花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方は?

この記事は 2 分で読めます。



いつも異性とデートをしているようなモテる男やモテる女は、「上手なデートの誘い方(文例)」をよく分かっているだけなのです。

 

男性でも女性でも、異性をデートに誘うことに手慣れているか否かの問題点ではなく、「よくわかっているか知らないか」だけの問題というものです。

 

ここでは、あなたに「メールやラインでの上手なデートの誘い方(文例)」を覚えてもらうことになります。

 

パピーちゃん

知りたーーーーーい!

お花見デートの上手な誘い方を教えて!

長谷川さん

はいはい。

では、花見デートをメールやラインを使った上手な誘い方(文例)を見てみましょう。

 

 

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方は

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方

モテる男やモテる女が熟知している「OKがもらい易いメールやラインでの誘い方」とは一体どういうものだと思いますか?

 

実はとてもシンプルな例文でいいのです!

 

まずはOKがもらい易いメールでの誘い方の例文を見てみましょう。

こんにちは!今メールする時間ある?忙しかったらごめんね。

 

暇のある時に見て欲しいんだけど、こないだ山田さん(仮名)が言ってたお花見だけどもう行ってみた?

 

自分もすごい行ってみたいんだけど、今週末って土曜日か日曜日だったら日中どっちか、ちょっとでも出かけられる時間無い?

 

一緒にお花見行こうよ!

 

1回だけでも足を運びたかったからさ!前に仕事手伝ってくれたお礼にご馳走させてね!

 

返事待ってます!

 

実は、このメールやラインの例文はお花見デートの上手な誘い方(文例)の10のポイントをきちっと押さえているのです。

 

日付の指定がしている。あるいは選択肢を予め準備して記載している(土日のどっちかなど)

 

「今メールする時間ある?」などの気配りしの言葉が冒頭に組み込まれている

 

「デート」という言葉は足さずに「出かける」などの単語を利用するようにして下心を示さないと文面に

 

目的や時間なども具体的に案内されている

 

簡潔で具体的なデートプランが詰まっており、お花見デートをしている様子をイメージさせ易い内容

 

相手の好きな趣味に最適な内容がプランに組み込まれている

 

「1度だけ」などの限定感を盛り込んだ言葉が内容に組み込まれている

 

2人きりになることを優先的にイメージし、よく練られた内容である

 

流行り行事が絡んだプランが組み込まれている

 

「奢るよ」など相手にとってわずかでも得になる内容がお花見デートプランに組み込まれている

 

この10個の項目が上手に組み込まれたメールやラインを送ることができれば、マイナスなイメージを与える事はまずないです。

 

モテる男やモテる女は、この基本が伴っているんですね。

 

これらの基本テクニックを組み入れたメールやラインでのお花見デートの誘い方をまとめると、少し前の文章になります。

 

では、それをふまえた上でもう一度、拝見してみましょう。

 

こんにちは!今メールする時間ある?忙しかったらごめんね。

 

暇のある時に見て欲しいんだけど、こないだ山田さん(仮名)が言ってたお花見だけどもう行ってみた?

 

自分もすごい行ってみたいんだけど、今週末って土曜日か日曜日だったら日中どっちか、ちょっとでも出かけられる時間無い?

 

一緒にお花見行こうよ!

 

1回だけでも足を運びたかったからさ!前に仕事手伝ってくれたお礼にご馳走させてね!

 

返事待ってます!

 

10個の項目が上手に盛り込まれているのがわかると思います。

 

これなら相手に悪い印象を持たせることなくメールやラインでお花見デートに誘う事が出て来ます。

 

パピーちゃん

なるほど!

絶対に使いたい!

このメールの文例なら100%断られずにお花見デートに行けるわけだね!

長谷川さん

ふふっふ

パピーちゃんもぜひ使ってみましょうね。

 

花見デートを誘うメールやラインの文例には「日付の指定」を忘れないようにしよう!

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方

日付の指定が見られないメールを送ると「わかった!今度ね!」と断られてしまう可能性が高くなります。

 

ですが、このメールではきちんと日付の指定がされていて、選択の幅を持たせることが適っています。

 

日付の指定がされているなら「この人と出掛けるのはこのチャンスしか無いかも…」と思ってもらえることだと言えます。

 

冒頭では相手の都合も検討している様子がわかります。

 

したい放題ではない一面をアピールすることができているので良いイメージ。

 

相手への気遣いが感じられます。

 

パピーちゃん

お花見デートに誘うにも相手に配慮することが大切なんだね!

