お花見の5つのルール(マナー)って何?トラブルになる前に知ろう!

この記事は 1 分で読めます。



「お花見と言えばレジャーシート敷きながら楽しくお食事会」なんて思っていませんか?

 

確かに、その認識も間違いではありませんが、ちゃんとお花見するにはルール(マナー)もしっかりとあるんです。

 

お花見を自分勝手に楽しむだけ楽しむという認識だと周囲の人間の迷惑にもなりますし、トラブルの原因にもなりかねません。

 

では、お花見の5つのルール(マナー)について知っていきましょう。

パピーちゃん

お花見にもマナーってあるんだ?

知っておかないと、トラブルの原因にもなるよね

長谷川さん

そうですね。

楽しいのは良いことですが、やはりみんながルール(マナー)を守るからこそ楽しむことができるのです。

 

お花見の準備や場所取りに関する5つのルール(マナー)って何?

お花見の5つのルール(マナー)って何?トラブル

「お花見する前の長時間の場所取りはNG」 

限定されたスペースで多くの訪問者に「桜」を 満喫してもらいたいため、長時間の場所取りは控えてもらって いるはずです。

場所取りを行っている間は、他の方々はお花見などの利用ができないです。

また無人の場所取りは厳禁にしてると思います。

パトロールの職員や警備員が発 見した際は随時撤去するようなシステムであるのでお心掛けください。

 

 

「必要以上に場所を取らない」

快適な宴会には桜がよく見える広いスペースが必要です。

お花見の場所を確保する際には、当日は早めに会場に向かいましょう。

 

 

「テントを張ったり、屋根を作るのはNG」

テントを張ったり、シートで屋根を作っくたり、ヒモで周りを囲うのはやめましょう。

また、でたらめに広く占拠するのはNGです。

どんな人もいいスポットを押さえたいもの。

度を越えて広いスペースをとるのは野暮なわけです。

パピーちゃん

確かに!

テント張ったりすると桜が見えなくなったりするもんね・・・

これは知っておかなきゃ!

長谷川さん

そうですね。

他にも屋根を作ったりすると、桜が見えなくなるので注意です!

 

 

「敷物に配慮するようにしよう!」

ビニールシートを桜の根本に敷くと、根を痛めたり呼吸困難になったりしますのでお止めください。

花見にあたっては「ござ」などの通気性の良いものを敷き、桜の根本から少し離れて観覧した方が良いでしょう。

 

 

「テーブルの持ち込みはNG!」

「テーブル等の持込みはできますか?」

という疑問がありますが、テーブルの持ち込みは禁止している場所が一般的です。

限定されたお花見スペースを有効に活用しましょう。

より多くの方々がお花見を満喫できるようテーブルやいす、テント等の持込みはタブーです。

 

 

お花見会や宴会をする際の5つのルール(マナー)って何?

お花見の5つのルール(マナー)って何?トラブル

「お酒は飲み過ぎない」

桜にアルコールはつきものですが、飲み過ぎは避けるべきです。

この時期に多い「アルハラ」と「急性アルコール中毒」には気を付けましょう。

アルハラとは「アルコール・ハラスメント」の略で、飲酒に関しての人権侵害を意味します。

「一気飲み」や「酔い潰し」などもこれにあたります。

パピーちゃん

最近、社会問題になってるよね「アルハラ」って!

でも、下手したら救急車で運ばれたりするような事態になるから絶対にNGだね!

長谷川さん

その通り!

「お酒を飲んだら飲まれるな!」これがお花見で宴会するルール(マナー)ですよ!

 

 

「飲み物や汁物を地面に捨てない」

飲み物や汁物は、地面に廃棄しないようにしましょう。

桜は見て満喫する植物であり、桜はとても華奢な植物です。

60年という寿命の短さも、短い開花からも、そのはかなさが人の心をぐっと引き付ける理由でもあります。

飲み物や汁物は、地面に捨てることで、その養分を桜が吸い取ってしまい、寿命を縮めることになります。

 

 

「枝を折ったり、傷つけるのも厳禁」

桜は見て楽しんでください。

枝を折ることで、木が枯れてしまう場合もあります。また桜吹雪をみたくても、手で枝を揺するのもNGです。

 

 

「周りに迷惑をかけるような大騒ぎをしない」

「宴会」のためにお花見をするグループも多いので、どうにも騒がしくなりがち。

自分達だけ楽しければいいなんて野暮天です。

静かに過ごしたい方や、近隣の住民にも心配りしましょう。

騒ぎ過ぎていないか、飲み過ぎではないか、メンバー同士注意しながら節度ある宴会を楽しみましょう。

 

 

「お花見が終わってもゴミを放置して帰らない」

お花見のマナーで最も問題視されているマナー違反がコレ。

せっかくの綺麗な桜も、ゴミだらけでは台無しです。

また、なるべく使い捨てのものを使用せず、プラスチック皿やおしぼりなどを使うことによりゴミを少なく出来ます

捨てる場所も確認しましょう。

ゴミを捨てる場所があるのか、持ち帰り制なのかも前もって検索しておくと良いでしょう。

ゴミの不始末のせいで、今後お花見禁止となるケースもあります。

大切なお花見文化がいつまでも続くよう、宴の後片付けは完ペキにしたいものです。

 

 

お花見の5つのルール(マナー)って何?トラブルになる前に知ろう!~まとめ

お花見の5つのルール(マナー)って何?トラブル

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

楽しいイメージがあるお花見ですが、そこにはみんなが正しくルール(マナー)を守るからこそのもの。

 

お花見を堪能するのは良いですが、きっちりとルール(マナー)を守ることが大切ですし、周囲の人の迷惑になることはやめましょう。

 

また、事前にトラブルを避けるためにも、ここで紹介している5つのルール(マナー)は知っておきましょう。

パピーちゃん

やっぱりお花見するにもルール(マナー)って大事なんだと思った!

お花見が楽しめるのは、みんながルール(マナー)を守ってるからなんだね!

長谷川さん

その通り!

みんなが楽しく過ごせるようにルール(マナー)はしっかり守っていきましょう。

 

この記事を読んだ人は下記の関連ページも合わせて見ています



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?