお召し替えを命じるなど趣向を凝らしたとか。

 

この豪華絢爛(ごうかけんらん)なお花見が、桜を鑑賞しながら宴会を楽しむという図式へと変貌を遂げたそうです。

パピーちゃん

豊臣秀吉めえええ!!

この悪しき習慣を作った諸悪の根源か!

本当に許せないわ!

長谷川さん

まあまあ落ち着いて・・・

(・・・この子、そんなに花見の席のお酒が嫌いなのか!)

 

花見の宴も時代と共に代わる?桜の花見(宴)は昔と今では風習に何か違いがあるの?

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

「奈良時代のお花見の風習は桜ではなく梅を眺めていた。」

日本人は以前からお花見に桜を採用してきたというわけではありません。

 

少なくとも、奈良時代でお花見を意味するのは「梅」でした。

 

それが、遣唐使が廃止された頃からありとあらゆる日本の文化が見直されました。

 

当時から、日本人は大陸から運び込まれた「梅」よりも、古来より日本に生育していた「桜」を愛でるようになったと考えられています。

 

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

「安土桃山時代の花見の風習は宴会型になった」

お花見が宴会型に至ったのは、豊臣秀吉の時代の「吉野の花見」からと考えられています。

 

この花見では5000人が召還され、連日のように、茶会や歌の会、能の会が主催されたそうです。

 

そして、その4年後の「醍醐の花見」から、甘味が口にするようになり、全国から名産品や甘物が呼び寄せられるようになったそうです。

 

ちなみに、花見団子と言いますと、桜色、白、緑です。

 

桜色は春の桜、白は冬の季節の雪、緑は夏の季節のよもぎを示唆し、「秋」が無いから「飽きがこない」と考えられています。

 

なんだかオヤジギャグのようですね。

 

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

「現在の花見の風習は、桜よりお酒や飲み会がメイン」

もともと花見というのは、名木と呼ばれる桜を鑑賞することで、たくさんの人で集うようなものとは違った催しでした。

 

桜の木の下に集まって、呑んだり食べたりといった、現在のような「花見(飲み会)」の図式が構成されたのは、江戸時代になってからなのです。

 

しかし、江戸時代のお花見はお団子を食べたり、宴会芸などの催し物を観賞したり、どちらかといえばイベントのような認知でした。

 

そして、時代とともに変化して今のお花見と言えば「お酒の飲み会」というイメージ。

 

昔はもっとお上位でお花を観賞しながら詩を謳ったものです。

 

このように時代の変化とともにお花見は少しずつ、崩れていってしまっているのは事実です。

 

パピーちゃん

なるほどね~~

桜の花見も時代とともに変化してるんだ・・・

長谷川さん

そうですね。

今は花見と言えば「会社員の飲み会」とか「大学生のサークルの新入生観劇会」みたいになってますからね。

う~~~ん・・・

 

 

桜の花見の宴が始まったのは何時代のいつからなの?起源の歴史的背景(由来)とは?~まとめ

桜の花見の宴が始まったのは何時代?昔の風習の発祥起源(歴史)は?

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

桜の花見の宴が始まったのは凡そ江戸時代と言う事で間違いありませんね。

 

時代とともに変化している「桜の花見の宴」。

 

当初は桜を鑑賞しながら詩を謳うという上品な習慣だったものがいつしか、飲み会のような下品なモノになっていったのは悲しいですね。

 

余談ですが、会社員も花見をしますが、半数近くの人間が「職場の花見が面倒だから嫌い」という意見もあります。

 

歴史を遡ると「豊臣秀吉」がこの悪しき花見の宴会文化の元凶ということがわかりますね。

パピーちゃん

なるほどね!

花見と花見の宴って同じだと思ったけど、違うんだ

ったく!豊臣秀吉めええええ!

あいつがパピーが嫌う「花見が飲み会」になった元凶か!

許さん!

長谷川さん

まあまあパピーちゃん落ち着いて(^_-)-☆

これから「花見」の少しずつ変わっていくかもしれませんね。



この記事を読んだ人は下記の関連ページも合わせて見ています



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?