勉強になったよ!

長谷川さん

その通りです。

メールやラインだと相手も考える時間を設けられますからね。

 

誘う口実を見つけよう!花見デートをメールやラインで誘う口実は?

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方

「穴場のお花見スポットに行こう!」など、混雑を回避して春を楽しむ方法を提案する

「ひどい渋滞に巻き込まれないなら足を運びたい」

というように、混雑必至のお花見スポットじゃなく、快適に見れるスポットに案内するパターンです。

いわゆる「名所」を避けたり、その地方の人だけが認知する耳より情報を探すなど、下調べを力を注いでみてはいかがでしょう。

 

 

「フルーツ狩りのあとワイナリーに行こう!」など、春の味覚で誘惑する

「美味しいご飯には弱い。しかもシーズン限定だもの」

というように、春季限定の食を楽しむお花見デートに誘うと、いい手答えが望めそうです。

フルーツ狩りやワイナリー見学など「体験」を混ぜ合わすと、より思い出深いデートになるものです。

 

 

「古刹&和スイーツめぐりしよう」など、春らしいしっとりとしたプランを立てる

「女友達と出向いても楽しい。デートでも言うまでもなくOK」

というように、お寺めぐりをしつつ甘味をいただくオトナなお花見デートも歓迎されるケースが多いようです。

女の子とどこをどうめぐるのか一緒にプランを練るのもハッピーでしょう。

 

 

「この季節にお花見イベントがあるけどどう?」など、意外性のあるイベントを教える

「気が付かなかった!行きたい!ってなります」

というみたいに、春に行われるレアなイベントで興味を引くこともできそうです。

「お花見のイベント」など、人が驚くようなプランを提案することが大切です。

 

 

「春だし、お花見に行こう」など、直球で古都を推す

「そのように言われると行きたくなる…」

という風に、「春のお花見」というキーワードに惹きつけられる人は殆どです。

例えば、金沢や鎌倉など、風情ある街へ案内してみるのも良いと思いませんか?

 

モテる男や女はメールやラインを使って上手なお花見デートの誘い方を知っているだけ

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方

周りをよく確かめてみてください。

 

世間でデートをしている男女…そして、ご自分の知り合いで頻繁に異性とデートを行っている人達…。

 

皆が皆、モデル級の美男美女でしょうか?

 

そうとは言いきれませんよね。

 

彼らは「上手なお花見デートの誘い方(文例)」をよく分かっているだけというわけです。

 

誘った相手から「OK!いいよ!」と言ってもらえればそれで良いだけの話。

 

上手に2人だけの時間を作りだし、気付かぬうちにデートをしている状態に運んでいくノウハウ(文例)を、彼等彼女等は熟知しているのです。

 

そして、相手の好きなものや探し求めていたものを探し出せたという内容が組み込まれており、興味を抱かせることが出来ています。

 

相手が喜ぶようなお花見デートプランはどんなものであるかを前もって調査するのもオススメです。

 

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方は?~まとめ

花見デートを誘うメールやラインの文例は何が良い?上手な誘い方

例えば、相手があなたに少しでも好意を寄せてくれてるならば、すぐにあなたのために時間を組んでもらえます。

 

お店の名前や場所などの詳しいプランを並べることにより、相手の不安を取り去り、OKを出し易くしてるのです。

 

「1回だけなら良いんじゃないかな!」

 

「奢ってくれるなら良いんじゃないかな!」

 

このようにイメージしてもらえるような、メールやラインの誘い方(文例)を意識しましょう。

 

仮に、あなたに全く好きになっていない相手だとしても、即答で拒否るわけでなく「損は無さそうだから、考案しみようかな!奢ってくれるようでだし!」と考えてもらえます。

 

つまり、このメールやライン技法は、デートに誘う相手と既に仲が良くても、まだ仲良くなくても、どんなケースにも使えるコツと言えます。

 

適当なイメージやデタラメなイメージを相手に与えることのないメールやラインに気をつけていきましょう。

 

モテる男やモテる女は、この基本テクニックをすでに熟知しているのです。

 

この記事を読んだ人は下記の関連ページも合わせて見ています



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?